『大人の「読む力」』が、学校図書館向け図書に選定されました

学校図書館向け図書に、大人の「読む力」が選定される

 大人の「読む力」が、学校図書館向け図書に選定されました。

 全国学校図書館協議会が発行する「学校図書館 速報版 8月1日号」の「選定図書から」のページで、「大人の『読む力』」が丁寧な書評とともに、紹介されました。(この号では、7冊の選定図書が紹介。) 

 僕が、担当編集者から、それを知らされたのは、先週末のことでした。

 選定していただいてから、すでに、二ヵ月以上が経っていたわけです。 

全国学校図書館協議会

全国学校図書館協議会とは、学校図書館及び子どもの読書の振興を図るため、図書の選定を行い、各種図書目録を刊行している公益社団法人です。

 上記の一文は、「全国学校図書館協議会」さん自らの説明を、引用したものです。

 選定委員のみなさま、大人の「読む力」を選定していただき、心よりお礼申し上げます。

 本当に、ありがとうございます。

 また、8月に選定していただきながら、お礼の言葉が、10月となってしまい、大変申し訳ございません。

トリニティカレッジの図書館   

 図書館は、蔵書とともに、歴史を刻みます。  

 アイルランドの、トリニティカレッジの図書館は、本当に、すごいです。  

 映画「スター・ウォーズ エピソードⅡ/クローンの攻撃」で登場する「ジェダイ・アーカイブ」は、ここをモデルにしたんだろう、と騒がれもしました。   

 この投稿文のアイキャッチ画像と下の写真は、トリニティカレッジの図書館です。

トリニティカレッジの図書館

行ってみたいなあと思わせる図書館ですよね。

そんなふうに思わせる図書館って、本当に、すごいです。

大人の「読む力」

 大人の「読む力」は、発売されてから、全国各地の、公立の図書館や、大学の図書館に、入っているようです。 

 図書館や学校で、一人でも多くの人に、大人の「読む力」の存在を知ってもらえたら、幸いです。

 一般向けの本ではありますが、高校生くらいから、十分に読める本です。

 大人の「読む力」の中で、扱っている主な文章は、日経新聞の「春秋」というコラムであり、小林秀雄、川端康成、村上春樹さんの文章です。

 それなりの高校生なら、新聞のコラムも読めば、小林秀雄も、川端康成も、村上春樹さんも読むでしょう。

 中学生だって読む子は、読みます。

 大人の「読む力」は、文法の知識がゼロでも理解できるように記していますから、年齢に関係なく、大丈夫です。

 どうぞご活用ください。

内容紹介→ 大人の「読む力」(日本実業出版社)

2021年4月13日「メディアで紹介」 

Posted by 対崎正宏