〇本サイトには、広告が表示されます。

 

 

徒然草 第十一段 神無月の頃 この木なからましかば 現代語訳

#原文,#吉田兼好,#用法,#語句

吉田兼好の徒然草 第十一段 原文と現代語訳、語句の意味・用法を記しています。

原文

 神無月(かみなづき)の頃、来栖野(くるすの)といふ所を過ぎて、ある山里に尋(たづ)ね入る事侍りしに、遥かなる苔の細道をふみわけて、心細く住みなしたる庵(いほ)あり。

木(こ)の葉に埋(うづ)もるるかけ樋(ひ)のしづくならでは、つゆおとなふものなし。

閼伽棚(あかだな)に、菊紅葉(もみぢ)など折りちらしたる、さすがに住む人のあればなるべし。

かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子(かうじ)の木の、枝もたわわになりたるがまはりを、厳しく囲ひたりしこそ、少しことさめて此(こ)の木なからましかばと覚えしか。

原文と現代語訳

 神無月(かみなづき)の頃、来栖野(くるすの)といふ所を過ぎて、ある山里に尋(たづ)ね入る事侍りしに、遥かなる苔の細道をふみわけて、心細く住みなしたる庵(いほ)あり。

①十月の頃、来栖野という所を通って、ある山里に(、ある人の家を)さがし入ることがございました時に、(何人【なんぴと】であろうか、)遥か遠くまで続く苔のむす細い道を踏み分けて、心細そうに住んでいる草庵(そうあん)がある。

②十月の頃、来栖野という所を通って、ある山里に(、ある人の家を)さがし入ることがございました時に、遥か遠くまで続く苔のむす細い道を踏み分けて行くと、(何人【なんぴと】であろうか、)この苔のむす細い道を踏み分けて)心細そうに住んでいる草庵がある。

木(こ)の葉に埋(うづ)もるるかけ樋(ひ)のしづくならでは、つゆおとなふものなし。

木々の落ち葉に埋(うず)もれ(て見えなくなっ)ている筧(かけい)からしたたり落ちる水のしずくでなくては、他に少しも音をたてるものもない。(→ この草庵の主を訪ねる客などいない。)

閼伽棚(あかだな)に、菊紅葉(もみぢ)など折りちらしたる、さすがに住む人のあればなるべし。

閼伽棚に菊や紅葉などを折って、無造作に乱れ挿してあるのは、そうはいうもののやはり(この草庵に)住む人がきっとあるからなのであろう。

かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子(かうじ)の木の、枝もたわわになりたるがまはりを、厳しく囲ひたりしこそ、少しことさめて此(こ)の木なからましかばと覚えしか。

こんな(寂しい)様子でも住んでいることができたんだなあと、しみじみと感じ入って見ているうちに、(ふと気づくと、)向こうの庭に、大きなみかんの木の、枝も曲がるほどに実っているものの周囲を(盗まれないように)厳重に囲ってあったのこそ、いささか興ざめがして、この木がなかったならば(どんなによかったろうに)と感じられた。

注釈

※ 神無月(かみなづき)の頃、来栖野(くるすの)といふ所を過ぎて、ある山里に尋(たづ)ね入る事侍りしに、遥かなる苔の細道をふみわけて心細く住みなしたる庵(いほ)あり。

「遥かなる苔の細道をふみわけて」の動作主は、①草庵の主とも読めますし、②書き手とも読めます。

①十月の頃、来栖野という所を通って、ある山里に(、ある人の家を)さがし入ることがございました時に、(何人【なんぴと】であろうか、)遥か遠くまで続く苔のむす細い道を踏み分けて、心細そうに住んでいる草庵(そうあん)がある。

②十月の頃、来栖野という所を通って、ある山里に(、ある人の家を)さがし入ることがございました時に、遥か遠くまで続く苔のむす細い道を踏み分けて行くと、(何人【なんぴと】であろうか、)この苔のむす細い道を踏み分けて)心細そうに住んでいる草庵がある。

「心細く」は、草庵の主の心情です。これを書き手が推し量っているわけです。

だから、本当は、「心細く」ではなく、「心細げに」と記すべきところ。

現代語訳

①十月の頃、来栖野という所を通って、ある山里に(、ある人の家を)さがし入ることがございました時に、(何人【なんぴと】であろうか、)遥か遠くまで続く苔のむす細い道を踏み分けて、心細そうに住んでいる草庵(そうあん)がある。

②十月の頃、来栖野という所を通って、ある山里に(、ある人の家を)さがし入ることがございました時に、遥か遠くまで続く苔のむす細い道を踏み分けて行くと、(何人【なんぴと】であろうか、)この苔のむす細い道を踏み分けて)心細そうに住んでいる草庵がある。

木々の落ち葉に埋(うず)もれ(て見えなくなっ)ている筧(かけい)からしたたり落ちる水のしずくでなくては、他に少しも音をたてるものもない。(→ この草庵の主を訪ねる客などいない。)

閼伽棚に菊や紅葉などを折って、無造作に乱れ挿してあるのは、そうはいうもののやはり(この草庵に)住む人がきっとあるからなのであろう。

こんな(寂しい)様子でも住んでいることができたんだなあと、しみじみと感じ入って見ているうちに、(ふと気づくと、)向こうの庭に、大きなみかんの木の、枝も曲がるほどに実っているものの周囲を(盗まれないように)厳重に囲ってあったのこそ、いささか興ざめがして、この木がなかったならば(どんなによかったろうに)と感じられた。

語句の意味・用法

かけ樋 → 飲料水を通わせる竹製の樋(とい)です。

おとなふ → ここでは、をたてると、れるの、両方の意をかけています。

閼伽棚 → 「あか」は、梵語(ぼんご)で仏に供える物の意。中国では、仏に供える花や水や香水を入れる容器、仏に供える浄水・香水を意味するようになって、日本では、仏に供える水の意。「閼伽棚」は、簀子(すのこ)の端にある水桶を置く棚。この棚で、仏に供える花や水を扱います。

さすがに → そうはいうものの。

なからましかば → もし~なら(~だったら)の意。ここでは、「ましかば」の下に、「よからまし」(よかろうのに。だが実際は……でなかったからよくなかった)の省略があります。

2024年7月8日「雑記帳」#原文,#吉田兼好,#用法,#語句

Posted by 対崎正宏