手紙の書き出しと結び 使い分け 一覧

頭語と結語

手紙には、書き出しに対応する結びがあります。

頭語と結語です。

これは、手紙を書く上で定まっているものなので、ビジネスの上でも、日常の上でも、間違えないようにしましょう。

頭語の意味 

「頭語」 

頭語とは、手紙の書き出しのことばです。

拝啓や前略などが「頭語」です。 

結語の意味 

「結語」

結語とは、手紙や文章の結びのことばです。

敬具や草々などが「結語」です。 

頭語 → 対応する結語

拝啓・再啓・拝復 → 敬具    

再啓・拝復 → 拝具

拝啓・拝復 → 敬白

謹啓・粛啓・粛白 → 謹白

女性の記す頭語 → かしこ

※女性が手紙を記す場合、「かしこ」は、すべての頭語の結びとして使用可能です。

 男性は、「かしこ」を使えません。

前略・冠省・急啓 → 不一・草々・草々不一

※「前略」「冠省(かんしょう)」などは、「前文」を省略する際の「頭語」です。「前文御免」の意です。

「前文」とは、時候の挨拶などの文をいいます。

「新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」といった文が、時候の挨拶であり、「前文」です。

「前略」「冠省」などは、この「前文」を略し「御免」という意味です。

「御免」は、容赦(ようしゃ)、赦免(しゃめん)の尊敬語です。

「草々」は、取り急ぎ走り書きしたという意味です。

「不一」は、十分に意をつくしていないということです。

「草々不一」は、取り急ぎ走り書きし、十分に意をつくしていないという意です。

初めての手紙、ビジネスの手紙等においては、「前文」は記すべきでしょう。

省略は、礼を欠きます。

礼は、形であり、心です。

結語 → 対応する頭語

敬具 → 拝啓・再啓・拝復 

拝具 → 再啓・拝復 

敬白 → 拝啓・拝復

謹白 → 謹啓・粛啓

不一 → 急啓・冠省・前略 

草々 → 急啓・冠省・前略

草々不一 → 急啓・冠省・前略

女性のみ使用可能 → かしこ → すべての頭語

こちらもどうぞ 

ビジネス敬語 変換 今すぐ使える 実例付き 

ビジネス敬語がすぐに使える 変換 その2 例文付き 

「恐れ入ります」の書き方とその意味 ビジネスメール

使い分け

取り急ぎ申し上げる場合

前略・冠省・急啓 → 草々・不一・草々不一

注意 「前文」は略します。

「前略」「冠省」「急啓」を記しているのに、時候の挨拶などを記してはいけません。

謹(つつし)んで申し上げる場合

拝啓 → 敬具・敬白

「再度」手紙を送り、謹みを表したい場合  

再啓 → 敬具

謹んで「返事をする」場合

拝復 → 敬具・敬白

注意 「拝復」は、返事の手紙のみの使用です。

 

拝復 お手紙拝読いたしました。 ~ ~ 敬具

「拝啓」よりも、さらに謹みを表したい場合

謹啓・粛啓・粛白 → 謹白

謹んで「何かを差し上げる」場合

肅呈 → 謹白

手紙全体についてはこちらをどうぞ 

手紙の書き方 前略 拝啓 謹啓 頭語と結語はこれだけで大丈夫 

時候の挨拶についてはこちらをどうぞ

時候の挨拶 一覧 月別の例文 そのまま使える 

「させていただきます」の書き方についてはこちらをどうぞ

締め切りとさせていただきます お送りさせていただきます 誤用に注意 

2021年5月30日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏