一人一人の考える力 脳が世界をつくる 脳の世界に存在しないものは、思考できない

右へ倣えは、すさまじい

 思考することができなければ、簡単に右へ倣(なら)えの状態に陥(おちい)ります。

 一見、みながすることは幸福感を得やすい生き方のようでもあります。

 それは、国が亡(ほろ)びないための政治の知恵です。

 ごく自然に、みながすることと同じように自分もする、というのは、危うく、すさまじいことです。

 そこでの意識は希薄(きはく)でしょう。

 思考が働いていない。

一人の思考の損失は、国、世界の損失

 思考しなければ、人の心性はいつしか、楽をしよう、得をしよう、みなの言う通りにしよう、などとなるものです。

 それは、一度きりの自身の人生の大義を見失わせることでもあり、国の損失、世界の損失でもあります。

 (しかしながら、考えない人間がいることを喜ぶ者もいます。

 彼らには、そのほうが都合がいいのです。

 彼らは、いつの時代にもいます。) 

 一人一人が自分の頭で考えられなければ、一人一人が困ります。

 それは、自分自身が、目の前の人が、家族が、社会が、国が、世界が困るということです。

 ミクロ、マクロの構図は、言葉の成り立ちがそうであるように、身体の成り立ちがそうであるように、あらゆる世界にあります。

脳が世界をつくる

 異国の地の紛争を知らない人は、それへの思考が働きません。その人の思考、それはつまりその人の生きる脳の世界です。

 その世界では異国の紛争はなく、その異国自体、存在しないことにもなってしまいます。それでは、異国への何かしらの考えも、アクションも起きようはずがない。

 その人の生きる世界は、その人の脳がつくりだすんです。

 遠い国の出来事についてだけではありません。

 目の前にあるものについても同じです。

 人は、自分の頭で考えるということをしなければ、目の前にあるものも見えなくなってしまいます。

 目の前の人の思いも、社会の現状も、世界の今も行く末も、みな、見えなくなってしまう。

 自分の目で見ようという意思は、自ら考えようという意思です。

 それは、自身の思考の働きであり、脳の動きです。

脳の世界に存在しないものは、思考の糧とはならない

 見ようとしない情報、事象、一語は、存在しない情報、事象、一語です。

 脳の世界で存在しないそれらが思考の糧になることはなく、思考が磨かれることもありません。

 思考が働かなければ、人は、大きなシステムの中で、いつの間にか木偶(でく)にもなってしまいます。

 日々の生活は、いったい、自らの意思で行っていることなのか、得体の知れない何ものかにさせられていることなのか、わからなくなってしまう。

 自分は自由に楽しく生きている、などと笑っていたら、実は知らぬ間に生かされていた、などということにもなりかねない。

 持っている才能に、自分自身が気づくことすらなく一生を終えてしまうのも、それです。

思考は、頭の中だけのものではない

 多くのことを知るとは、多くのことに気づける、多くのことを感じられる、多くのことを考えられるということです。

 磨かれた思考というものは、他者への何らかの思いやりにつながるものです。

 思考の力が確かなものであればあるほど、必ずそうなります。

 多くのことが見えるからです。

 思考は、頭の中だけのものではありません。

 それは、自身の生きる力となり、多くの人の力となる。

2021年4月25日「読解力向上 思考の周辺」

Posted by 対崎正宏