ビジネス敬語 謙譲語 例文 すぐに使える

ビジネス敬語 謙譲語

すぐに使える謙譲語の例です。

①「『~を』を高める謙譲語」

②「『~に』『~から』を高める謙譲語」

③「『聞き手』を高める謙譲語」

謙譲語

謙譲語は、自分自身(・身内)を低め、相手を高める敬語です。

自分自身・身内(会社・家族・親類)が動作の主体となります。

つまり、自分自身・身内が、主語となります。

①「~を」②「~に」の形をとる謙譲語は、「~を」「~に」の人物を高め、自分(・身内)を低める謙譲語です。

③の謙譲語は、聞き手を高め、自分(・身内)を低める謙譲語です。

①「『~を』を高める謙譲語」の例

以下の例文は、すべて、「『~を』の『お客様』」を高め、「私」を低めています。

私が、~を、お~する

私が、お客様を、お招きします。    

私が、~を、ご~する

私が、お客様を、ご案内します。

私が、~を、お~申し上げる

私が、お客様を、お招き申し上げましょう。

私が、~を、ご~申し上げる

私が、お客様を、ご案内申し上げましょう。

私は、~を、存じ上げる 「知る」

私は、お客様を、よく存じ上げております。

②「『~に』『~から』を高める謙譲語」の例

以下の例文は、すべて、「『~に』『~から』の『お客様』」を高め、私(・身内)を低めています。

私が、~に、~を申し上げる 「言う」

私が、お客様に、先日のことを、申し上げました。   

私が、~に、伺う  「行く」 

私が、お客様のお宅に、伺います。  

私が、~に(・から)、~を伺う  「聞く」  

明日、私が、お客様に、お話を伺います。   

私が、~に、伺う  「尋ねる」 

昨日、私が、お客様に、ご要望を伺いました。   

私が、~に、お目にかかる(お会いする)  「会う」 

私が、お客様に、お目にかかります。 

明日、私が、お客様に、お会いします。  

私が、~に、~をごらんにいれる(お目にかける・お見せする)  「見せる」 

来週、私が、お客様に、新商品を、ごらんにいれます。 

明日、私が、お客様に、パンフレットを、お見せします。 

(私は)~から、~を、いただく  「もらう」 

先日、お客様から、ありがたいお言葉を、いただきました。  

私が~に、~を、さしあげる  「贈る」

私が、お客様に、記念品を、さしあげます。

③「聞き手を高める謙譲語」の例 

以下の例文は、すべて、聞き手を高め、私(・身内)を低めています。

申す  「言う」

(同僚の)金太郎がそのように申していました。

まいる  「行く」・「来る」

ただ今、(同僚の)金太郎がまいります。

存じる  「思う」

誠にうれしく存じます。

存じる  「知る」

その件については存じております。

いたす  「する」・「~する」

それは、私がいたします。

来月、アメリカに出張いたします。

こちらもどうぞ

ビジネス敬語 例文 すぐに使える尊敬語 「ご~」「なさる」「になる」

「させていただきます」と「いたします」の使い分け 今すぐわかる 

お送りさせていただきます お送りいたします 「千円から」今すぐ使う・わかる

2020年12月2日「雑記帳」#敬語 #ビジネス #謙譲語

Posted by 対崎正宏