形容詞、形容動詞の活用 見分け方 品詞の識別

形容詞と形容動詞

形容詞と形容動詞の表す意味は同じです。性質、状態、心情を表します。

形容詞と形容動詞の違いは、活用の違いです。

形容詞の言いきりの形は、「~い」です。

美しい、暑い、寂しい、等等

形容動詞は、「~だ」、「~です」、「~な」と言えます。

変 → 変だ → 変です → 変な

妙 → 妙だ → 妙です → 妙な

形容詞と形容動詞の活用

動詞の活用は、未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形、でした。

形容詞と形容動詞には、命令形がありません。

「ない」が接続するのは、動詞では未然形でした。

「ない」が接続するのは、形容詞、形容動詞では、「連用形」です。

形容詞の活用

※ スマホを横向きにしてご覧ください

未然形   ━━  連用形  ━━  終止形 ━ 連体形  ━━ 仮定形

美しかろ(う)・ 美しかっ(た) ・ 美しい ・ 美しい(人)・ 美しけれ(ば)

         美しく(なる)

         美しく(ない)

※「う」、「た」、「ない」=助動詞、 「ば」=助詞

 「なる」=動詞、 「人」=名詞 

形容動詞の活用

※ スマホを横向きにしてご覧ください

未然形    ━━  連用形  ━━ 終止形 ━ 連体形  ━━ 仮定形

変だろ(う) ・  変だっ(た)・  変だ  ・ (天気)・ なら(ば)

          変に(なる)

          変で(ない) 

※「う」、「た」、「ない」=助動詞、 「ば」=助詞

 「なる」=動詞、 「天気」=名詞

動詞、形容詞、形容動詞の活用の基本

動詞の連用形の接続の基本として、「た・て・ます」を覚えましたね。

形容詞、形容動詞の連用形の接続の基本は、「た・なる・ない」と覚えましょう。

※ スマホを横向きにしてご覧ください

動詞、形容詞は、終止形と連体形が同じ形

動詞 → 彼が笑う。(笑う=終止形)

     笑う人がいた。(笑う=連体形)

形容詞 → 海が美しい。(=終止形)

      美しい海だった。(美しい=連体形)

形容動詞の終止形は「~だ」、「~です」、連体形は「~な」

形容動詞 → 天気が変だ。(変だ=終止形)

       天気が変です。(変です=終止形/丁寧な形)

       変な天気だ。(変な=連体形)

品詞の識別

 品詞の基本内容は、カテゴリー「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」の初回から記してきました。

 ちょっと、ここで品詞の識別をしてみましょう。

次の品詞を答えてください。

① 大きい

② きれい

③ 多い

④ 大きな

⑤ それ

⑥ その

⑦ 些細な(ささいな)

⑧ 微笑(びしょう)

⑨ 微笑む(ほほえむ)

⑩ わずか

解答・解説は、このすぐ下です。

ここ ここ ↓

※スマホを横向きにしてご覧ください

解答・解説

① 大きい = 形容詞 

 → 大きかろう → 大きかった → 大きくなる → 大きい犬 → 大きければ

② きれい = 形容動詞 

 → きれいだ = きれいな

③ 多い = 形容詞 

 → 多い参加者

④ 大きな = 連体詞 

 → 活用しない → 体言のみを修飾 → 大きな犬

⑤ それ = 代名詞 

 → 活用しない → それ(だ) → それ(が)= 主語の形になる

⑥ その = 連体詞 

 → 活用しない → 主語の形にならない → その犬 

⑦ 些細な(ささいな) = 形容動詞 

 → 些細だ

⑧ 微笑(びしょう) = 名詞 

 → 活用しない → 微笑(だ) → 微笑(が) =主語の形になる

⑨ 微笑む(ほほえむ) = 動詞 

 → 微笑ま(ない)→ 微笑み(ます) → 微笑む(人) → 微笑め(ば) → 微笑め

〈 微笑ん(だ)・微笑ん(で)・微笑み(ます)=この連用形の基本型は、「だ・で・ます」〉

⑩ わずか = 形容動詞 

 → わずかだ → わずかな

11品詞の意味・用法は、カテゴリー「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」どうぞ。 ミクロ、マクロのつながりが確認できます。→ サイトマップ