動詞 活用の種類 見分け方 簡単な覚え方

活用の種類と活用形   

動詞の活用の種類は、5種類です。

五段活用、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、サ行変格活用

動詞の活用形は、6種類です。

(未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形)

動詞の活用形については、こちら → 動詞の活用形 見分け方をわかりやすく 簡単な覚え方

動詞の活用の種類

 動詞の活用の種類は、五段活用、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、サ行変格活用です。

動詞の活用の種類の基本を理解する

 以下に、動詞「笑う」の活用を記します。

「笑う」の語尾が「わ・い・う・え・お」と変化しているのを確認してください。

ア段・イ段・ウ段・エ段・オ段にわたって変化するので、五段活用といいます。

スマホを横向きにしてご覧ください  

未然形   ・連用形   ・終止形  ・連体形  ・仮定形  ・命令形

笑わ(ない)・笑い(ます)・笑う   ・笑う(人)・笑え(ば)・笑え

笑お(う)

上の例で、太字が動詞「笑う」です。

「ない」、「ます」、「う」=助動詞

「人」=名詞

「ば」=助詞

動詞は、「ウ段」基点にする

 動詞は、言いきりの形(終止形、辞書に載っている形)がウ段です。  

 動詞の活用形は、ウ段を基点にします。  

 ウ段から上に一段、つまりイ段の音を活用語尾に含むものを上一段活用   

 ウ段から下に一段、つまりエ段の音を活用語尾に含むものを下一段活用   

変格活用

 カ行変格活用は、「来る」一語   

 サ行変格活用は、「する」一語  ※ただし、運動する、休憩するというように、「~する」というサ変複合動詞は多数あります。  

口語文法を理解する

 活用語尾に「る」、「れ」、「ろ」が付くのが、口語文法です。  

 口語文法が、現代語文法です。  

※上二段活用、下二段活用は、文語文法です。(文語文法が、古典文法です。)   

動詞の活用の種類の見分け方   

 前述したように、カ行変格活用は、「来る」一語で、サ行変格活用は、「する」一語(サ変複合動詞は、多数あり)ですから、五段活用、上一段活用、下一段活用を見分けます。  

 打ち消しの意志の形にして見分けます。→ 「誰に何と言われようと、私は『~ない』」 

例 

〇誰に何と言われようと、私は「笑ない」 → 「ない」の直前の音が、「ワ」 → ア段 → 五段活用 

〇誰に何と言われようと、私は「ない」  → 「ない」の直前が、「見」 → 「ミ」 → イ段 → 上一段活用  

〇誰に何と言われようと、私は「食べない」  → 「ない」の直前が、「ベ」 → エ段 → 下一段活用  

カ行変格活用は、「来る」一語 

サ行変格活用は、「する」一語 (ただし、運動する、休憩するというように、「~する」というサ変複合動詞は多数あり)

動詞の理解は、意味の関係性の理解

 活用のある動詞は、主語にも述語にも修飾語にもなります。

 また、動詞の活用の理解は、意味の関係性の理解に通じます。動詞が見えれば、助動詞も、助詞も、一語一語が見えてきます。

 力がつけば、わざわざ文法を意識せずとも、形が自然と見え、内容もすばやく捉えられるようになるものです。

品詞分解できる力   

 文章の、ミクロ、マクロの意味・内容の確認は、活用形と活用の種類の理解ができていないと、不十分になります。 

 そもそも、品詞分解できる力は、ミクロ、マクロの重要な視点であり、書く上でも、読む上でも、必須のものです。 

一語一語の意味の存在    

 現代人が古典を読むにおいて、活用形と活用の種類の確認をするのは、内容からだけでは読めないからで、形からも確認していくわけです。

 一語一語の意味の存在の確認です。   

 英語も、文法という形からの確認をしますね。   

 現代国語でそれをやらないのは、読めていると思っているからです。 

 読めているつもり。  

 読めていなければ、いくら多読を吹聴しても駄目です。 

活用形と活用の種類の理解は、読解の力、記述の力そのもの   

 難解な文章の意味が理解できないのは、一語一語の意味とその結びつきが見えていないからで、それは、品詞分解ができないからです。  

 英文、古文、漢文が読めないというのも、まさにそれです。  

 活用形と活用の種類の理解は、単なる知識ではなく、読解の力そのものであり、記述の力そのものなんです。 

2021年3月6日「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」

Posted by 対崎正宏