読解力とは、文章の書き方の理解

読解力の意味

 読解力とは、どのようなものなのか。

 それは、文章の書き方の理解です。

 書き方がわかっていなければ、なんとなくの自己流で読むしかありません。

 読む力と書く力は、表裏です。

 それらは、なんとなくのものでもなければ、ぼんやりとしたものでもない、明確な力です。

 そして、その根本にあるのは、思考の力です。 

書き手の意図を思考する

書き方を意識しながら、次の例文を、一緒に読み解いてみましょう。

それは、書き手の意図を思考する、ということです。

〈例文〉 

彼は、ああとくやしがった。

使い慣れている言葉の落とし穴

例文で使われている言葉は、みんな、わかりますか? 

例文〉 

彼は、ああとくやしがった。 

大丈夫でしょうか? 

初めて目にするような言葉はおそらくないでしょう。

しかし、見慣れている言葉、使い慣れている言葉にこそ、落とし穴はあるものです。

言葉は、古語からの流れがある

 現代語は、当然のことながら、古語からの流れがあります。

例文〉 彼は、ああとくやしがった。

 現在の「くやしい」という言葉は、古語の「口惜し」と「悔し」が混同して使われています。

「口惜し」は、期待外れの落胆(らくたん)、不満、嫌悪(けんお)などの意を表します。

「悔し」は、取り返しのつかないことに対して残念である、そして、他者から辱(はずかし)められたり、自分の無力さを思い知らされたりして、腹立たしい、しゃくである、いまいましい、といった意になります。

文は、調和のとれる言葉で成り立っている

「ああ」と「くやしが」るは、調和のとれる言葉と言葉です。

だから、一文として成り立っています。

「やったー」と「くやしが」るでは、調和がとれませんよね。

言葉と言葉の結びつき

 もし、「ああ」の部分に、怒りと結びつく言葉が一緒に記されていれば、「くやしがった」の解釈もそれに合わせることになります。

 たとえば、「ああ、くそったれ」とでも記されていれば、「くやしが」るは、怒りの意味合いになってきます。

 でも、例文で記されているのは、「ああ」という抽象的な言葉だけです。「ああ」という言葉の中に、怒りがあるとも、ないとも、解釈できます。

 よって、「彼は、ああとくやしがった」は、「彼は、ああと残念がった」「彼は、ああと腹を立てた」、どちらの意でも読めます。

一語の理解は、全体の理解につながる

 例文は、「彼は、ああと残念がった」「彼は、ああと腹を立てた」、どちらの意とも解釈できる文です。

 その両方の心情がある、とも解釈できます。

 そのように読ませているのは、書き手です。

 そこに書き手の意図があります。

 この文に続く内容は、「残念がる」内容にも書けますし、「腹を立てる」内容にも書けます。またその両方の内容にも。

 一語への理解があれば、読む際の予測が可能になります。

 それは、書き方の理解でもあります。

 その理解は、自分自身が書く上でも、力となります。

 一語の理解は、全体の理解につながります。

 他者の言葉の理解は、自身の言葉を磨いていきます。 

2021年4月25日「読解力向上 思考の周辺」

Posted by 対崎正宏