述語の助動詞・助詞が表す意味

付属語(助動詞・助詞)の重要性

述語の意味の根幹は、動詞・形容詞・形容動詞・名詞です。

動詞、形容詞、形容動詞は、それだけで述語にはなる、と確認しました。

しかし、動詞、形容詞、形容動詞だけで、述語を記すということは、多くはないんです。

そこには、助動詞や助詞が付属されます。

助動詞・助詞が表すのは、書き手の判断、思い

 助動詞は、書き手の判断を表します。

 助詞は、書き手の思いを添えます。

 つまり、文中に表れる、書き手の微妙な心情は、述語の、助動詞、助詞、という付属語で示されるんです。

助動詞、助詞をないがしろにすれば、文章の深い意味を読み取ることはできません。

なぜなら、文章の深い意味とは、書き手の思いだからです。

書き手の心情の機微は、述語の助動詞や助詞に表れるんです。

助動詞 助詞 書き手の思いと判断

助動詞、助詞は、書き手の思い、判断を表す語です。

つまり、それらは、第三者がいじることのできないものなんです。

例をあげてみましょう。

ウグイスが、鳴く。 → 述語 鳴く(動詞)

ウグイスが、鳴くか。 → 述語 鳴く・か(助詞)

ウグイスが、鳴くのか。 → 述語 鳴く・の(助詞)・か

ウグイスが、鳴いたか。 → 述語 鳴い・た(助動詞)・か

ウグイスが、鳴いたのか。 → 述語 鳴い・た・の・か

上記の主語は、「ウグイスが」です。

しかしながら、それぞれの一文を書いているのは、「ウグイス」ではないんです。

書いているのは、「書き手」です。

その書き手の、思い、判断が、述語の助動詞・助詞に出ているんです。

書き手の思いは、書き手のものです。

文末の重要性は、付属語である助動詞・助詞の重要性

文章は、他者の言葉です。

その述語の助動詞や助詞をいじる、ないがしろにする、というのは、論外のことなんです。

要約や編集の大きな落とし穴は、そこです。

こちらもどうぞ 

文章とは、他者の言葉 

他者の言葉を理解できずに思考は磨けない   

助動詞、助詞の用法 意味を決定づける品詞 

接続助詞とは? 順接と逆接 助動詞と助詞からの客観的読解  

助動詞「ない」 活用からの読解 助動詞「う」助詞「は」の見方 

助動詞 ようだ 識別 例文で意味と用法から読解、記述まで 

れる られる ら抜き言葉 意味の見分け方 用法を例文で  

2021年4月25日「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」

Posted by 対崎正宏