手紙の書き方 前略 拝啓 謹啓 頭語と結語はこれだけで大丈夫

手紙の定型を知る

手紙には、定められた書き方の型があります。

(本来、礼を表す手紙は、縦書きですので、ご注意を。

ここでは、横書き表記で、申し訳ありません。

もちろん、親しい人に、横書きで、以下に記すような型の手紙を送るのは、何ら問題ないことです。)

手紙の定型 言葉の配置を確認

「拝啓」や「前略」を「頭語」といいます。

「敬具」や「草草」を、「結語」といいます。

ここでは、まず「頭語」と「結語」から、説明していきます。

下に「手紙の定型」の図を示しますので、「頭語」「結語」の位置を確認してください。

それから、言葉の配置で注意すべきは、「後付」と呼ばれる、日付自分の名前相手の名前です。

自分の名前は、下方に記します。

日付自分の名前の順番が間違えやすいところです。

(図)手紙の定型 

※スマホを横向きにしてご覧ください

(図)手紙の定型

頭語 前文(時候のあいさつ等)

主文(伝えたい内容)

末文(相手を気遣う言葉、今後の指導のお願い等)   結語

 日付

                       自分の名前

相手の名前

副文  

※副文、とは、「追伸」、「追記」です。礼を表す手紙の場合、副文は記しません。

「時候のあいさつ」はこちらをどうぞ → 時候の挨拶 一覧 月別の例文 そのまま使える 

頭語と結語の組み合わせ 

では頭語と結語についてです。 

手紙の書き出しの語を、頭語、といいます。 

拝啓、前略、といった語は、頭語です。 

この頭語に対して、手紙の結びの語を、結語、といいます。 

敬具、草草、といった語は、結語です。 

これら、頭語と結語は、それぞれ組み合わせが定められています。

頭語と結語の組み合わせは、これだけで大丈夫 

※下の図は、スマホを横向きにしてご覧ください。

謹啓 ━━ 謹白         特に改まった手紙

拝啓 ━━ 敬具         改まった手紙

前略 ━━ 草草         取り急ぎのお礼の手紙・親しい人への手紙

手紙の頭語と結語の知識においては、上の三組を使い、そして使い分けられれば、十分です。 

他にも、頭語と結語の組み合わせは多多あるんですけど、あまりに儀礼的になるのも、心が感じられなくなってしまう恐れがあります。  

手紙の要は、伝える内容であり、心です。

相手への思いです。 

思いは、言葉ですからね。

手紙は、自分自身の思いを、言葉に表せてこそです。

さらなる使い分けについてはこちらをどうぞ → 手紙の書き出しと結び 使い分け 一覧 

「そうそう」は、「草草」だけではない

ところで、「拝啓」の結語に、「草草」は使えません。

「草草」は、「前略」の結語です。

その「草草」、表記の上で、他にも「そうそう」があります。

「怱怱」とも、「匆匆」とも、記せます。

というのも、「草草」、「怱怱」、「匆匆」は、みな、「取り急ぎ、走り書きしました」という同じ意味なんです。

だから、どの表記をしても、「前略」の結語として成立します。

「々」は、漢字ではなく、「上に同じ」という意  

冒頭にも記しましたが、礼を表す手紙は、本来、縦書きです。

そもそも、日本の文字は、縦書き表記としてあります。  

「草々」の「々」は、「踊り字」というもので、漢字ではありません。

「々」は、「上に同じ」という意味で、「々」単独では、ふりがなをふることもできないんです。 

「々」は、日本語表記で扱うものなので、縦書きで使用するのが本来であるわけなんですが、その知識を持っている人ばかりではないので、横書きでの使用も多多見受けられますね。

通用してしまっている、ということです。

言葉は、時の流れの中で、今を生きる人間によって使われるものなんですね。

女性は、結語に「かしこ」を使える

女性であれば、結語に、「かしこ」という言葉を使うことも可能です。

この「かしこ」は、「謹啓」、「拝啓」、「前略」、どの頭語でも、使えます。

というのも、「かしこ」を、漢字で記せば、「恐」、「畏」、「賢」で、「恐惶謹言(きょうこうきんげん)」と同じ意味なんです。

「恐惶謹言」とは、丁寧語「候(そうろう)」を使った手紙で記す結びの言葉で、「恐れかしこみ、謹んで申し上げる」意です。

(くりかえしますが、「かしこ」は、一般に、女性が使う結語です。

一般、とは、歴史、慣習から成り立つものです。

実は、言葉、文字、というものには、男女差別の影があるんです。

それは、歴史です。

長い歴史から成っているのが、言葉であり、文字です。

言葉、文字は、歴史そのものなんです。)

謹啓、拝啓には、前文を記す

「謹啓」、「拝啓」を記す場合には、「前文」が必要です。

「前略」の場合は、省略します。

「前略」とは、「前文」を「略」す意なんです。

「前文」とは、時候のあいさつ等の内容の文です。

以下のようなものですね。

「貴社、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」

「残暑の候、貴社、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」

「末文」は、必ず記す

「謹啓」でも、「拝啓」でも、「前略」でも、「末文」は必ず記しましょう。

「末文」の例は、以下のようなものです。

「向暑の候、いっそうのご自愛をお祈り申し上げます。」

「略儀ながら、書中をもってご挨拶申し上げます。」

「まずは、お礼まで。」

相手があっての手紙であり、内容があっての、「末文」です。

「末文」も、内容、相手に合わせて書きましょう。

礼を失しないように、ということです。

相手を思いやる気持ちが大切です。

「ご自愛ください」に要注意

「末文」のよくある間違いに、「お体ご自愛ください」があります。これは、間違いです。

「自愛」とは、「自ら、その身を、愛す、大切にする」という意です。

「自愛」の語の中に、「体」の意味は入っているんです。

だから、「体」と「自愛」という語を、一緒に使ってはいけません。

「ご自愛ください」と記すか、「お体を大切になさってください」と記すかです。

年賀状や暑中見舞いで、頭語、結語は使えない

念のためで、記しておきますが、

年賀状や暑中見舞いで、「頭語」、「結語」は使いません。使えません。

「相手への思い」

どのような手紙にしても、メールにしても、相手への思いを、言葉にする、ということが大事です。

その思いが、相手に伝われば、書式が間違っていようが、誤字、脱字があろうが、構わない、と僕は思っています。逆に、巧言令色はいただけません。

でも、形も中身もしっかり揃えるのが、大人の仕事なんですよね。

こちらもどうぞ

時候の挨拶 一覧 月別の例文 そのまま使える 

「恐れ入ります」の書き方とその意味 ビジネスメール 

手紙の書き出しと結び 使い分け 一覧

2021年6月21日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏