翻訳された文章のチェック

日本語の文章になっているか

 外国語の文章を日本語で読む際、語彙の難解さなどではなく、ただ単に読みにくい、と思った人は少なからずいるはずです。

 翻訳に問題がある場合もあれば、原文自体に問題がある場合もあります。

 また、そのいずれもの場合も。

 そういった場合は、読みにくい、というよりも、「意味」が成立していないんですね。

 つまり、日本語の文章になっていない。

 翻訳がしっかりされている、というのは、日本語の文章になっている、ということです。 

言葉の並び方が、意味の関係性を表す

 一例として、翻訳されたものを、文章チェックしてみましょう。

 言葉の並び方を確認すれば、文の関係性は、丸見えになります。

1 一文の主語、述語の確認

2 前後の文の主語、述語とのつながり

2 省略されているものの確認

  主に、前の文の主語(キーワード)が省略されます。

  ~が・~は、といった主語

  ~を・~に・~で、といった文節  

3 接続語があれば、前後の文と文の関係性の確認

  順接であれば、前に「原因・理由」、後に「結果」となります。

  因果関係は、表裏一体です。「意味」と「意味」は密接なつながりとなります。

  並列・添加・累加であれば、つりあうもの同士が、並びます、付け加えられます。

引用例文

 知識は、通貨のような非人格的な存在ではない。知識は、本や、データバンクや、ソフトウェアの中にはない。そこにあるのは、情報にすぎない。

 知識は、むかしから人間の中にある。人間が、教え、学ぶものである。人間が、正しく、あるいは、間違って使うものである。それゆえに、知識社会への移行とは、人間が中心的存在になることにほかならない。そして知識社会への移行は、知識社会の代表者たる教育ある人間に対し、新しい挑戦、新しい問題、さらにはかつてない新しい課題を提起する。

 (「プロフェッショナルの条件」 ドラッカー 【ダイヤモンド社】)

文章チェック 

 上の文章を見やすいように、図示してみます。 

 省略されている語は、あえて補いません。

 省略されている語は、その並びで、示します。

 これにより、何が省略されているのかが、わかるはずです。(省略されるのは、前の文の主語【キーワード】です。)

 文章チェックして、図示すれば、意味のつながりも、破綻も、一目瞭然(いちもくりょうぜん)です。

 言葉の並び方、言葉の位置、意味がどのようにつながっているのかに注目してください。

引用例文 図示 

※スマホを横向きにしてご覧ください

知識は、通貨のような非人格的な存在ではない。

知識は、本や、データバンクや、ソフトウェアの中にはない。

                     そこにあるのは、情報にすぎない。

知識は、むかしから人間の中にある。

    人間が、教え、学ぶものである。

    人間が、正しく、あるいは、間違って使うものである。

それゆえに、

知識社会への移行とは、

          人間が中心的存在になることにほかならない。

そして

知識社会への移行は、

         知識社会の代表者たる教育ある人間に対し、

                           新しい挑戦、

                           新しい問題、

                           さらには

                           かつてない新しい課題を提起する。 

語順 文順

どうです? 

見やすくなるでしょう?

今回は、引用なので、内容の解説はしませんね。

当然のことながら、ただ言葉を連ねれば、それで「意味」が成り立つわけではないんですよね。

適した言葉を、適した位置に置かなければ、「意味」は成り立ちませんし、「意味」と「意味」はつながりません。

翻訳は、語順も、文順も大事です。

英語と日本語では、語の置き方、文の置き方、違いますから。

2021年1月26日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏