日本語の文法の知識がゼロでも大丈夫。基礎から、やさしく解説します。そうして、文法を単なる基礎知識で終わらせることなく、読解、記述に生かせるように導きます。初回からが、基本内容になります。続けて読むことで、理解が深まります。意味の連続性を、文法から学んでいきましょう。なお、図解は、スマホを横向きにしてご覧ください。古典の現代語訳については、できるだけ原文に合わせて、しっかりとした訳を記しています。
Thumbnail of post image 046

「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」#若紫 #出会い #尼君 #紫式部

源氏物語 若紫との出会い 垣間見 その3 原文  つらつきいとらうたげにて、眉(まゆ)のわ ...

Thumbnail of post image 181

「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」#古典 #和歌 #口語訳

掛詞とは 掛詞  → 同音異義を利用して、一つの語に、二つ以上の意味を持たせたもの。 →  ...

Thumbnail of post image 102

「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」#御袴着 #紫式部

源氏物語 桐壺 その6 原文 この御子三つになり給ふ年、御袴着(おんはかまぎ)の事、一の宮 ...

Thumbnail of post image 198

「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」#主語 #主題 #意味 #書き方

主語の「が」「は」 代表的な主語の形です。 今回、特に、「は」の表す主題・題目・テーマ、そ ...

Thumbnail of post image 178

「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」#古文 #源氏物語 #紫式部

母君はじめより 源氏物語 桐壺 その4 原文 母君はじめよりおしなべての上宮仕(うへみやづ ...