直喩、隠喩、例文とともに 読解と記述をわかりやすく

喩(たと)えの表現

「喩え」の表現は、強調の効果があります。

 だから、

 読解の際には、何を強調しているのかを読み取る。

 記述の際には、何を強調するのか、意図を持つ。

 それが、大切です。

 ここでは、代表的な「喩え」の表現技法である、直喩(ちょくゆ)と隠喩(いんゆ)を説明します。

 なお、直喩は明喩(めいゆ)ともいい、隠喩は暗喩(あんゆ)ともいいます。

直喩(ちょくゆ)

「まるで」、「あたかも」、「さながら」、「ような」、「ごとく」、「みたいな」等等、そのいずれかの言葉を使っての喩えを、直喩といいます。

〇 彼は、鬼のようだった。

〇 そこは、さながらパラダイスだった。

〇 まるで、彼女は、マーメイドみたいだった。

隠喩(いんゆ)

「まるで」、「あたかも」、「さながら」、「ような」、「ごとく」、「みたいな」等等の言葉を使わずに喩えるのが、隠喩です。

〇 彼は鬼だった。

〇 そこはパラダイスだった。

〇 彼女はマーメイドだった。

何を強調しているのか

 喩えの表現技法で注意すべきは、強調しているものは何か、ということです。

 さらにいえば、何をいいたのか、何を訴えたいのか、ということです。

 自身で「書く」際にも、それを理解していなければ、前後と意味のつながらない、妙な文章となってしまいます。

 上記の例文で、「書き手」は、何を強調したいのでしょう。

 何をいいたいのでしょう。

 

内容の確認

例文は、何を強調していたのか。

「書き手」は、何をいいたいのか。

例文の内容を確認してみましょう。

上記の直喩と隠喩は、同じ内容の文です。

だから、強調している内容は同じになります。

まず、強調している文字を確認し、次に、「書き手」がいいたいことを示します。

〇 彼は、鬼のようだった。 = 彼は鬼だった。

強調している文字 → 「彼」

いいたいこと 

→ 「彼は、鬼のように」何なのか。

→ 「鬼」の意味を、自分の言葉で表すことが重要です。その際、「ような」、「みたいな」といった言葉を使ってはいけません。「鬼」そのものの意味をだすんです。

→ 「鬼」 = 恐ろしい、怖い。

→ 彼が恐ろしかったということ。

  彼が怖かったということ。

〇 そこは、さながらパラダイスだった。 = そこはパラダイスだった。

強調している文字 → 「そこ」

いいたいこと 

→ 「パラダイス」の意味をだします。

→ 「パラダイス」 = 悩みや苦しみのない楽しい所。

→ そこはすばらしい所。

  そこは楽しい所。

〇 まるで、彼女は、マーメイドみたいだった。 = 彼女はマーメイドだった。

強調している文字 → 「彼女」

いいたいこと

→ 「マーメイド」の意味をだします。

→ 「マーメイド」 = 人魚 = 美しい、泳ぎが上手。生魚を好む?

→ 彼女は美しいということ。

  彼女は泳ぎが上手であるということ。

いつでも、主語の確認は重要

 上記の例文でもわかるように、どのような書き方をしていても、主語になる言葉は、キーとなります。

 いつでも、主語の確認は重要なんです。

 意味を生みだす主体となるものですからね。

内容の理解

どのような表現技法においても、何を強調しているのかを理解することが大切です。

直喩も、隠喩も、AをBに喩(たと)えるのなら、Aが強調されます。

AはBのようだ。

上記の例文は、次のような直喩や隠喩にもなります。

〇 鬼のような彼だった。 = 鬼の彼だった。

〇 さながら、パラダイスのような地だった。 = パラダイスの地だった。

〇 マーメイドみたいな彼女だった。 = マーメイドの彼女だった。

 ここであげた例は、すべて一文でしたが、文章中での、直喩、隠喩は、その前後の文との関わりから、強調の意味が決定されます

 文章の意味の流れに注意しましょう。

 

直喩の扱いの難しさ

 直喩は、わかりやすい書き方という言い方もできますし、幼稚な書き方という言い方もできます。

 それは、扱いが難しい、ということでもあります。

 使い古された直喩は、感動を生みませんしね。

 しかしながら、適切な箇所で、うまい直喩が書ければ、感動は大きいんです。扱いが難しいという所以(ゆえん)です。

「~ようだ」の解説はこちら → 助動詞 ようだ 識別 例文で意味と用法から読解、記述まで

擬人法を例文で、意味と読み取り方を解説 比喩(直喩、隠喩)との区別

象徴の意味と例 隠喩との違い 高村光太郎「ぼろぼろな駝鳥(だちょう)」を読み解く

メタファー

隠喩は、多くの書き手が目指す書き方です。

あからさまに書くことは、恥ずかしいですからね。

できるだけ書かないところに、 意味を深く置くのが、力のある書き手です。

それを読み取るのは、読み手の務めです。

隠喩は、「メタファー」ともいいます。

その言葉も、最近では、ずいぶん多くの人に馴染んでいるようです。

おそらくは、村上春樹さんの人気によるものですね。  

(拙著『大人の「読む力」』では、村上春樹さんの『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の解説もしています。)