れる られる ら抜き言葉 意味の見分け方 用法を例文で

れる られる 見分け方

助動詞「れる」「られる」は、受身、尊敬、可能、自発、といった意味を持っています。

意味を見分けるには、「れる」「られる」と接続している動詞(動作)に注目しましょう。

そうして、その動作主をおさえましょう。

例文を使って、その見分け方を確認していきます。

受身 

彼女は、不審(ふしん)な男に、好奇の目で見られた。

→ 「見る」動作をしているのは「彼女」ではありません 

→ 「見る」動作をしているのは「不審(ふしん)な男」です。

→ 彼女は、「見る」動作を受けています 

→ 「られ」は受身の意味

尊敬 

先生は、やさしい眼差しで、私を見られた。  

→ 「見る」動作をしている人が、尊敬する人物です 

→ 「られ」は尊敬の意味

可能 

弟は、丘の上から、ようやく、川を見られた。

→ 「見る」動作をしているのは、尊敬する人物ではありません 

→ 「見られた」は、「見る」ことができたと置きかえられます 

→ 「られ」は可能の意味

自発 

蘭子は、銀太郎がしていたエリザベス・カラーを見ると、いつも彼のことが案じられた。

→ 「られ」が接続している動詞(「案じ」)が、心情を表す動詞です 

→ 自然と~(さ)れるの意味となっています 

→ 「自発」とは、自然と起こる意です 

→ いつも(自然と)彼のことが案じられた 

→ 「られ」は自発の意味

自発の「れる」、「られる」が接続する動詞は、主として、心情を表す動詞です。

 

思う、思い出す、感じる、案じる、心配する、悟る、偲(しの)ぶ、等等

 

思われる、思い出される、感じられる、案じられる、心配される、悟られる、偲ばれる、等等

 自発は、多くの場合、自然とそうなるための、条件、原因が記されます。

 上記の例でいえば、「蘭子は、銀太郎がしていたエリザベス・カラーを見る」が条件(原因)です。

 その条件(原因)から、「蘭子は」「彼のことが案じられ」ることになるのです。

「れる」「られる」 意味の識別の一例

 助動詞「れる」、「られる」の意味は、接続している動詞からだけでは判断できません。文の意味、あるいは、前後の文の意味から判断しましょう。

 実際に、次の①~③の例文から確認してみます。

例① 

先生は、お亡くなりになった奥様を偲(しの)ばているようだった。

  ↑

 上記の例文の「れる」は、尊敬です。

「偲ぶ」という動作主が、尊敬される人物です。

 また、この文を記しているのは、書き手です。「先生」自身ではありません。

 この文は、あくまでも、書き手からの想像であって、実際に、「先生」が、「奥様を偲」んでいるかどうかはわからないことです。

 この「れる」は、書き手から、「先生」への尊敬の意です。

例②

私は、月を見ると、亡くした妻のことが偲ばてしかたなかった。

  ↑

上記の例文の「れる」は、自発です。

「偲」ぶ動作主が、書き手自身です。

「偲ばれ」る条件(原因)が、「月を見ると」というように明記されています。

例③

先生は、大勢の人たち、笑わていた。

  ↑

 上記の例文の「れる」は、受身です。

「笑う」という動作主は、「大勢の人たち」です。「先生」ではありません。

 文の主語の「先生」は、「大勢の人たち」の動作「笑」うを、受ける立場です。受身となっています。 

「笑」う動作主である「大勢の人たち」に、「」という助詞が記されていますね。

「れる」が受身となる場合、この書き方が多くなります。 

「ら抜き言葉」

「ら抜き言葉」とは、「られる」で動詞に接続させるべきところを、「れる」で接続させてしまったものをいいます。 

「見られる」は正しい言い方で、「見れる」は間違った言い方です。  

「見られる」が正しい

「見れる」は誤った言い方です。

「見る」という動詞と、「れる」という助動詞の接続が間違っているんです。

「見られる」というように、「られる」を接続させなければいけません。

「ら」が抜けているから、「ら抜き言葉」といわれるんですね。

接続の際の区別

助動詞「れる」、「られる」の動詞接続の際の区別は、動詞を打ち消しの意志の形、「誰に何といわれようと、私は絶対に〇〇ない」の形にしてみて、「ない」の直前の音がア段であれば「れる」接続ア段以外の音であれば「られる」接続となります。

「見る」の場合 

→ 「誰に何といわれようと、私は絶対に見ない」、「ない」の直前の音は「ミ」、「ミ」はイ段です、ア段ではありませんから、「られる」接続 → 「見られる」が正しい

「走る」の場合 

→ 「誰に何といわれようと、私は絶対に走らない」、「ない」の直前の音は「ラ」、「ラ」はア段ですから、「れる」接続 → 「走れる」が正しい

「れる」「られる」と述語の動詞・助動詞の確認問題

「れる」・「られる」の接続、大丈夫ですね。

では、ここで「れる」「られる」と述語の動詞・助動詞の確認をしてみましょう。

次の文で、正しい書き方をしているものはいくつあるでしょう。

1 私は、ハンガーに上着を掛けられた。

2 彼も、この料理なら食える。

3 彼女なら、毎日、花に水をやれる。

4 私は、5時の電車に乗れる。

5 彼のお気に入りのおもちゃが壊れた。

6 彼女は、みんなに笑われた。 

7 彼は、いい写真が撮れた。

8 彼は、納豆を食べられた。

9 彼女は、彼に手紙を送れた。

10 私は、絵を見られた。

11 彼女は、途方に暮れていたが、彼に頼れた。

12 私は、明朝4時に起きられる。

13 あの子は、まだ3歳だが、一人で家に帰れる。

14 彼は、もう12歳だから、一人で家に居られる。

15 合鍵があれば、誰でも、研究室に入れる。(入れる【はいれる】)

16 この重い荷物も、ロボットなら、家の中に入れられる。(入れられる【いれられる】)

17 この地に水さえあれば、私たちは生きられる。

18 彼女は、歌って踊れるアイドルだ。

19 きっと、あなたは、新しい力を得られる。

20 これで、彼は、知識を深められる。

21 今夜、我々は、安全な場所で寝られる。

解答は、この下です。

ここ ここ ↓

解答

答 ( 21 )個

すべて正しい用法で書かれています。

こちらもどうぞ 「させていただきます」と「いたします」の使い分け 今すぐわかる