ミニオンズ 映画 大人もハマる面白さ 

映画が始まる前に登場する黄色いの

映画館で、映画が始まる前に、黄色い彼らが並んで踊るのを見たのが、ミニオンとの最初の出会いです。

子ども向けのキャラクターだなあ、子どもには人気が出そうだなあ、などと思いながら見ていました。

笑わそうとしているんだろなあ、でも、こういうのに、僕は笑わないよ、と思いながら見ていました。

と、その瞬間です!

ぷっ!

笑ってました! 

注意事項を楽しく

それから数週間経った頃でしょうか、映画館のスクリーンで、映画の冒頭、彼らは、また現れました。

どうやら、彼らは、「注意事項」を見せる役目になったようです。

まあ、「注意事項」を見るのは、誰も退屈ですからね。

まあ、いいアイディアですね。

ユニバーサル映画もいろいろ考えてるんだなあ、などと思いながら僕はスクリーンを眺めていました。

でも、子どもは同じものを何回見ても笑うんだろうけど、大人はねえ、笑えないよなあ、などと思いながら眺めていました。

と、その瞬間です!

ぷっ!

笑ってました!

はまる面白さ

まあ、「注意事項」と一緒に出てくる彼らを何回見ても、僕は笑っちゃうわけなんですけど、でも、それからまだしばらくは、彼らの名前を知ることもなければ、彼らが映画に出ているなんてことも知らなかったんです。

だって、いい大人がねえ、面白くて、黄色くって、変な笑い方する、かわいいやつに、興味なんて持ちませんよ。

ねえ。

最高に面白い!

怪盗グルーのシリーズよりも先に、僕は、たまたま、このミニオンズの映画を見ました。

グルーとの関係も何も知りませんでした。予備知識、一切なしです。

で、凄く感動しました!

「ミニオンズ」は、しっかりした大人が、しっかり楽しめる映画です!

何せ、話が本当にしっかりしています。

キャラクターの描き方もしっかりしています。

最高に面白い!

かなり、笑えます!

あなたがしっかりした大人だったら、しっかり見てください。

ユニバーサル映画のオープニングから、もう、大笑いさせられますよ。

ぷっ! なんてもんじゃありませんから。

綺麗な黄色!

監督は、ピエール・コフィンで、製作は、ユニバーサル・スタジオの子会社、Illuminationです。

「ミニオンズ」の映像の美しさ、惚れ惚れします!

ミニオンの黄色、凄く鮮やかです!

こんなに綺麗な黄色、見たことありません!

ミニオンの言葉

僕は、映画を日本語吹き替えでは、絶対に見ません。

もちろん、この「ミニオンズ」もそうです。

ミニオンは、ミニオン語で喋るんですけど、その中で、日本語のある単語が入っています。

ぜひ、確かめてください。

「ヤ〇〇〇」って言ってます。

実は、ミニオンたちの声、監督のピエールがやっているんです。

ケビンも、スチュアートも、ボブも、ピエールが声を出しているんです。

だから、日本語の「ヤ〇〇〇」っていうのも、ピエールの声。

ピエール、センス抜群ですね!