読解力を鍛える 原因分析の手法 追究・解明は、観察と分析

追求も、追究の手法を理解してこそ

 人は、理想を追い求めます。

 幸せを追い求めます。

 利潤を追い求める場合もあるでしょう。

 「追い求める」とは、「追求」することです。

 

 理想にしても、幸せにしても、利潤にしても、「追求」するからには、「追究」し、解明しなければなりません。

 「追い求める」ということは、「明らかにしようとする」ことだからです。

 それは「追究」です。

 「追求」は、「追究」と通じています。

 ここでは、追究・解明の手法を、原因の追究・解明で、やさしく記していきます。

原因の追究・解明は、視点の移動

 結果から、原因を導くことは、簡単そうで、なかなか難しい作業です。

 原因の追究・解明は、視点の移動の仕方を理解していないと、結果と原因の間の意味をいくつも落としてしまったり、短絡的な意味づけをしてしまったりするものです。 

 それでは、原因の解明とはならず、根本の解決にはなりません。

 言葉の因果がわからなければ、プロジェクトの因果も、病気の因果もわからないんです。

 脳は言葉でできています。

視点の移動とは、意味の連続性を追うこと

「どうして、そのような結果になったのか」

 これを探るのが、原因追究であるわけですが、どのような物事も、突然、その状態になるわけではありません。

 時間の流れの中で、その結果に至ります。

 時間の流れの中を、徐徐に遡(さかのぼ)る格好となるのが、原因の追究・解明です。

 徐徐にです。

 少しずつ視点を移動させることになります。

 視点の移動とは、破綻(はたん)なく意味の連続性を追うことです。

結果の中に原因の意味は存在している 

 やさしい例をあげて、説明していきましょう。

彼は、試合に勝った。 

やったあと叫んだ。  ━━  結果

「やったあと叫んだ」が、(最終)結果です。

この原因を探ってみることにします。

なぜ、やったあと叫んだのか

 まずは、結果に最も近い原因を探ることで、結果の意味をしっかりと把握しましょう。

 どうするかというと、主たる意味を変えずに、つまり、文字を変えずに、最も近い原因を探るんです。

なぜ、やったあと叫んだのか

→ やったあと叫びたかったから。

 慣れないうちは、これをやりましょう。

 これをやることで、「漏れ」、見落としをしない目が、少しずつ養われていきます。

(視点の移動は、思考の移動です。慣れないうちは、どうしても、その移動の際に、「漏れ」を犯してしまうんです。意味から意味の移動で、意味を落としてしまう。言葉から言葉の移動で、言葉を落としてしまう。

因果関係は、表裏の関係です。  

その表裏の意味は、ごく近い場合もあれば、かなり離れている場合もあります。

いずれにしても、結果の中に、原因(の意味)は存在しています。

まずは、目の前の結果(事象・事件・文字)を、よく理解しましょう。

原因追究の例 ミクロの視点の移動

では、「やったあと叫んだ」を使って、実際に、原因追究をしてみましょう。

時間の流れを遡って、原因を探っていくんです。

ミクロの視点を徐徐に広げていきましょう。

    

※スマホを横向きにしてご覧ください

やったあと叫んだ。 ━━ 結果

   ↓ 原因追究!

なぜ「やったあと叫んだ」のか?

   ↓ まずは、主たる意味・文字を変えずに、最も近い原因を探ります。

やったあと叫びたかったから。 

  || 観察・分析!

結果にはなかった文字が出てきました。→「たかっ」→「たい」です。

「叫びたい」の「たい」は願望で、心情ですから、この心情の原因追究をします。

「叫んだ」という動作と、「叫びたかったから」という心情には、意味の連続性があります。

別の言い方をすれば、なぜ「叫んだ」のか=「叫びたかったから」というように、結果と心情理由はイコールの関係になっています。

さらにいえば、この「叫びたかったから」は、「叫んだ」の意味そのものです。

ミクロの因果がここにあるんです。因果は、表裏一体なんです。

見えてきましたか?

そうです、結果の「叫んだ」の中に、「願望」の意味が存在していたんです。

「やったあと叫びたかったから」を、今度は結果の位置において、その原因を追究することになります。

「やったあと叫びたかった」の文字を使わずに、意味の連続性を示していきます。

※慣れれば、ここからが、最初の作業となります。(本来は、ここからが最初の原因追究の作業です。)

   ↓ 原因追究!

なぜ、「やったあと叫びたかった」のか? 

   ↓

うれしかったから。

  || 観察・分析!

「うれしかったから」には、「やったあ」の意味も、心情(=願望=叫びたかった)の意味も生きています。

「やったあと叫びたかった」=「うれしかったから」

因果が表裏一体であることが見えますね。

そうです。

「うれしかった」の中に、「やったあと叫びたい」意味が存在しているんです。

  ||

「やったあと叫んだ」に対して、「うれしかったから」は、内部の原因、内因です。

   ↓

内因が確認できたので、外部の原因、外因を追究します。

   ↓ 外因を追究!

なぜ、うれしかったのか?

   ↓

試合に勝ったから。

  || 観察・分析!

外部の原因は、外因です。

  || 

見えていますね。

因果は表裏です。

そうです。この「試合に勝った」の中に「うれしく」なる意味があり、「うれしかっ」たという意味の中に「やったあと叫」びたくなる意味があったんです。

◎今回は、やさしく原因の追究・解明を説明するために、この「試合に勝ったから」を根本原因の外因としましたが、実際の様様な状況では、いくつもの状況、条件が提示されていたり、あるいは隠れていたりするわけです。 

観察ができてこそ、分析、解明ができる   

関係性のあるのが因果です。 

だから、見落としをしなければ、必ず、原因は解明できます。

最も大切なことは、目の前のものから、自身の目を、思考を、離さないことです。

観察です。

観察は、目の前のものの正確な理解です。 

観察ができてこそ、分析も可能となり、原因も解明されます。

目の前のものを理解しようとすることは、それを明らかにしようとすることです。

追求は、追究のスタンスと通じています。

その際に、脳内で扱われるのが言葉です。