述語の品詞 例文で基本から、わかりやすく

述語をつくっている品詞

品詞とは

 動詞、形容詞、形容動詞、名詞、助動詞、代名詞、副詞、連体詞、接続詞、感動詞、助詞、これらを「品詞」といいます。(11品詞)

述語をつくっているもの

述語をつくっている言葉が、述語の意味をつくっています。

「意味」とは、「言葉」から成っています。

述語をつくっている「言葉」を、「品詞」から確認してみましょう。

① 動作・作用・存在 → 動詞

 

走る、押す、いる、等等 

これらを「動詞」といいます。

② 性質・状態 → 形容詞、形容動詞

美しい、寂しい、等等、これらを「形容詞」といいます。

きれいだ、変だ、等等、これらを「形容動詞」といいます。

③ 事物+断定 → 名詞+(断定の意味の)助動詞

例 

人+だ

佐藤さん+だ

四匹+です

これらは、「名詞」と「(断定の意味の)助動詞」から成っています。

断定の助動詞 = 「だ」

「だ」を丁寧にいうと → 「です」

述語をつくっている品詞

述語をつくっている品詞は、動詞、形容詞、形容動詞、名詞、助動詞です。

次のステップへどうぞ

カテゴリー「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」→ サイトマップ