品詞とは? 簡単にわかりやすく解説 文法の理解

意味の違い

「文章を読む」とは、意味を理解することです。

その意味の理解を、文法の上から理解していきましょう。

品詞の理解

意味を理解するとは、品詞の意味を理解するということです。

「述語」という言葉を、一つの意味、一つの言葉と誤解している人がけっこういます。

そこに、誤読、誤解の根本の原因があります。

「述語」の品詞を確認してみましょう。

述語の中身を見るとは、品詞を確認すること

述語の意味、それは、品詞の意味です。

述語は、文の基本型から、三種類に分けられます。

①どうする型

②どんなだ型

③何だ型

この三種類の中で、①どうする型と②どんなだ型は、それぞれ、一つの品詞で述語をつくることができます。

①どうする型は、動詞

②どんなだ型は、形容詞、あるいは、形容動詞

しかし、③何だ型は、一つの品詞で述語とは成りません。

③何だ型は、名詞と助動詞から成ります。

③何だ型の例

彼が、社長だ。

→ 述語 

→ 社長だ 

→ 社長 + だ 

→ 社長(名詞) だ(助動詞)

③何だ型に対し、①どうする型、②どんなだ型は、一つの品詞で、述語をつくれます。

①どうする型の例

彼が、走る。

→ 述語 

→ 走る 

→ 走る(動詞)

②どんなだ型の例

紅葉が、美しい。

→ 述語 

→ 美しい 

→ 美しい(形容詞)

海が、きれいだ。

→ 述語 

→ きれいだ 

→ きれいだ(形容動詞)

述語は、一つの言葉で成り立っているとは限らない

一つの述語は、一つの言葉で成り立っているとは限りません。

文章の中では、過去のことを書いたり、推量の意味を書いたりすることもありますよね。

そういった場合、述語の動詞、形容詞、形容動詞も、過去の意味や、推量の意味の助動詞が合体して述語をつくります。二つ以上の品詞で、述語となるわけです。

※スマホを横向きにしてご覧ください

① 彼が、走った。 → 述語 → 走った

② 紅葉が、美しかった。 → 述語 → 美しかった  

③ たぶん、海が、きれいだろう。 → 述語 → きれいだろう

こういった場合、動詞、形容詞、形容動詞に、助動詞が付属しているんです。

① 走っ + た → 走っ(動詞) た(助動詞)

② 美しかっ + た → 美しかっ(形容詞) た(助動詞)

③ きれいだ + ろう → きれいだ (形容動詞) ろう(助動詞)

意味の違いは、単語の違いであり、品詞の違い

さらに意味をつく加えることも、意味を変えることもできますよね。

走ったろう → 走っ(動詞) た(助動詞) ろう(助動詞)

走ったよね → 走っ(動詞) た(助動詞) よ(助詞) ね(助詞)

走ったのか → 走っ(動詞) た(助動詞) の(助詞) か(助詞)

意味の違いは、単語の違いであり、品詞の違いなんです。  

「何だ型」の変化

「何だ型」の述語、名詞+助動詞だって、過去や推量と合体する述語の形がありますね。

① 彼が、社長だった。 → 社長(名詞) だっ(助動詞) た(助動詞)

② たぶん、彼が、社長だろう。 → 社長(名詞) だろ(助動詞) う(助動詞)

文法の理解が、論理の理解に通じる

文法の意味の理解は、文章の理解を必ず深めます。

それは、論理的な読み方、論理的な考え方へとつながっていきます。

次のステップへどうぞ

カテゴリー「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」→ サイトマップ 

2021年4月26日「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」

Posted by 対崎正宏