ビジネス敬語がすぐに使える 変換 その2 例文付き

~の人

~の人 

→ お・ご~の方(かた)

例 

・ご利用の方

・受付がお済みの方

・会計がお済みの方

・~をお求めの方

(私が)~する

(私が)~する

→  (私が)お・ご~申し上げます。

・私が、お客様をご案内申し上げます。

・ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

どこに~

どこに~

→ どちらに~

・どちらにお勤めですか。

・来週は、どちらにいらっしゃいますか。(いらっしゃる=居る・行く)

知らせたい

知らせたい

→ お耳にいれたい・お知らせしたい・お伝えしたい

・海外事業部の実状をお耳にいれたく、うかがいました。

・新商品の発売をお知らせしたく、お電話いたしました。

(私が)会う

(私が)会う

→ お目にかかる・お会いする

例 

・近くお目にかかりたいのですが、ご都合はいかがでしょう。

・来週、お会いいたしましょう。

(私が)見せる

(私が)見せる

→ お目にかける

・お目にかけたいものがございます。少々お待ちくださいませ。

(〇〇さんは)寝た?

(〇〇さんは)寝た?

→ おやすみになる

・夜分申し訳ございません。先生はもうおやすみになりましたか。

・「しまった。部長に、Aの確認しておくんだった」

 「もう、部長、おやすみになる時間よ。電話は無理よ」

 「くそ~」

(私は○○に)いる 

(私は○○に)いる 

→ (私は○○に)おります

・私は会社に6時まではおります。

~ている

~ている

→ ~ております

・ただ今、そちらへ向かっております。

・ただ今、ご登録内容の照会をしております。

会社

会社 

→ 貴社

貴社、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

※ 御社よりも、貴社のほうが基本的な敬語表現です。

(自分の)考え・作品

(自分の)考え

→ 愚見

(自分の)作品

→ 拙作・愚作

・愚見をお聞きくださり、ありがとうございます。

・拙作をお送りいたします。

(○○さんが)くれる

(○○さんが)くれる

→ (○○さんが)くださる

・○○さんが、おみやげをくださるそうです。

・先生がお名刺をくださった。

(○○さんの)心配り

心配り

→ ご配慮・高配 → さらに高い敬意は → 御高配(ごこうはい)

・御高配を賜り誠にありがとうございます。

名前

名前

→ お名前 → さらに高い敬意は → 御高名(ごこうめい) 

・御高名はかねがね承っております。

(○○さんの)推察

推察

→ お察し・高察・賢察 → さらに高い敬意は → 御高察(ごこうさつ) 

・御高察を賜り、誠に恐縮でございます。

(○○さんの)見ること

(○○さんの)見ること

→ 御覧・高覧 → さらに高い敬意は → 御高覧(ごこうらん)  

・御高覧賜り、誠にありがとうございます。

(○○さんから受けた)恩

(○○さんから受けた)恩 

→ 御恩 → さらに高い敬意は → 御高恩(ごこうおん)

・御高恩、決して忘れません。

こちらもどうぞ 

ビジネス敬語 変換 今すぐ使える 実例付き 

「恐れ入ります」の書き方とその意味 ビジネスメール

2021年5月4日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏