マネー・ショート 金の稼ぎ方は、生き方そのもの

儲かるかどうか

 お金は価値を生みだしますから、人はその扱い方で、美しくも、醜くもなります。

 儲かるかどうかは、それを行う価値があるかどうかであり、儲け方は、それを行う人の姿です。

 映画「マネー・ショート」は、見事なエンターテインメント作品として仕上がっています。

 アカデミー賞脚色賞を受賞しています。

 リーマンショックの全貌です。

 実話を基にしていますから、見応え十分です。

 この映画は、大きなシステムの中で、生きるしかない人間の姿を描いています。

 それは、私たち自身の姿です。

価値を生みだすもの

 お金と言葉は、価値を生みだすもの、とはよく言われるところです。

 ピンとこないなあとおっしゃる方は、「価値」という言葉を「意味」という言葉に置きかえてください。

「意味」については、こちらも、読んでみてください → 意味と意味合い 

 意味合いとは、ある意味が他の意味と関係していくことから生まれる意味です。

 それは、言葉が、他の言葉と関係していくということです。

 それにより、新たな意味、新たな価値が生まれます。

 新たな言葉は、新たな考えで、新たな企画にも、新たな商品にもなるわけです。

 言葉は、価値そのものであり、価値を生みだすんです。

言霊

 古代、言霊と言われたのも、言葉に価値があると認めていたからです。

(言葉に霊威(れいい)があるとされたのは、それを信じたからであり、その思考が働いたからです。思考の働きで、人は行動しますからね。言葉には、力があります。思考そのものであり、思考を左右します。思いこみも、洗脳も、言葉の働きです。言葉は、行動につながるんです。)

 金と言葉は扱い方次第

 また、価値を生むものは、それを落としもします。 

 まさに扱い方次第であるわけです。

 人は、言葉によって信頼を得、言葉によって信頼を失います。

 金も、他の金と関係していくことで、価値が変わります。

 増えることもあれば、減ることもある。

 金を使うのは人ですが、場合によって、人は金に使われます。

世界の希望

 損をする者がいるからこそ、得をする者が生まれます。

 ウィンウィンの陰には、必ず敗者がいるのです。

 陰と陽は、一つの世界の中にあります。

 そんな世界の中での一筋の希望は、人の努力です。

 それが、なくなれば、世界は荒みます。

 世界が荒むというのは、人の心が荒むということです。

 努力とは、形のあるものであり、形あるものを生みだす力です。

金の稼ぎ方は、生き方そのもの

 金を儲けることは大切であり、金がなければ、人間は生きていけません。

 誰だって、お金持ちになりたいですよね。

 でも、お金持ちでも、尊敬されるお金持ちと、そうでないお金持ちがいます。

 

 尊敬されるお金持ちというのは、何かを作り、その結果として、金持ちになったというものでしょう。

 そこには、やはり、努力の跡があります。

 人人の尊敬を生むのは、そこです。

 ただ金を求めるだけの姿は、美しくないものです。

 金の稼ぎ方は、生き方そのものとなります。

 言葉の扱い方が、思考そのものとなり、生き方そのものとなるのと同じです。

「世界」の手の中で生かされている

 お金を稼ぐということ、生きていくということ、自分たちが生き、生かされている存在であるということ。 

 映画「マネーショート」は、私たちが「世界」の手の中で生かされていることを赤裸裸に見せます。

 専門知識がなければ見られないという映画ではありません。

 エンターテインメント作品としてうまく仕上がっていますから、上映時間は、あっという間に過ぎてしまいます。

 ちなみに、邦題の「華麗なる大逆転」とはまるで違う、深い内容を訴えている映画です。

 投資なんて、俺には関係がない、なんていうのは、とんでもない話です。

 世界経済という基盤の上に載っていない人間など、この世に誰一人としていません。

 誰かが得をすれば、誰かが損をするシステムの中、私達は生きています。いえ、生かされています。

 だからこそ、とんでもない政治家にいいようにされてはいけないのですよね。

 自分のことは自分で考え、生きていかなければ。

 これって、あたりまえのことです。

スティーヴ・カレル

 スティーヴ・カレルの演技力は、いつもながら、すばらしいです。

 アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた「フォックスキャッチャー」でも、すごかったですが、「マネーショート」でも、彼は一際、光っています。

 ちなみに、スティーヴ・カレルは、「ミニオンズ」の「怪盗グルー」の声の主です。コメディアンでもある彼は、じつに多才です。

ブラット・ピット 

 ブラット・ピットが演じる「ベン・リカート」がマスクをしてエスカレーターを下りていくシーンがあります。

 かなり、笑えます。

 おもしろいです。演出、うまいです。

 エスカレーターのシーン、どうぞ、お楽しみに。

2021年4月1日「映画 おすすめ」

Posted by 対崎正宏