漢文 限定の表現 三種類を確認する 

限定の表現は三種類

◎限定表現は、三種類です。

〇 副詞による限定の表現

〇 助字による限定の表現

〇 副詞と助字の併用による限定の表現

副詞による限定の表現

副詞による限定の表現を確認しましょう。

○〔唯・惟・只・直・徒・特 ━━ 〕  

〔たダ(ニ)━━ノミ〕

「━━」に、送り仮名の「ノミ」をつけます。

天下英雄我。 

天下の英雄は唯だ君と我とのみ

(天下の英雄はただあなたと私だけである。)

※「徒」は「いたづラニ」と読む場合もありますから、注意しましょう。

「いたづらニ」の場合は、「むだに……」の意味です。これは、限定の意ではありません。

〔獨━━〕     

 ひとリ━━ノミ

「獨」とは、そもそも「単独」の意ですが、限定表現では「ただ━━だけ」の意味・解釈となります。

臣有船。

獨りのみ船有り。

今(は)、私独りだけが船を持っている。

助辞による限定の表現

助辞による限定の表現を確認しましょう。

○〔━━耳・已・爾・而已・而已矣〕  

 〔━━のみ

 ただ━━だけである。

 ただ━━であるにすぎない。

此亡秦之續

これ亡秦の続のみ

これは亡びた秦の二の舞であるにすぎない

※ 「而已・而已矣」は、「耳・已・爾」と同じ意味です。「而・矣」の漢字が、加わって記されているだけです。

※ 「已」は文末にあれば限定ですが、副詞としては「すでニ」と読み、過去や完了を表します。また、動詞としては、「やム」と読み、「中止する」意味となります。

※ 「爾」は、限定の用法以外に、「なんぢ」と読み、「汝」の意となり、また「しかリ」と読み、「そのとおり」の意味となります。

副詞と助字併用による限定の表現

副詞と助字併用による限定の表現を確認しましょう。

〔唯・惟・只・直・徒・特 ━━耳・已・爾・而已・而已矣      

 〔ただ━━のみ〕

 ただ━━だけである。

 ただ━━であるにすぎない。

不百歩

直だ百歩ならざるのみ

ただ百歩(逃げたの)ではないというだけである

限定の基本の表現は、以上です。

がんばれ! 陰ながら応援しています。

反語はこちら → 漢文 反語の句形 強い自己主張 

部分否定・全部否定はこちら → 漢文 部分否定と全部否定は、否定語と副詞の位置に注意する 

韓信匍匐・国士無双はこちら → 四字熟語 かっこいい韓信 自分を信じて今を乗り越える 

四字熟語一覧はこちら → 四字熟語 一覧 あいうえお順

このカテゴリーの新しい記事