何を読めばいいのか おすすめは「本物」の書き方をしているものを読む 

感動がなければ本ではない

何を読めばいいのでしょう。

感動がなければ本ではない、と僕は考えています。

くだらぬ本を読むような時間は、誰にもありません。

おすすめは、「本物」です。

死ぬまでに読むべき良書というものは、数え切れぬほどあります。

親に本を残してもらった子は、幸せです。

親に読み方を教えてもらった子は、より幸せです。

悲しいかな、そういう子は少ない。

同じものを書くという稚拙さ

 本来、本が人を引っ張るものですが、現実は大衆に本が引っ張られているようです。

 本が大衆に迎合(げいごう)し、思考停止している。

 最も顕著にわかるのが、「見出し」です。 

 本文の言葉をそのまま使っている。

 同じ文字をただ記している。

 それを当たり前のものとしている。

 この「見出し」の書き方は、あまりにも稚拙です。

最も深い意味は、書かれない

 本当は、「見出し」にしても、「タイトル」にしても、行間の意味、つまり本文に記されていない文字を使うべきなのです。

 書ける言葉は、いくらでもある。

 最も深い意味は、行間から生まれます。

 それは、書かぬことで、生まれるのです。

 しっかりした文芸作品はその姿をしています。

 ビジネス書にしても、参考書にしても、大衆にわかるようにわかるようにと同じ言葉を何度も何度も書く。

 大衆に迎合しているうちに、それが本流となっています。

 思考停止しているのです。

 読めない人間が悪いのか。

 読めないままにして、成長を促さない、育てようとしない、思考停止の本が悪いのか。

 本が人を育てずにどうする。僕はそう思います。

AIに合わせていては、書く力など身につかない 

 ネット記事の「見出し」も同じです。

 Googlebotは、行間を読めません。記されている文字を、クロールして、インデックスするだけです。

  だから、僕もこのサイト、恥ずかしい「見出し」の書き方をせざるを得ません。

(Googlebotとは、ネット上のページを巡回し、クロール、インデックスするロボットです。クロール、インデックスとは、記事や画像を読み取り、検索できる状態にすることです。) 

 しかしながら、ロボットやAIは行間を読めなくても、人間はそれを読めます。

 行間の意味をつくることもできる。

 ネット上で、ロボットやAIに合わせた書き方をするのは仕方ないこととしても、いつもその書き方をしていては、駄目でしょう。

 その書き方ばかりをしていては、いつまでたっても、書く力は身につきません。

 私たちは、人間です。

 個の文章が「形」となるのは、自身の言葉を文字にしたり、行間に隠したりすることによってです。

「型」だけの文章に、魅力がないのは「形」になっていないからです。 自分の言葉がないからです。

良書という「本物」を読む

 良書は、自然に生き残っていくものだったのですが、だんだん、そうではなくなっています。

 読まれないから。

 売れないから。

 もっとも、ショーペンハウエルの時代から、いくらかその傾向はあったようです。

 新刊ばかりをまわしていくことを、ショーペンハウエル(1788~1860)も「読書について」(岩波文庫)で嘆いています。

 ショーペンハウエルは、歯に衣着せぬ論調ですから、おもしろいですよ。ぜひ、読んでみてください。

amazon


読書について 他二篇 (岩波文庫)

 良書は、今を生きる私たちが、次世代に引き継がねばならない宝です。守らなければいけない「本物」です。

 それには、私たち一人一人が、それを読んでいくことでしょう。

専門分野の入門書

おすすめの本として、文学的文章の本は、今回記しません。

文学の「本物」は、わざわざ記すまでもないですよね?

(そのうち、いつか、記すかもしれませんが。)

 

 で、文学以外の本です。

 いきなり、専門書などというのは、抵抗があるかもしれません。

 高額でもありますしね。

 新書や選書は、どうでしょう。

 あらゆるジャンルが揃っています。

 ハウツーものではない、専門分野の入門書などは、知的興奮とともに、楽しく読めるはずです。

 じつは、新書や選書から、大学入試の読解問題は数多く出題されます。

 入試の読解問題に使われる文章は、それほど難しい言葉を使わずに、論理的に書かれている文章なのです。

問題集は、おすすめ本を紹介しているようなもの

 書店の参考書売り場には、全国の大学入試の国語の過去問を載せた分厚い問題集があります。

 それら問題集は、おすすめ本を紹介しているようなものです。

 そこには、読み応えのある論理的な文章がたくさん載っています。

 入試問題は、最近の本から抜粋されて作成されるのがほとんどなので、あなたの興味をひくものが必ずありますよ。

 文章の最後に、( )書きで、本のタイトルや著者名が出ています。

 書店内でそれを確認すれば、すぐにお目当ての本のところへ行けますね。

 これまで、僕も、入試問題で使われている文章を読んで、興味を持ち購入したという本がかなりたくさんあります。

 入試問題でお馴染みの、外山滋比古さん、森本哲郎さん、山崎正和さん、河合隼雄さん等等は、古いもののほうが良いです。文法を知っている方たちなので、きれいな、やさしい書き方をしています。

 小林秀雄、江藤淳は、読むべきです。「本物」です。

 僕がここでくり返しいっている「本物」とは、「本物」の書き方をしているものです。

 書き方が内容を表すんです。

 書き方の理解は、内容の理解です。

 もちろん、「本物」の書き方をしているからといって、その書き手の思想を全面的に肯定する必要などありませんよ。

 ただ、その内容は受けとめられなければ、正確な理解には至りません。

 読めてもいないのに、あれこれと批判するなどは、論外です。

 内容の理解が、自身の思考の糧となり、その先に、自分自身の本当の思考が始まるわけですから。 

amazon

小林秀雄

amazon

江藤淳

 

大切なのは、本の「質」、読み方の「質」

読み方は、拙著や、このサイトを参考にしてください。

一助となるはずです。

拙著は、参考書も、大人の読み物として、役立ちます。

「評論の読み方」、「小説の読み方」の問題の解き方は、まったくもって文章の読み方です。

論理的な「予測」の読み方ができるようになります。

「50の方法」は、親御さんが読むようにも書いていますから、十分に大人が読めます。文法の基礎から応用までも記しています。

文法の応用は、読み方であり、書き方です。

読書において、大切なのは「質」です。

量ではありません。

本の「質」、読み方の「質」です。

質の高い読み方が、質の高い本を、より生かします。

読書というものを、より意義のあるものにします。

「本物」だけが、見る目を鍛える

目利き、鑑定人は、偽物を見て、勉強をするようなことは絶対にしません。

「本物」だけを見ます。

「本物」だけから学ぶのです。

それにより、見る「目」ができます。

偽物を見れば、瞬時に違和感を覚えるようになります。

「本物」だけが、見る「目」を鍛えるのです。

読解力、思考力は、「本物」を読むことで身につく

読解力も、鑑定人の「目」と同じです。

「目」は、脳です。

読解力を磨く、何よりのものは「本物」の書き方をしているものです。

良書と呼ばれるものです。

それは、時間を気にせずに、じっくりと読むべきもの。

何度も向き合うべきもの。

本来、読書とは、そういうものです。

「目」が磨かれれば、つまらぬ本はとても読めなくなります。

書き方の破綻が見え、内容の破綻が見えるからです。

書き方と内容は、表裏一体なのです。

言葉には相性がある

 意味を成り立たせる際には、言葉をつないでいくわけですが、言葉には相性があります。

 適合するか、しないか。

 たとえば、論理的なものを説明する際に、「飛躍」という言葉は合いません。

 使うべきではない。

 そもそも、「論理」と「飛躍」では、「論理の飛躍」です。

 それは、論理的でないことをいう言葉です。

 論理を謳う際に、「飛躍」は適さないのです。

「言葉の扱い方」という語句と「吟味」という言葉も適しません。

「吟味」は、そもそも、詩歌を吟じ、味わうことですが、そこから、物事を詳しく調べ選ぶ意を派生させている言葉です。

「『言葉の扱い方』を吟味すれば」なんて、語句として成り立ちません。

「言葉を吟味する」です。

「目」を持っていれば、言葉の相性などというものは、瞬時にわかるものです。

 読む力は、書く力そのものです。

 読めなければ、書けない。

 切り貼りのような言葉のつなぎ方を、「書く」とは、とてもいえないのです。  

自省することで、成長していける

「本物」の文章に接していくことでしか、「目」は養われません。

 そして、その「目」は、客観的な、謙虚な気持ちがなければ、得られない。

 成長はまずできない。

 わかったつもりになって、プライドばかりが高くなるからです。自分の力に気づかないのです。

 名人、達人が、より高みに達することができるのは、考えるからです。自省するからです。

 自省は、今の自分に足りないものを考えられる力です。己に厳しく生きていく姿勢です。

 人間は、自省することで、いつまでも成長していくことができます。

 でも、張り詰めてばかりの糸って、いつか切れるものなんですね。

 くつろいだり、楽しんだりする時間がないと。

 そういう時間もまた必要なんですよね。   

 

このカテゴリーの新しい記事