ads txt アップロード ロリポップ 初心者も簡単

初心者も簡単に設置できる

「ads.txt ファイルの問題を修正してください」

 アドセンスからの通知を受け、さっさとアップロードしようと思ったのに、なかなかそうはいかなかった、という人が、ロリポップをレンタルサーバーとしている人に多いようです。

 大丈夫! この記事を読めば、初心者も簡単に、ads.txtをアップロードできます。

 さっさと終わらせてしまいましょう。

(Xサーバーをレンタルサーバーとしている人は、Xサーバーのページに、手取り足取りの丁寧な解説付きで、「ads txt」の設置方法がありますね。  

 この記事は、ロリポップをレンタルサーバーとしている人のためのものとなりそうです。  

 私も、ロリポップをレンタルサーバーとしています。

 このサイトは、ロリポップの正規取扱店となっています。)

Google AdSense ads txt アップロード手順 ロリポップ

① Google Adsenseから通知されている「ads.txt」をダウンロードします。

 保存先は、「ダウンロード」でも、「デスクトップ」でも、どこでも構いません。あなたが簡単にファイルを開けられるところにダウンロードしてください。

   ↓

② ロリポップ 「ユーザー専用ページ」から「ログイン」します。

   ↓

③ ロリポップにログインしたら、左サイドのメニューバー 「サーバーの管理・設定」をクリック!

   ↓

④ 「サーバーの管理・設定」の「ロリポップ!FTP」をクリック!

   ↓

⑤ 「ロリポップ! FTP」のページ 

 最上部に、ロリポおじさんとタイトル「LOLIPOP! RENTAL SERVER FTP」があって、そのすぐ下には、「account」がありますね。

 そうして、その「account」の下に、

 「アップロード」「ファイルの削除」「新規フォルダ作成」「新規ファイル作成」……と並んでいますね。

 ここの、「新規ファイル作成」をクリック!

 ファイルを作成します。

    ↓

⑥ 「ファイル名」→ ads.txt とします。

    ↓

  そうしたら、①で保存しておいた「ads.txt」を開き、コードをコピーします。

  google.com, pub-…… ← これです。

 「……」の部分は、↑ここでは省略しました。コピーは、もちろん、文字列全部をコピーしてください。 

    ↓

 そのコピーした google.com, pub-…… を、「ロリポップ!FTP」で作成中の、ファイルにペーストします。(「ファイル名」ads.txt としたアクアマリン色の書き込み欄に、ペーストです!)

    ↓

 そうして、下の赤ボタン「保存する」をクリック!

    ↓

 すると、「保存する」の赤ボタンの下に、小さな文字で、「ファイル内容に日本語が含まれない場合、『 ASCII 』 で表示され、文字コードの変更は行われません。」とあるように、文字コードは「ASCII」になってしまいます。これでは、いけませんので、もう少しだけ、作業します。

    ↓

⑦ ⑥で作成した ads.txtファイルの最上部 ロリポおじさんとタイトル「LOLIPOP! RENTAL SERVER FTP」をクリックします。(おじさんの絵でも、タイトル文字でも、クリック可能になっています。)

    ↓

 すると、最初の「ロリポップ!FTP」のページになりましたね。

(先頭ページです。「このフォルダの中のファイル」がずらりと並んでいるページです。)

    ↓

 ずらりと並ぶ白色のファイルの中に、たった今、あなたがつくった ads.txt のファイルもありますね。

(あった? よかった! もう少しです!)

    ↓

 では、ads.txt のすぐそばにある .htaccess をクリックしてください。

    ↓

⑧ .htaccessファイルの編集ページになりましたね。

    ↓

 そうしたら、アクアマリン色の編集欄の中から、# BEGIN WordPress の文字列を探してください。(やや下方にあるはずです。)

    ↓

 ありましたね?

 そうしたら、# BEGIN WordPress の前に、次の3行を書きこんでください。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

 こんなふうに、なりますね。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>
# BEGIN WordPress

  ↓

 そうしたら、下の赤ボタン「保存する」をクリックです! 

 これで、文字コードが、 UTF-8 となります。

 ads.txt アップロード完了です。 

    ↓

⑨ 念のため、ちゃんと設置されているか、チェックしておきましょうか。

    ↓

  新しいタブの検索窓に、次のURLを書き込みます。

  あなたのドメイン/ads.txt

   たとえば ○○○○.com/ads.txt

        https://○○○○.com/ads.txt 

        https://○○○○.net/ads.txt

    ↓

  すると、Google AdSenseからダウンロードしたコードが、表示されるはずです。  

↓こんなふうに。

  google.com, pub-……  (「……」 ← ここでは、省略しています。)     

  これで、大丈夫ということです。

    ↓

⑩ ads.txtのチェックサイトもあるので、ここでも確認しておきましょうか。

  「Ads.txt チェッカー」です。無料です。

   https://fe.datasign.co/adstxt/

    ↓

⑪ 「Ads.txt チェッカー」で、「ドメインを入力」

  (たとえば https://○○○○.com )

   で、「チェック」ボタンをクリック!

   すると

   ads.txtを取得したURL

   https://○○○○.com ( ← あなたのサイトのURLがここに表示されますね。)

   チェックしたいads.txtの内容を入力してください。

   google.com, pub-……  

(「……」の部分、↑ここでは、省略しています。Google AdSenseからダウンロードしたコードが、自動で表示されていますね。)

  「入力されたads.txtをチェック」

   1:  google.com, pub-…… 

   2: ○

(「……」↑ここも省略。Google AdSenseからダウンロードしたコードが、ここにも、自動表示されていますね。ads.txtの設置が一つだけであれば、上記のように、2行目は、○のみで、空欄です。)

    ↓

「入力されたads.txtをチェック」のボタンをクリック!

    ↓

  すると↓

   1:  google.com, pub-…… 

  このように、2行目が消えて、「1:○ google.com, pub-…… 」だけになりますね。

  で、ads.txtの設置は、大丈夫! ということです。

  以上で、あなたのサイトのルートレベルへの、ads.txtのアップロードは完了です。

※ ただし、Google AdeSense の、ads.txt設置を促す、あの赤帯の通知は、すぐには消えません。

  おそらく、翌日には消えるはずです。

 (場合によっては、もっと時間がかかる可能性もあるかも。)

  しばし、待ってみてください。

 僕のこのサイトは、ロリポップの正規取次店として認証されています。

 取次店コード   80d50e02648f  

 ロリポップ https://lolipop.jp/order/form/?t_id= 80d50e02648f

 Googleは、サイトのレスポンス速度をかなり重視しています。

 ロリポップでは、ハイスピードプランか、スタンダードプランがおすすめです。

 

このカテゴリーの新しい記事