閑さや岩にしみ入る蝉の声 場所と解説 「奥の細道 立石寺」現代語訳 

閑さや岩にしみ入る蝉の声 意味 

閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずかさやいわにしみいるせみのこえ) 松尾芭蕉(まつおばしょう)

この句がつくられた場所は、山形の「立石寺(りっしゃくじ)」。

「山寺」は、「立石寺」の俗称です。

意味

周囲の岩々にしみ入っていく蝉の声が、山寺の閑さを一層深めている。心は静かに澄みゆくばかりである。

季語は「蝉の声」で、季節は「夏」。 

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」は、山形の立石寺参詣の折の句です。

「奥の細道」所収です。

「奥の細道『立石寺』」を読んだ上で、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」を味わってみましょう。

「奥の細道『立石寺』」 原文

山形領に立石寺(りゅうしゃくじ)といふ山寺あり。

慈覚大師の開基にして、ことに静閑の地なり。

一見すべきよし、人々のすすむるに依て、尾花沢よりとつて返し、その間七里ばかりなり。

日いまだ暮れず。

ふもとの坊に宿かりおきて、山上の堂に登る。

岩に巌(いはを)を重ねて山とし、松柏(しょうはく)年旧(としふり)、土石老いて苔(こけ)なめらかに、岩上(がんしよう)の院々扉を閉て物の音聞こえず。

岸を巡り岩を這て仏閣を拝し佳景(かけい)寂寞(じゃくまく)として心すみゆくのみ覚ゆ。

閑さや岩にしみ入る蝉の声

「奥の細道『立石寺』」 現代語訳

山形領に立石寺という山寺がある。

慈覚大師の開山(かいさん)で、とりわけ(俗事から離れ)清く静かな地である。

(立石寺を)一度、見るのがよいこと、人々が(そう)勧めるので、(私【たち】は)尾花沢から取って返し、その間(かん【尾花沢から立石寺の距離】)、七里ほどである。

(立石寺に到着、)日はまだ暮れていない。

麓(ふもと)の僧坊に宿を借りておいて、山上の堂にのぼる。

岩に巌(いわお)を重ねて山とし、(ここの)松や柏は歳月を経て老木となり、(ここの)土石は古びて苔もなめらかで、岩の上の寺の建物はみな扉を閉めていて、物のたてる音は聞こえない。

崖(がけ)を巡り岩を這って、仏堂を拝み、佳景(かけい)は寂寞(じゃくまく)にして、心が澄みゆくのを覚えるばかりである。

閑さや岩にしみ入る蝉の声

(できるだけ、原文に合わせて訳しています。)

「奥の細道『立石寺』 語句の説明

○「山」とは、「寺」の意です。

「開基」=「開山」= 寺院の創立   

○「奥の細道」の旅には、河合曾良(かわいそら)が随伴しています。

○「僧坊」= 僧や尼が起居する寺院付属の家屋   

○「松・柏(しょう・はく)」= 松や柏の木  

 「柏」とは、ヒノキ・サワラ・コノテガシワなどの常緑樹のことで、これを古来、「かしわ」と訓(よ)みならわしていました。  

※「訓む」とは、漢字に国語をあててよむことです。つまりは、訓読みのこと。

○「佳景」とは、佳い景色のこと。すばらしい景色のこと。

○「寂寞(じゃくまく・せきばく)」とは、ものさびしくひっそりとしていること。

※「閑寂(かんじゃく)」は、「寂(さび)」であり、これは「蕉風」の理念のひとつです。

蕉風の理念、「わび」「さび」「しおり」「ほそみ」等についてはこちらをどうぞ→ 芭蕉の作品と「俳句」と「発句」と「俳諧の連歌」の基礎知識    「芭蕉の俳諧理念」の項で、簡単に記しています。 

閑さや岩にしみ入る蝉の声 解説

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」は、すんなりと、できあがったわけではありません。

初案はこれです

「山寺や石にしみつく蝉の声」

(「俳諧書留」に所収)

そうして次にこれ

「寂しさや岩にしみ込む蝉の声」

(「初蝉」に所収)

「山寺や岩にしみつく蝉の声」「寂しさや岩にしみ込む蝉の声」によって、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の内容がより鮮明になります。

三つの句に、文字の違いはあれど、その中身、芭蕉が表現しようとしたものは同じだからです。

芭蕉が表現したかったもの、それは「寂(さび)」。

「閑寂(かんじゃく)」です。

「や」という「切れ字」

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

この句には、切れ字の「や」があります。

切れ字は、世界(意味)をつくります。

「閑さ岩にしみ入る蝉の声」という句の世界(意味)は、「閑さ」です。

初案から成案までの「や」という「切れ字」から、「世界(意味)」を確認してみましょう。

「山寺石にしみつく蝉の声」

「寂しさ岩にしみ込む蝉の声」

「閑さ岩にしみ入る蝉の声」

「山寺や」 → 「寂しさや」 → 「閑さや」

これは、「山寺」=「寂しさ」=「閑さ」ということです。

「山寺」の世界は、「寂し」く、「閑(しずか)」な世界なのです。

芭蕉がこの句で訴えたかった最たる意味、世界です。

「蝉の声」  

「山寺や石にしみつく蝉の声

「寂しさや岩にしみ込む蝉の声

「閑さや岩にしみ入る蝉の声

初案から成案の三つの句はすべて、「蝉の声」という体言で止められています。

「蝉の声」が強調されているんですね。

実際、「蝉」は鳴いているんです。

この「蝉の声」は、「世界」の中にあります。

「閑寂の山寺」という「世界」の中に。

「閑寂の山寺」という「世界」は、芭蕉の思考・心が、つくりだしている「世界」です。

別角度からいえば、この「世界」は、「山寺」が芭蕉につくりださせている「世界」です。

芭蕉の心は、「山寺」によって、澄んでいます。

「閑寂」の心。

岩に巌を重ねて山とし、松柏年旧、土石老いて苔なめらかに、岩上の院々扉を閉て物の音聞こえず。

岸を巡り岩を這て仏閣を拝し佳景寂寞として心すみゆくのみ覚ゆ。

閑さや岩にしみ入る蝉の声

「蝉」は鳴いています。

芭蕉は、その「蝉の声」をたしかに聞いています。

しかし、「閑(しずか)」である。

「閑さや」という世界は、芭蕉の澄んだ心なんです。 

「岩にしみ入る」

実際の周囲の世界は、「岩」です。

「岩に巌を重ねて」います。

「閑さや」という世界は、芭蕉の澄んだ心の「世界」です。

つまり、芭蕉の心は、実際の「世界」と一体化しているんです。

だから、芭蕉がたしかに聞いてはいる「蝉の声」も「岩にしみ入る」。

一体化する。

境界がない。

「閑さや」の「世界」は、「岩」から成る「山寺」であり、その「閑寂」であり、芭蕉の澄んだ心です。

山寺や石にしみつく蝉の声」=「寂しさや岩にしみ込む蝉の声」=「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

「世界」 = 「山寺」 = 「寂しさ」 = 「閑さ」 = 芭蕉の澄んだ心

「しみいる」 si/mi/i/る

さらに、芭蕉のブラッシュアップを確認します。

「音(おん)」です。

「山寺や石にしみつく蝉の声」

「寂しさや岩にしみ込む蝉の声」

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

「しみつく」→「しみ込む」→「しみ入る」

なぜ、芭蕉は、最終的に「しみ入る」を選んだのか。

これも、「世界」の一体化のためでしょう。

境界をつくらない。

「音」の凸凹(でこぼこ)をつくらないんです。

「しみつく」=「しみ」+「つく」

「しみ込む」=「しみ」+「こむ」

「しみ入る」=「しみ」+「いる」

「しみ」は共通していますね。

みな、動詞ですから、語尾は、ウ段です →「(しみつ)く」「(しみこ)む」「(しみい)る」」→「く」「む」「る」→ ウ段

違いは、「しみ」と接続する「音」です。

「しみ・つく」では「つ」、「しみ・こむ」では「こ」、「しみ・いる」では「い」です。

「つ」はウ段、「こ」はオ段、「い」はイ段。

「しみ」の、「し」・「み」は、イ段・イ段です。

イ段で続けられるのは、「いる」の「い」です。

「し・み・い」る。

「イ段・イ段・イ段」ウ段。

(「し・み・つ」く →「イ段・イ段・ウ段」ウ段

 「し・み・こ」む →「イ段・イ段・オ段」ウ段)

同音が続くほうが、「一体化」を表しやすい。

短歌においても、発句、俳句においても、音の響きがもたらす効果は大きいんです。

崖を巡り岩を這て仏閣を拝し佳景寂寞として心澄みゆくのみ覚ゆ 閑さや岩にしみ入る蝉の声

原文

岩に巌を重ねて山とし、松柏年旧、土石老いて苔なめらかに、岩上の院々扉を閉て物の音聞こえず。

岸を巡り岩を這て仏閣を拝し佳景寂寞として心すみゆくのみ覚ゆ。

閑さや岩にしみ入る蝉の声

(ここでは、前述の「現代語訳」よりも語調を整えて訳しています。語調とは「音(おん)」です。)

岩に巌を重ね山とし、松柏は歳月経て老木に、土石は古び苔なめらかに、岩上の寺院はみな扉を閉じ、物音聞こえず。

崖を巡り岩を這い、仏堂を拝み、佳景は寂寞とし、心澄みゆくのを覚えるばかり。

閑さや岩にしみ入る蝉の声

芭蕉、山形領立石寺参詣の折の句です。

夏草や兵どもが夢の跡 松尾芭蕉 「奥の細道」平泉 俳句 前書からの読解   

奥の細道のルートはこちら → 五月雨や大河を前に家二軒 五月雨をあつめて早し最上川  

古池や蛙飛びこむ水の音 解説 その意味と魅力  

分け入っても分け入っても青い山 意味 種田山頭火を読み解く