漢文 反語の句形 強い自己主張 

反語は、強い主張

反語とは、断定の強調表現です。

強い自己主張です。

言いたい意味の肯定と否定とを反対にして、疑問の形にします。

ここでは、特に注意したい反語をあげます。

反語を主とする (豈【あに】━━哉)

豈━━(哉)   

あに━━ン(ヤ)

どうして━━か、━━ない。

豈遠千里哉。   

あに千里を遠しとせんや。

どうして千里を遠い道のりとしようか、遠いとは思わない。

(「豈━━(哉)」は、ごく稀(まれ)に、疑問の形になることもありますが、ほとんどは反語になります。)

反語 (獨【ひとり】━━乎・哉・也)

獨━━乎・哉・也

ひとリ━━ンや

吾獨不愧於心乎。 

われ独り心に愧(は)じざらんや。

私だけがどうして心に恥じずにいられようか、恥じずにはいられない。

反語 (豈+限定の文字)

豈+限定の文字(惟・唯・只・徒・特たダ━━(ノミ〉

どうして━━だけであろうか、━━だけではない。

豈惟怠之。

あに惟だ之を怠(おこた)るのみならんや。

どうして、ただこれを怠(なま)けるだけであろうか、怠けるだけではない。

||

「怠けるだけではない」 

 ↓

「怠ける」んです。「怠ける」だけでなく、他にも何かしら、悪いことをするんです。

上の句形の意に対して、下は「怠けない」意になります。

豈怠之。 

あにこれを怠(おこた)らんや。

どうしてこれを怠(なま)けるだろうか、怠けない。

||

「怠けない」んです。 「豈惟怠之。」と混同しないようにしましょう。

反語に、限定の文字が加わった際、特に注意しましょう。

こちらもどうぞ 是以 以是 而 漢文・古文を読めるように

受験生、まだまだいけるぞ! 

がんばれ!