天使のくれた時間 おすすめ きらめきの考察  

人生は、やりなおせないし、やりなおせる

悲しくなるくらい、いい映画です。

かなり泣かされますが、大好きな映画です。

やりなおせないのが人生です。

やりなおせるのも人生です。

それを見事に描いている映画です。

美しいラストの仕上げ方

ラストの仕上げ方、とても美しいです。

ただ上っ面だけ美しいんじゃありません。

涙がでるくらいの美しさです。

その美しいラストに、本当に胸がしめつけられます。

映画の中の二人は、きっと、またあの二人に会えるのだと思います。

そう願います。

(ネタバレしないように書いています。このカテゴリーは、一切、ネタバレなしで、書いています。)

ニコラス・ケイジ

「映画 おすすめ 『キックアス』」でも記しましたが、ニコラス・ケイジは、本当にすばらしい俳優です。

 どんな役を演じさせても、うまいです。

 ピタリとハマります。

 この「天使のくれた時間」は、そのニコラス・ケイジとティア・レオーニの二人で、本当によかったと思います。

 最高の二人です。

ティア・レオーニ

 ティア・レオーニは、彼女が出演している作品の中でも、この映画が一番、かわいくて、魅力的です。

(ジュラシックパークⅢのティア・レオーニは、恐竜から逃げまわってばかりで、ほとんど台詞もなくて、気の毒でした。)

「天使のくれた時間」は、ティア・レオーニの魅力を、存分に満喫できる作品でもあります。

 ティア・レオーニが演じる「ケイト」は、愛することのすばらしさを、その大切さを、教えてくれます。

 それも、ごく日常という中で。 

 それゆえに、見ている側は、クライマックスでかなり効きます。 

最高に、かわいい女の子

 そうしてまた、映画の中に出てくる幼い女の子「アニー」がすごく愛らしいです。

 「アニー」の愛らしさに、きっと、あなたも、微笑むと思います。

 笑ってしまうと思います。

 演技も自然で、かわいくて、僕は、この映画を、数えきれないくらい見ているわけですが、いつも、「アニー」は笑わせてくれます。

 とても、かわいいです。

人生は、今であり、過去である

 過去を思い出させる映画ともいえます。

 すばらしい映画だからです。

 ティア・レオーニが演じる「ケイト」が、すばらしいからです。

 この映画、年齢を重ねて見るほど、胸にこたえます。

 今があまりに幸せで、今とは違う過去をなくしてしまえていれば、そうでもないのかもしれませんが。

愛が一番大切

 本当に、悲しくなるくらい、いい映画です。

 人間、愛が一番であることに気づくことが大切ですね。

 それも、できるだけ早く気づくことが。

 悲しいかな、人間は、愛されていればいるほど、そのありがたさに、なかなか気づかないところもあるんですよね。

 仕事だって、大切な人の存在によって、より活きるはずなんですけどね。 

 なかなか難しいですね。

人生は、今であり、未来でもある

人生は、いつだって、今しかありません。

それは、瞬時に、過去になっていきます。 

しかし、その過去と今は、未来と通じているのも確かです。

今のすぐ先には、いつだって未来があります。

そこを描いているのも、「天使のくれた時間」のすばらしさです。

「The Family Man」

ちなみに、原題は、「The Family Man」です。

家庭を大事にする男、って意味です。

すばらしい男です。

幸せな男ですね。

ぜひ、画質を良くしたものの発売を

 昔のDVDには、特典映像があるのに、新しいブルーレイには、特典映像が入っていないというのがけっこうあるんですよね。

 この「天使のくれた時間」の場合も、そうです。 

 おまけに、「天使のくれた時間」は、ブルーレイになっても、画質が良くなっていません。

(先年、BSで放映したので、画質はどうなっているんだろうと、ちらと見たのですが、やっぱり悪かったですね。)

 ぜひ、画質を良くしたものを発売してほしい、と願います。

 とにもかくにも、映画の内容は最高ですから。

古いDVDには映像特典

「天使のくれた時間」の、一番古いDVDには、43分の特典映像が入っています。 

 メイキング映像や、未公開シーンや、別バージョンオープニング等等。

きらめきの考察 

 悲しいかな、人間、過去は変えられません。

 過去を苦いものとするのも、美しいものとするのも、「今」の自分です。

 映画の中では、過去が、一瞬の「きらめき」となります。

 そうして、現実の「今」を生きる「ジャック」は、「きらめき」を自らの手で求めようとします。

 この映画、胸がしめつけられるくらい本当に美しいラストだと思います。  

きらめきは永遠となる 

 この映画のキーは、「きらめき」です。

 愛する人がそばにいてくれたら、そして、自分を愛してくれる人がそばにいてくれたら、今の「きらめき」は永遠となるんですね。

「きらめき」は愛です。

「天使のくれた時間」、大好きな、最高の映画です。

 ぜひ、ご覧になってください。

人生は、時とともに、前へ進む

かつて、誰かに深く愛されたことがある人。

かつて、誰かを深く愛したことがある人。

この映画は、そんな人を、あたたかく包み、また、もの悲しくもさせる映画です。

人生は、時とともに、前へ前へと進んでいくんですよね。

2021年1月23日「映画 おすすめ」#映画 #人生 #今

Posted by 対崎正宏