是以 以是 而 漢文・古文を読めるように

「是以」「以是」の「読み」をすぐに知りたい方は、目次の 4.「是以 以是 『読み』答え」 をクリックしてください。

「而」の意味と読み方は、目次の8.2をクリック。

漢文・古文を読めるように

「乱れる」は、古語にはありません。

古語にあるのは、「乱る」です。

「れる」「られる」は、現代語の助動詞です。

「る」「らる」が、古語の助動詞です。

漢文・古文が扱うのは、古語です。古典文法です。

漢文が読めない、と悩む人は多いわけですが、漢文の読み方は、一通りではありません。

語と語の接続に誤りがなければ、何通りかに読めます。

このことに気づくだけでも、古典への視野は広がります。

今回の記事は、漢文・古文を読めるようにするためのものです。

「返り点はわかっているんだけど、そこから先の力がほしい」という人に!

ボリューム、あります。

濃い内容です。

どうぞ何度も何度もくり返し読んでください。

特に、次の記事も併せて、くり返し読んでください。

品詞分解 助動詞の接続 古文が訳せるようになる

る らる 助動詞 意味と見分け方 接続する動詞

れる られる ら抜き言葉 意味の見分け方 用法を例文で 

また、これらの記事と併せて、古文の現代語訳・品詞分解の記事も活用してください。カテゴリー「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」「雑記帳」に、いくつも用意しています。 → サイトマップ 

母語の文法は英文法にもつながる

母語の文法を知ると、英語力にも効果があらわれます。

言葉の扱い方が身につくからです。

英文法がわからないのは、そもそも母語の文法がわかっていないからです。 

文法の概念そのものがないからなんです。

英語は英語で考える、日本語は日本語で考える 

徒然草 第109段 「高名の木登り」から「易経繫辞」

今回の記事の起点となっているのは、徒然草第109段「高名の木登り」の一節です。

徒然草 第109段の原文と現代語訳はこちら

高名の木登り 意味 現代語訳 徒然草 第109段 

徒然草 第109段から、漢文「易経繫辞(えききょうけいじ)」を導きます。

徒然草 第109段の中で、「高名の木登り」の言葉「過ちは、易き所になりて、必ず仕る事」を、吉田兼好は「聖人の誡めにかなへり」と記していますが、この「聖人の誡め」とは「易経繫辞(えききょうけいじ)」の一節とされています。

通じているのは、「油断大敵」「油断は禁物」といった意です。

この「油断大敵」「油断は禁物」、覚えておいてください。読解で使います。

(接続語の「是以」「而」は、「易経繫辞」の一節の中で使われています。「是以」「而」の用法は、「易経繫辞」の解説のところで。)

是以 以是 「読み」問題

「是以」「以是」を、まずは読んでみましょう。

① 是以

② 以是

答えは、このすぐ下です。

ここ ここ ↓

是以 以是 「読み」答え

① 是以 → ここをもって

② 以是 → これをもって

※「是」は、「如是」の「読み」もありますから注意!

 「是クノ如シ」→「是クノごとシ」(かくのごとし)。意味は、「そのとおりです」。

 「如し」(助動詞)が活用すれば、「是クノ如ク」「是クノ如キ」です。

それでは、徒然草 第109段「高名の木登り」の一節「聖人の誡めにかなへり」から入っていきましょう。

徒然草第109段「高名の木登り」の一節「聖人の誡めにかなへり」 

徒然草 第109段

原文

「聖人の誡めにかなへり」

(せいじんのいましめにかなへり)

現代語訳

聖人の戒めにあてはまる

「聖人の誡めにかなへり」の「かなふ」を漢字で書けば「適ふ」です。

古語にしても現代語にしても、ひらがなで書かれている言葉の場合、漢字にすると、意味が捉えやすくなります。辞書はいつも手元に置きましょうね。→ 辞書の使い方 意味の理解  漢字の成り立ちと用法 六書 漢字による思考をわかりやすく解説 )

「適ふ」は、「適合する」「ぴったり合う」といった意です。

易経繫辞(えききょうけいじ)

徒然草 第109段の「聖人の誡め」の「誡め」は、「易経繫辞(えききょうけいじ)」の「君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘乱、是以身安而国家可保」をいっているとされています。

「易経繫辞(えききょうけいじ)」とは、「易経」の説明書きです。「易」の卦(け)、爻(こう)の下に掲げた説明の辞です。  

※スマホを横向きにしてご覧ください

君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘乱、是以身安而国家可保

 ↓

君子安くして危ふきを忘れず、存じて亡を忘れず、治に乱を忘れず、是を以て身安くして国家保つべし。

くんしやすくしてあやふきをわすれず、ぞんじてぼうをわすれず、ちにらんをわすれず、ここをもってみやすくしてこっかたもつべし。

(君子安くして危ふきを忘れず、存じて亡を忘れず、治まりて乱るるを忘れず、是を以て身安くして国家保つべし。)

(━━━━ おさまりてみだるるをわすれず ━━━━。)

 ↓ 

現代語訳

君子は安らかにして危険を忘れず、生き存(ながら)えて死を忘れず、世の治に乱を忘れず、それゆえ身安らかにして国家を保つのがよい。

※このあと、意訳します。

「是以」 それゆえ・こういうわけで

「是以」は、それゆえ・こういうわけで、といった意です。

「前の『説明内容』を指し示し、まとめる」という働きをします。

※スマホを横向きにしてご覧ください

     是以

説明内容  まとめる

━━━━、是以 ━━。

             是ヲ以テ

            ここヲもっテ

━━━━、 ←前の内容を指し示し、後にまとめる→ ━━━━。

                                         

君子は安らかにして危険を忘れず、生き存(ながら)えて死を忘れず、世の治に乱を忘れず      

    || 是以 

身安らかにして国家を保つ                                

「身安らかにして」が、ピンときませんかね。

「説明内容」から導けばいいんです。「説明内容」と「まとめ」は、同じ意味ですから。

「君子は安らかにして危険を忘れず、生き存(ながら)えて死を忘れず、世の治に乱を忘れず」という内容を、「まとめたもの」が「身安らかにして国家を保つ」です。

つまり、「身安らかにして国家を保つ」とは、

 ↓

「身安らかに『いつも注意を怠らないで』国家を保つ」という意。

 ↓

「身安らかに『油断することなく』国家を保つ」という意。

「身」の意味

「身」の意味 → からだ・身体・自身・自分・私自身・身分・分際・地位・立場・まごころ全力生き方・肉・刃など。

「身」とは、「身体」であり、それは「心」であり、「生き方」であり、「全力」です。

「身」は「心」と表裏です。

健康とは、心身の健康ですよね。

「身体」の健康が「心」の健康を支え、「心」の健康が「身体」の健康を支えます。

それにより、「まごころ」をもって「全力」で生きることができます。

やがて、それが「生き方」になります。

「身安らか」

「身安らか」とは、「全力」であり、「生き方」です。

「身安らか」=「全力」「生き方」の説明として、「君子は安らかにして危険を忘れず、生き存(ながら)えて死を忘れず、世の治に乱を忘れず」はあります。

「身安らかに」は、「いつも注意を怠ることのない生き方」であり、「懈怠(けたい)のない生き方」です。

※「懈怠」の対極にあるのが、「精進(しょうじん)」です。

「可」の意味

「可」の意味  

①「できる」という能の意味。

②「してもよい」「するのがよい」という許・当然の意味。

③いけない、よくないの不可ではなく、「よい」「まあよい」という、優・良・の「」の意味。

今回の「可」は、②の許可・当然の「可」の意です。「~するのがよい」の意味です。

意訳

※スマホを横向きにしてご覧ください

「君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘乱、是以身安而国家可保」

 ↓

君子安くして危ふきを忘れず、存じて亡を忘れず、治に乱を忘れず、是を以て身安くして国家保つべし。

君子安くして危ふきを忘れず、存じて亡を忘れず、治まりて乱るるを忘れず、是を以て身安くして国家保つべし。

 ↓

君子は安らかにして危険を忘れず、生き存(ながら)えて死を忘れず、世の治に乱を忘れず、それゆえ身安らかにして国家を保つのがよい。

 ↓

意訳

君子は無事でいるときでも危険の起きるときの準備を怠らない、日常を生きているときでも死が訪れるときの準備を怠らない、太平の世のときでも乱世となるときの準備を怠らない、こういうわけで、いつも注意を怠ることなく(油断することなく・油断大敵で・懈怠なく・全力で・精進して)国家を維持していくのがよい。

※「君子」とは、人格の立派な人、徳が高くて品位のそなわった人、人格者です。

治に居て乱を忘れず

治に居て乱を忘れず」、ご存知でしょうか。

「易経繫辞」の、この「君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘乱、是以身安而国家可保」からの言葉です。

「治に居て乱を忘れず」とは、太平の世にあっても、乱世となった場合の準備を忘れない、いつでも万一のときの用意を怠らない、といった意です。

徒然草第109段「高名の木登り」

高名の木登り 意味 現代語訳 徒然草 第109段

で、徒然草第109段「高名の木登り」です。

「過ちは易き所になりて、必ず仕る事」

「高名の木登り」がいう言葉を、吉田兼好は「易経繫辞」の一節と重ねた(とされている)わけです。

そうして、「聖人の誡めにかなへり」と記します。

「油断大敵」「油断は禁物」「油断は怪我の基(もと)」である。

「是以」と「以是」の解説 

「是以」「以是」は、接続の語です。前に(上に)記されている説明内容を指し示し、後で(下で)まとめていく形をとります。  

※スマホを横向きにしてご覧ください   

「是以」は、上から下に(前から後に)「ここヲもっテ」と読みます。   

「以是」は、下から上に(後から前に)返って「これヲもっテ」と読みます。    

注意してください   

「是以」→「ここヲもっテ」の「是」の読みは、「ここ」です。    

「以是」→「これヲもっテ」の「是」の読みは、「これ」です。    

「是以」→ ここヲもっテ → 「是(ここ)」は、前に述べられている抽象的(観念的)な内容を指し示します。   

「以是」→ これヲもっテ → 「是(これ)」は、前に述べられている具体的な内容(事物など)を指し示します。   

※スマホを横向きにしてご覧ください

「是」で指し示し、「以」でつないでいく

「君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘乱、是以身安而国家可保」

この一節を例にすれば、「是」の指し示している内容は、「君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘乱」です。

「是以」は、「是」で指し示し、「以」でつないでいるんです。

抽象的【観念的】な内容を指し示し、それを下でまとめていくことになるので、奥の深い内容になっていくんですね。

漢文の奥の深さは、漢字一字一字の奥の深さであり、書き手の思考の深さです。

置き字「而」 読むか読まないか

「而」は、置き字です。

置き字ですから、訓読せず、送り仮名を付けなくてもOKです。

※訓読で、漢字の右下に付すカタカナが「送り仮名」です。再読の際は、左に付します。

※スマホを横向きにしてご覧ください

先ほど、「治而不忘乱」を、2通りの読み方で示しましたよね。

一つの読み方は、「而」を訓読しない読み方です。

→ 「治に乱を忘れず」 

→ 「」を訓読しなかったのは、「治」を名詞として読んだからです。意味が壊れなければ、このような読み方をしてもOKです。

→ 「治」と「乱」の関係から、「治」は「ニ」を付して読みます。

  漢字と漢字の関係性、意味の関係性から、「ハ」「ニ」「ヲ」「テ」を付します。日本語にするわけです。

  主語、目的語、補語、といった漢字の関係性を示すんです。

→ 「治」ニ「乱」ヲ忘レズ

もう一つの読み方は、「」を訓読する読み方です。

→ 「治」を動詞として読めば「治まりて乱るるを忘れず」となります。この場合、「」を「テ」と訓読し、送り仮名「テ」を付します。もちろん、この読み方でもOKです。

原文の意味が壊れなければ、上記のどちらの読み方でも良いのです。

多くの人が、これで混乱するんですよね。前に見た本では、違う読み方をしていたとか、句点が読点になっていたとか、主語の「ハ」があったとか、なかった」とか。

原文の意味が壊れなければ良いのです。

意味が壊れないというのは、原形が壊れないということで、書き方が壊れないということです。

活用のあるものは、活用の種類と活用形が壊れないということです。

だから、でたらめな読み方は、原形(書き方)を壊す読み方で、根本(こんぽん)の意味を壊す読み方になってしまうんです。これは、現代文も、古文も、英語も同じことです。

古語と現代語は違う 活用にも注意

漢文・古文で扱うのは古語です、文法は古典文法に従います。

※スマホを横向きにしてご覧ください

「治而不忘乱」 古語・動詞の活用に注意

「治而」

「治」

→ 「治める」は現代語です。古文・漢文においては通用しません。

→ 古語は、「治まる」

→ 「治まる」を「而(て)」に接続させるには、連用形にします。 

→ 「治まる」は、ラ行四段活用動詞です → ら・り・る・る・れ・れ → 治まら・治まり・治まる・治まる・治まれ・治まれ

→ 「治まる」の連用形は、「治まり」

→ 「治まりて」

※「乱」の接続は、やや難し目です。でも、何度も何度もくり返し読めば、間違いなく、力がつきますよ。

「乱」

「乱る」

→ 「乱れる」は現代語です。古文・漢文においては通用しません。

→ 古語は、「乱る」

→ 「不忘乱」

→ 「忘れず」と「乱る」との関係性を確認します。 

→ ~ヲ忘れず 

→ 「乱る」には、「ヲ」を送り仮名として、「忘れず」に接続させます。(注意してください! このままの形で接続できませんよ。活用形に注意!)

→ この「ヲ」は格助詞です。

→ 格助詞は、体言・連体形と接続します。

→ 「乱る」を連体形にします。

→ ここの「乱る」は自動詞の「乱る」です。 → ラ行下二段活用 → れ・れ・る・るる・るれ・れよ → 乱れ・乱れ・乱る・乱るる・乱るれ・乱れよ

(※他動詞の「乱る」は、四段活用です → ら・り・る・る・れ・れ)

(ここでは、「世乱る」というように「」だから、「自動詞」。「世が人心乱る」のように「」なら、「他動詞」。)

→ 「乱る」の連体形 → 「乱るる」

→ 「乱るる」ヲ

→ 「乱るる」ヲ「忘れず」

「治而不忘乱」

「治まり乱るる忘れず」

「而」 順接と逆接の意味 

「而」は、訓読しても、しなくても、順接・逆接の意は表します。  

順接の際は、順接の助詞「て」を送り仮名としてつけます。  

逆接の際は、逆接の助詞「ど」「ども」「も」を送り仮名としてつけます。  

順接か、逆接かは、文章の内容からの判断になります。

而 テ・(シ)テ ・(ニシ)テ  読み方のコツ

意味は、基本的に、上から下に(前から後に)流れていきます。この上から下への意味の流れが「見える」ようになれば、漢文は読めます。

「而」の順接の基本は、「テ」です。上から下に(前から後に)内容をつなぎます。

この基本が接続する語によって変化します。

「日本語読み」をするための変化です。

※スマホを横向きにしてご覧ください

○ 動詞の連用形 +「而」 → ~テ

○ 形容詞・形容動詞の連用形 +「而」 → ~シテ

「して」= サ変動詞「す」の連用形の「し」+(接続助詞)「て」 → して

「シテ」で一語化しています。

この「シテ」は、接続助詞にも、格助詞にもなります。

○ 名詞 +「而」 → ~ニシテ

「にして」= 格助詞「に」 + 格助詞「して」 

(この格助詞「して」は、サ変動詞「す」の連用形の「し」+(接続助詞)「て」の「して」が一語化して、格助詞となったものです。)

「にして」= 格助詞「に」 + サ変動詞「す」の連用形の「し」+(接続助詞)「て」 → して

「にして」= 断定の助動詞「なり」の連用形「に」+「して」 → にして

「ニシテ」で一語化しています。

だから、「は、以下のいずれの読み方でもOKです。

「安くして

「安し」(形容詞) → 連用形「安く」 + 而 → 安く + し  て → 安くして 

「安らかにして

「安らかなり」(形容動詞) → 連用形「安らかに」+ 而 → 安らかに + し  て → 安らかにして

「安にして

→ 「安」(名詞) → 「安」+「而」 → 安 +  +  +  → 安にして

「存不忘亡」

→ 「存じ亡を忘れず」

動詞「存ず(ぞんず)」→ 連用形「存じ」+ 而 → 存じ 

読み方のコツともいえるのは、意味の成り立ちの理解です。

それは、書き方であり、一語の存在です。  

どうぞくり返し読んでください。

「見える」ようになる日が必ずきます。

君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘乱、是以身安而国家可保

「君子安而不忘危、存而不忘亡、治而不忘乱、是以身安而国家可保」

君子安くして危ふきを忘れず、存じて亡を忘れず、治に乱を忘れず、是を以て身安くして国家保つべし。

君子は安らかにして危険を忘れず、生き存(ながら)えて死を忘れず、世の治に乱を忘れず、それゆえ身安らかにして国家を保つのがよい。

君子は無事でいるときでも危険の起きるときの準備を怠らない、日常を生きているときでも死が訪れるときの準備を怠らない、太平の世のときでも乱世となるときの準備を怠らない、こういうわけで、いつも注意を怠ることなく(油断することなく・油断大敵で・懈怠なく・全力で・精進して)国家を維持していくのがよい。