イングリッシュ・ペイシェント 二人だけの愛 

本当の愛と悲しみを知ることが、生きるということ

人間の描き方、かなり深いです。

重い映画です。

ヘビー級です。

本当の愛、生と死、それが描かれているからです。

愛、生、死、それは人生そのものです。

この映画、本当の愛を知らなければ、小さな世界観しか持っていなければ、ただ、反感を持つだけでしょう。

ただ、鼻で笑うだけでしょう。

愛と悲しみの究極は、人生の究極で、そこに死がある

「イングリッシュ・ペイシェント」、愛の究極を描いています。

悲しみの究極を描いています。

愛と悲しみの究極は、人生の究極です。

そこに、あるのは死です。

人生のすべては、愛であり、悲しみなのでしょう。

待ち受けているのは、言わずもがな、死です。

本当の愛を知る

本当の愛を知ることは、おそらくタブーなのでしょう。

それは、生活というものからも離れてしまう恐れがあります。

政治も、経済も、慌てるしかありません。

愛からしたら、くだらぬものになりますから。

自然の美しさは、人間の手が入っていない美しさです。

それは、人間の生活のない美しさです。

生活は、愛を遠ざける要因を含み持っています。

食う、稼ぐという欲です。

幸せのための手段は、いつしか目的化となります。

愛は、いつしか冷め、情となる。

あるいは、言い訳や妥協や嘘になる。

究極の悲しみ

二人の愛は、二人だけの世界です。

そこにあるのは、愛だけです。

求め、求められる純粋な愛。

二人だけの世界は、二人の愛を、二人の絆をより一層強くします。

世間は敵になるのですね。

二人だけの愛は、二人だけのものです。

本当の愛には、いつだって、究極の悲しみがついてまわります。

別れです。

死です。

しかしながら、生きていくことは、知ることであり、考えることです。

本当の愛を知ることは、生きることの究極なのですよね。

何よりも幸せなことです。

この世に生まれ、本当の愛を知ることができる人ばかりはいません。

本当に愛する人と出会えた人生は、幸せでしょう。

そういう愛を知った人生ならば、どん底の悲しみがあっても、幸せといえるのでしょう。

いや、そもそも、他人がとやかく言うようなことではありませんね。

愛は、二人のためにあります。

「イングリッシュ・ペイシェント」、胸が熱くなる映画です。

ヘビー級です。

最高の映画です。

2021年3月6日「映画 おすすめ」

Posted by 対崎正宏