アメリ 美しい色使い 本を読むように見られる映画

本を読むように見られる映画

本を読むように見られる映画です。

静かに見られる、静かな気持ちで見られる。

「アメリ」は、そんな映画です。

つまりは、脚本がしっかりしている。

脚本・監督 ジャン・ピエール・ジュネ

脚本は、監督のジャン・ピエール・ジュネが書いています。

ブラックユーモアでも知られる彼ですが、「アメリ」でも、随所にそれがあります。

声をあげて笑っちゃいますよ。

僕は、映画館でも、家でも、笑いました。

ほんわか気分で、楽しめます。

パリ・モンマルトル

 舞台の、パリ・モンマルトルもすばらしい景観です。

 映画の、美しい色使いともなっています。

 まるで、絵に描いたようです。

 ヤン・ティルセンの音楽もいいです。

 やわらかで、あたたかで、美しいです。

 声、言葉も、音で、 どうしても、そこに意味が加わるから、ときどき厄介なことにもなるわけですけど、言葉のいらない美しい音って、音楽ってすばらしいです。

 世界に通じるものですね。

 やっぱり、音楽と絵は、すごい、と思います。

クレームブリュレ

それから、何といっても、この映画、クレームブリュレを日本で流行らせたことでも有名です。

甘いものが好きな方は、見たら、きっと食べたくなります。

(ところで、「クレームブリュレ」って、言いづらいですよね。

試しに、声にだして言ってみてください。

「クレームブリュレ」

実力派、オドレィ・トトゥ

オドレィ・トトゥは、この映画で、「アメリ」を演じ切りました。

「アメリ」は大ヒットし、「アメリ」といえば、オドレィ・トトゥで、オドレィ・トトゥといえば、「アメリ」の感がしたくらいです。

でも、彼女はそういうレベルの女優ではありませんでした。

様様な役を演じられる実力派でした。

「ロングエンゲージメント」、「ダ・ヴインチ・コード」、「ココ・アヴァン・シャネル」の中の彼女がそれを証明しています。

それぞれの映画の中の彼女は、アメリとは、まったくの別人です。

顔立ちまで、違います。

すごい女優です。

実力派、オドレィ・トトゥの「アメリ」、すてきな、美しい映画です。

やさしい気持ちになれます。

2021年1月18日「映画 おすすめ」#映画 #言葉 #音

Posted by 対崎正宏