裏切りのサーカス 映画 考える楽しみ 

静かに痺れるスパイ映画

「裏切りのサーカス」、痺れるスパイ映画です。

動のスパイ映画もいいんですけど、静のスパイ映画もいいですよ!

考える楽しみ

ミステリー小説の楽しみの一つは、考える楽しみがあるからです。

同じく、静のスパイ映画にも、考える楽しみがあります。

タイトル

「裏切りのサーカス」というタイトル、ピンときませんよね。

象が出てきたり、空中ブランコをやったり、というサーカス団をイメージしてしまいそう。

この「サーカス」とは、原作の中での隠語で、MI6のことです。

原作では、MI6本部がロンドンのケンブリッジ・サーカスにあるという設定になっています。

原題は、「TINKER,TAILOR,SOLDIER,SPY」

こちらも、ピンときませんよね。

でも、映画を見れば、わかります。

「TINKER,TAILOR,SOLDIER,SPY」

誰が、誰に、どう呼ばれているのか。

「裏切りのサーカス」、考える楽しみがある映画です。

原作はジョン・ル・カレ

原作は、スパイ小説の名手ジョン・ル・カレです。

この映画「裏切りのサーカス」、原作の内容がしっかり生きているから、おもしろいんです。

ジョン・ル・カレは、「寒い国から帰ってきたスパイ」でエドガー賞の長編賞を受賞したんですけど、この「裏切りのサーカス(TINKER,TAILOR,SOLDIER,SPY)」の主人公スマイリーのシリーズ物も人気です。(「スクールボーイ閣下」「スマイリーと仲間たち」等々あります。)

豪華キャスト

「裏切りのサーカス」のジャケット写真は、主演のゲーリー・オールドマン(スマイリー役)が大きく写っています。

共演者も、錚々たる面々です。

コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ハーディ、マーク・ストロング、キーラン・ハインズ、ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、演技派が勢揃いです。

トム・ハーディ

色んな役を見事に演じるトム・ハーディが、この「裏切りのサーカス」ではまた違う顔を、違う演技を見せています。

「ダークナイト ライジング」のベインや、「ヴェノム」とは、まるで違うトム・ハーディです。

知らない人が見たら、このトム・ハーディが、あのベインなの? あのヴェノムなの? と驚くはずです。

もう一度見なおしたくなる映画

映画「裏切りのサーカス」、描写も細かいので、楽しめます。

きっと、少なくとも二回は見ることになると思いますよ。

この映画、もう一度見なおしたくなる映画で、実際に見なおす映画なんです。

ああ、そういうことだったのかと。

見なおしたくなるのは、原作の内容が生きているからなんですね。

「TINKER,TAILOR,SOLDIER,SPY」

もちろん、二度といわず、何度見なおしても、楽しめます。

静かで、痺れるスパイ映画です。

ただ、描写が細かいので、ちょっとグロテスクな場面もありますので、ご注意を。

2021年3月6日「映画 おすすめ」

Posted by 対崎正宏