家のつくりやうは 現代語訳 徒然草 第55段 

徒然草 第55段 原文

 家のつくりやうは夏を旨(むね)とすべし。

冬は如何(いか)なる所にも住まる。

あつき頃、わろきすまひはたへがたき事なり。

深き水は涼(すず)しげなし。

浅くて流れたる、遥(はる)かに涼し。

こまかなる物を見るに、遣戸(やりど)は蔀(しとみ)の間(ま)よりも明(あか)し。

天井(てんじゃう)の高きは、冬さむく燈火(ともしび)くらし。

造作(ぞうさく)は、用(よう)なき所をつくりたる、見るも面白く、万(よろづ)の用にも立ちてよしとぞ、人の定めあひ侍りし。

徒然草 第55段 原文と現代語訳

家のつくりやうは夏を旨(むね)とすべし。

家の造り方は夏を主とするのがよい。

冬は如何(いか)なる所にも住まる。

冬はどんな所にも住むことができる。

あつき頃、わろきすまひはたへがたき事なり。

(しかし)暑い季節に、建て方の劣っている住まいは、我慢できないものである。

深き水は涼(すず)しげなし。

(たとえば、庭の遣水【やりみず】など)深い水は(目に・見た目に・見ても)涼しい感じがしない。

浅くて流れたる、遥(はる)かに涼し。

浅くて流れているのが、(目に・見た目に・見て)ずっと涼しい(感じがする)。

こまかなる物を見るに、遣戸(やりど)は蔀(しとみ)の間(ま)よりも明(あか)し。

(また)小さいものを見るのに引き戸(のある部屋は)、蔀のある部屋よりも明るい。

天井(てんじゃう)の高きは、冬さむく燈火(ともしび)くらし。

天井が高いのは、冬寒く、燈火も暗い。

造作(ぞうさく)は、用(よう)なき所をつくりたる、見るも面白く、万(よろづ)の用にも立ちてよしとぞ、人の定めあひ侍りし。

普請(ふしん)は、(普段)何の用に使うというのでもない所を造ってあるのが、見ても面白く、(また)いろいろの役にも立ってよい、と人々が批評し合いました。

徒然草 第55段 現代語訳のみ

 家の造り方は夏を主とするのがよい。

冬はどんな所にも住むことができる。

(しかし)暑い季節に、建て方の劣っている住まいは、我慢できないものである。

(たとえば、庭の遣水【やりみず】など)深い水は(目に・見た目に・見ても)涼しい感じがしない。

浅くて流れているのが、(目に・見た目に・見て)ずっと涼しい(感じがする)。

(また)小さいものを見るのに引き戸(のある部屋は)、蔀のある部屋よりも明るい。

天井が高いのは、冬寒く、燈火も暗い。

普請(ふしん)は、(普段)何の用に使うというのでもない所を造ってあるのが、見ても面白く、(また)いろいろの役にも立ってよい、と人々が批評し合いました。

語句の意味

住まいの建て方について、実用性から説いているのが、この55段です。

〇「遣戸(やりど)」は、引戸(ひきど)のことです。敷居の上を左右に動かして開閉します。

〇「蔀(しとみ)の間」は、蔀のある部屋のことです。

「蔀」とは、雨風を防ぐための戸です。格子の片面に板を張っています。上下二枚に分かれていて、開ける際は、上の方を引きあげます。

「間」とは、柱と柱の間(あいだ)の意から、部屋・室の意となります。

〇「造作(ぞうさく)」は、家を建てること、建築、普請の意です。

「雑記帳」

Posted by 対崎正宏