クリント・イーストウッド 運び屋 THE MULE その意味

このカテゴリーは、一切、ネタバレ無し! 

あらすじも記しません。

映画は、予備知識なんてないほうが楽しめます。

クリント・イーストウッド

 監督もこなす俳優は数多くいますが、監督した作品内容を高く評価できるという点で、クリント・イーストウッドは監督兼俳優の中でも傑出しています。

 「許されざる者」も、「ミリオンダラー・ベイビー」も、「グラン・トリノ」も、感動作でした。

 クリント・イーストウッドは、実に、すばらしい映画監督であり、すばらしい俳優です。

 ダーティハリー時代よりも、断然かっこいい!

 僕は、クリント・イーストウッドが、今のような演技をする俳優になるとは、ダーティハリー時代、思ってもいませんでした。

 44マグナムは、あこがれましたけどね。

 老いてからのクリント・イーストウッドは、名優中の名優です。

 44マグナムをぶっ放していたダーティハリーの頃よりも、断然、かっこいい。

 あれだけの枯れた演技ができる俳優は、クリント・イーストウッドの他にいません。

「ミリオンダラー・ベイビー」でも、「グラン・トリノ」でも、すばらしい演技でしたけど、この「運び屋」はさらにすばらしい演技をしています。

THE MULE

この作品、邦題は「運び屋」です。

これは、原題の「THE MULE」をそのまま訳したものですね。

麻薬なんかを運ぶ、特に、素人を、「MULE」っていいます。

一般の人間のほうが、警察に目をつけられずに、ブツを運べるからなんですね。

そもそも、「MULE」は、荷物を運ぶ「ラバ」の意味です。

そのラバは、ロバと馬の雑種なので、「MULE」は、「雑種」の動物の意味もあります。

それに、「頑固者」とか、「愚か者」って意味も。

この「MULE」というタイトルには、この言葉が持つ意味がすべて含まれています。

「MULE」は、麻薬を運ぶのに都合のいい、「ラバ」のような、おとなしくて使い勝手のいい、愚かな人間。

 マフィアも警察も、侮蔑の気持ちを込め、「MULE」と呼ぶわけです。

 でも、この映画の中の「MULE」、ただの使い勝手のいい、愚かな人間ではありません。

 麻薬ではないものを、幾人にも、そして自分自身にも、運ぶことになります。

 省略の意味、行間の意味がたくさんあるのが、文芸作品の一つの特徴でもあります。

 そういう文芸作品を、秀逸な映画に撮れる、その中の役を演じられる、クリント・イーストウッド。

 本当に、すごい監督で、すごい俳優です。

愛する人がいるということ、愛してくれる人がいるということ

「運び屋」、感動作です。

悲しく切なくなるくらい大感動します。

愛の映画、人間の生の映画です。

ただの麻薬絡みの映画作品では、ありません。

 愛する人がいる、ということ。

 自分を愛してくれる人がいる、ということ。

 それは、人生において、この上なく幸せである、ということですね。

 愛することの大切さ、愛してもらえることのありがたさ、それに気づくのは、愛する人も、愛してくれる人もいない時です。

 人間は、やっぱり、愛ですね。

 クリント・イーストウッドの「運び屋」は、人生と愛の大切さを、悲しく切なくなるくらい、感じさせてくれます。

感動とともに、エンドロールを最後まで見られる映画

 ラストの「おまけ」なしのエンドロールを、最後まで、じっくり見ることのできる映画って、そうはありません。

 この「運び屋」は、エンドロールの最後まで、感動とともに見ることのできる映画です。名作です。 

2021年4月25日「映画 おすすめ」

Posted by 対崎正宏