ジュンク堂書店 明石店様に、心より感謝

ご担当者さま、明石店のみなさま、購入者さま、ありがとうございます!

なんと、ジュンク堂書店 明石店様で、大人の「読む力」の展開が始まって、3カ月目に入りました。

こんなに長く展開していただけるなんて、夢にも思いませんでした。

ご担当者さま、明石店のみなさま、そして、大人の「読む力」を購入してくださったみなさま、本当にありがとうございます。

台での新しいディスプレイ

ビジネス書コーナーの、大人の「読む力」は、台での展開となりました。

(ディスプレイ写真は、ツイッターにもアップしました。)

川端康成、小林秀雄、村上春樹さんと、大人の「読む力」を並べていただきました

大人の「読む力」では、日本経済新聞の「春秋」や、筆力ある作家の文章を解説しています。

その中でも、川端康成の「雪国」、小林秀雄の「考えるヒント」、村上春樹さんの「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の解説は、ある程度のボリュームで書いています。

明石店様は、台の上で、その三作品と、大人の「読む力」を面陳列して並べてくださり、さらに、その前方で、大人の「読む力」を平積みしてくださいました。

大感激です! ありがとうございます!

新しいポップ

面陳列の後方には、スミセイベストブックのパネル!

そして、台上には、新しいポップを添えてくださいました。

本当にありがとうございます! 

心からお礼申し上げます。

引き続き、話題書コーナーでも、展開中!

なお、入り口近くの、話題書コーナーでも、大人の「読む力」を、引き続き、展開中!

驚きと感謝の気持ちで、胸がいっぱいです。

ご担当者さま、明石店のみなさま、本当に、本当に、ありがとうございます。

「展開」していただくということ

「展開」ということについては、この「カテゴリー」の説明で、記してはいるのですが、みなさんに読んでもらってはいないかもしれず、ここに、あらためて記します。

そもそも、「展開」とは、戦略を練り、発展させ、繰り広げることをいいます。

出版業界、書店業界でいうところの「展開」も、この意味から外れるものではありません。

書店で、ある本を「展開」する場合、その書店の担当の方のお考えで行われるようです。

(大きな書店では、ビジネス書担当、学参担当、というように、それぞれ担当の方がいらっしゃいます。)

「展開」は、背表紙しか見えない「棚差し」ではなく、表紙カバーが見える「面陳列」や「平積み」で展示されることになります。

しかしながら、わざわざ、「展開」と言った場合、ちょっとした「面陳列」や「平積み」ではなく、十数冊から数十冊がそこに、どかんと置かれます。

大大的な「展開」となると、一ヶ所での展開ではなく、二ヶ所、ということにも。

多面展開というようです。

また、本の紹介のために、「パネル」や「ポップ」等が添えられもします。

書店で「展開」していただけるというのは、どんな著者にとっても、この上なく、ありがたいことなんです。

感謝の気持ちしかないわけです。

感謝しなかったら、本当、ばちあたりですよ。

全国の書店のみなさまに感謝

大人の「読む力」については、明石店様の他にも、展開していただいている書店様がいくつもあるようです。

みなさま、本当にありがとうございます。

心より、感謝しております。

街の本屋さんは至宝である

もちろん、すべての本屋さんに、感謝です。

書き手としても、読み手としても、街の本屋さんの存在は、この上なく、ありがたいものです。

街の本屋さんは、地域を支え、世界を支えてくれています。

それは、人を支えてくれているということです。

街の本屋さんは、人を育み、人と一緒に生きてくれる何よりの存在です。

人が、一生のうちに出会える人の数はわずかなものです。

しかし、人が自ら手を伸ばせば、本とはいくらでも出会えます。

その中の言葉を、思考の糧に、心の糧にできます。

いくつもの人生を生きることもできます。

本は、人にとって、なくてはならないものです。

本屋さんに行けば、本があるということ、

それは、ごく、あたりまえのことですが、とても、すごいことであるわけです。

そこには、必ず、本との出会いがあるわけですから。

人は、食わなければ、生きていけません。

人は、読まずとも、生きてはいけます。

しかし、読むことでしか育まれないものを、満たされないものを、人は持っています。

知であり、情であり、脳であり、心です。

本屋さんは、夢のようなところで、宝の島です。