ラ・ラ・ランド 監督 デイミアン・チャゼル 

人は、幸せになるために、生きねばならない

何度、見ても、涙です。

最高のミュージカル映画です。

人は、幸せになるために、生きていかなきゃならないのだと感じます。

つらくても。悲しくても。

自分自身で頑張らないといけないんですね。

監督デイミアン・チャゼル

監督のデイミアン・チャゼル、すごい、と唸ります。

「セッション」もすごかったけど、「ララランド」は、さらにすごい!

お話の作り方が実にうまい!

センスの良さを強く感じます。

 こんなすばらしい映画を見ると、残りの人生を、できるだけ、より良く生きたい、と励みになります。

 生きねばなあ、と思います。

 力をもらえます。

すばらしい歌曲

ミュージカル映画ですから、もちろん、歌曲も、抜群にいいです。

 作曲は、ジャスティン・ハーウィッツ、彼は、監督のデミアン・チャゼルと、ハーバード大学の同級生で、映画「セッション」でも組んでいます。

 ベンジ・パセクとジャスティン・ポールの二人も、すばらしい仕事をしています。

 二人は、「グレイテスト・ショーマン」でも、その才能を発揮していますね。

何度、見ても、涙

「ラ・ラ・ランド」、ラストの数分が、最高の仕上がりになっています。

涙です。

何度、見ても、涙、涙です。

まあ、何度も見てるわけですが。

元気がないと、いささか見るのがしんどいラストの数分ですが、本当にすばらしい数分です。

涙の中でも、「頑張らねば」と思わせてくれる最高の映画です。