アイデンティティー 映画 世界とは、自分自身が作り出しているもの

世界とは自分自身が作り出しているもの

ミクロ、マクロ、重層的に、きちんと完成された映画です。

実にうまいです。

ミクロ、マクロの世界は、三千大千世界、マトリョーシカ、コスモロジーです。

世界は、自身よりも大きな世界に包まれ、また自身の中に、自身よりも小さな世界を包み持っている。

一つの意味を完成させれば、一つの世界が成り立ちます。

一つひとつのミクロの意味を完成させれれば、マクロの意味が完成していきます。

この映画、構成がいいんです!

うまいつくりをしています。

ミステリーは、どれだけ破綻のないお話にできるかが勝負ですからね。 

タイトルのつけ方

タイトルもいいですね。

こういうタイトルのつけ方が、僕は好きです。

行間です。

文芸的です。

コンピュータプログラム的ではないということです。

ビジネス書の見出しにしても、ブログの書き方にしても、コンピュータプログラムに振り回される人間は、まさにコンピュータプログラムに生かされてしまう人間になります。

そこで、思考が磨かれることはありません。

考える力

人間は、自分で考える力を持たなければいけません。磨かなければいけません。

考える力って、磨かなければ、ずっと眠ったままなんですよね。

本のタイトル

ちなみに、本のタイトルというのは、かなりの売れっ子作家は別として、多くの場合、出版社がタイトル会議をして、つけるものです。

僕の本も、すべて、出版社がつけました。

思うところは、いろいろありますが、おまかせするしかありません。

ひとつの脳の描く世界

とにもかくにも、「アイデンティティー」、タイトルだけでなく、中身も、抜群にいい映画です。

世界は、人の脳がつくりますから、そこをうまく描いた作品です。

脳がつくりだす世界は、いかようにも作れますものね。

ジョン・キューザック レイ・リオッタ

ジョン・キューザックに、レイ・リオッタ、という演技派が、この作品でも生きています。

日常の恐怖は、身近で「いい顔」をしている人間が「悪の顔」を覗かせるところにあるんですよね。

ジョン・キューザックも、レイ・リオッタも、そんな人間をうまく演じられる役者です。

一つの世界が、いくつもの世界をつくりだしている

映画「アイデンティティー」、一つの世界が、いくつもの世界をつくりだしている、大変おもしろい作品です。

見終わってから、「アイデンティティー」というタイトルのうまさをまた感じられます。

本当に、お話の最後まで、よくつくられている作品ですよ。

それって、ほっとため息をつくことを許さないってことです。

「アイデンティティー」、とても優れたエンターテインメント作品です。

2021年3月22日「映画 おすすめ」

Posted by 対崎正宏