#世界,#動詞,#紀行文,#芭蕉,#語句

Thumbnail of post image 124
閑さや岩にしみ入る蝉の声 意味 

閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずかさやいわにしみいるせみのこえ) 松尾芭蕉(まつおばしょう)

この句がつくられた場所は、山形の「立石寺(りっしゃくじ)」。

「山寺」は、「立石寺」の ...

#マクロとミクロ,#世界,#季語,#芭蕉

Thumbnail of post image 129
古池や蛙飛びこむ水の音 意味(訳)場所 季語

ふるいけやかわずとびこむみずのおと  

意味(訳)

古池に、蛙が飛びこんだ水音がした。しかし、その音もすぐに消えた。

場所

江戸深川の芭蕉庵で ...

#世界,#問題,#国語,#客観,#論理

Thumbnail of post image 044
学力格差 地域格差 経済格差を助長する改革

 大学入試が変わろうとしています。

 しかしながら、問題は、山積です。

 

 制度改革とは名ばかりで、まるで良くなる気配はありません。

 文科相 ...

#マクロとミクロ,#世界,#語彙力

Thumbnail of post image 092
時間の間、空間の間

 日常会話の中では、間(ま)というものをできるだけつくらないという傾向があります。

 間を、気まずい時間、相手との距離感のように捉えるのですね。

 間は、時間の間であり、空間の間です。 ...

#世界,#思考の糧

Thumbnail of post image 144
右へ倣えは、すさまじい

 思考することができなければ、簡単に右へ倣(なら)えの状態に陥(おちい)ります。

 一見、みながすることは幸福感を得やすい生き方のようでもあります。

 それは、国が亡(ほろ)びないための政 ...

#AI,#世界,#主語

Thumbnail of post image 179
AIをつくったのは、感情を持った人間

 AI、人工知能に、感情はありません。

 そこにある計算は、純客観的なものであり、論理的なものです。

 AI、人工知能の強みは、客観的、論理的な計算です。

 

#スタンス,#マクロとミクロ,#世界,#他者

Thumbnail of post image 107
学ぶとは自分自身と他者を理解すること

 人は学ぶことで、救われます。

 学問は広大無辺であり、どの道であれ、学べば学ぶほど、自身の生活の中での問題にも、多面的な思考が、働くようになるからです。

 それは、他者を貶 ...

#世界,#主観,#思いこみ

Thumbnail of post image 138
本当の読解力とは

本当の読解力とは、客観的で論理的なものです。

身につけようという意思があれば、誰でも、いくつになっても、身につけることができるものです。

「文章」とは他者の言葉

センスによる読解は、どうしても、主 ...

#AI,#マクロとミクロ,#世界

Thumbnail of post image 180

このカテゴリーは、一切、ネタバレ無し! 

あらすじも記していません。

映画は、予備知識なんてないほうが、楽しめます。

世界とは自分自身が作り出しているもの

ミクロ、マクロ、重層的に、きちんと完成された ...

#マクロとミクロ,#世界,#俳句,#分析

Thumbnail of post image 199
「形」とは、文字であり、書き方 そこに意味・内容がある

 詩の一行は、とても、目立ちますよね。詩の場合の一行は、一つの意味のまとまり、一つの世界を示す形(かたち)です。

 少し言い方をかえれば、一つの訴えたい意味、世界を一行 ...