時候の挨拶 一覧 月別の例文 そのまま使える

月別の例文をすぐに確認したい方は、「目次:7 時候を表す言葉の例 月別」をクリックしてください。

手紙の定型 

※スマホを横向きにしてご覧ください。

手紙の定型 一例(4月)

拝啓 陽春の候 貴社ますますご清栄のことお喜び申し上げます。毎度お引き立てにあずかり誠にありがとうございます。

 さて、下記の通り、見積書を同封貴送いたしますので、ご査収賜りたくお願い申し上げます。

 見積書にご不明な点がございましたら、ご遠慮なく、ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

 今後とも一層のご支援、ご愛顧のほどお願いいたします。    敬具

                  〈記〉

 同封書類 見積書 1部                   以上 

手紙の「時候の挨拶文」とは

「時候」とは、暑い、寒い、といった四季それぞれの気候のことです。

「時候の挨拶文」とは、手紙の「頭語」の次に記す文で、時候について触れた挨拶です。

拝啓 新春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。(1月)

「拝啓」が「頭語」で、「新春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」が「時候の挨拶文」です。

ビジネスにおける手紙や、目上の人への手紙など、形も中身もしっかり整えたいという場合には、頭語、時候の挨拶を記しましょう。

「頭語」「結語」については、こちら → 手紙の書き方 前略 拝啓 謹啓 頭語と結語はこれだけで大丈夫  

時候を表す言葉 

時候の挨拶文の冒頭に記すのが、「時候を表す言葉」です。 

次の例の「新春の候」が、「時候を表す言葉」です。 

  新春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 (1月)

この「時候を表す言葉」は、「月」によって変えるのが基本です。 

季節感をだすんですね。

時候を表す言葉を記さない書き方

意図的に季節感をだしたくない、といった場合には、それを記さずに挨拶文を書くことも可能です。

季節感をあえてだしたくない場合

コロナ禍などであれば、「あえて季節感をだしたくない」とお考えの人もいることでしょう。

そういった場合は、時候を表す言葉を使わない書き方も可能です。

拝啓 貴社におかれましては、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

先に、相手から通知があった場合

先に、相手のほうから、「企画書を送ってくれ」などと通知があった場合も、時候を表す言葉を記さずとも、書けます。

時下、いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。

「時下」とは、「このごろ」「このせつ」「目下」「刻下」の意です。

「下」というような文字の下には、相手様の名前に通じる言葉は記しません。

礼を失するからです。

ビジネスにおいての手紙は、特に敬意の表現が重要となります。

だから、「時下」の次に「貴社」という言葉を記しません。

時候を表す言葉と「時下」はOK

時候を表す言葉と「時下」を一緒に記すことは可能です。

春寒の候、時下ますますご清栄のことととお慶び申し上げます。(2月)

「会社宛て」の手紙 「貴社」を記すか 記さないか

季節感をあえてだしたくない、という明確な意図(考え)があるのなら、「季節を表す言葉」を書かずとも良いでしょう。

そもそも、「書く」ということは、自分自身の「考え」の表現です。

では、季節感うんぬんの考えがなく、コロナ禍でもなく、一般的な場合であれば、「貴社」という文字を記すか、記さないか。

「時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」

この書き方で、「ますますご清栄」なのは、「貴社」のことです。

つまり、この書き方は「貴社」を省略しているわけです。

省略は、敬意を表す書き方ではありません。

敬意の根本は、「形」であり、「心」です。

手紙の場合、「心」を表すのが、書き方という「形」です。

相手のほうから「企画書を送ぅてくれ」というような何らかのアクションが先にあったとか、「コロナ禍」で季節感を表したくないとか、相手方がすでに親しい間柄であるとかいうのでなければ、「会社宛て」の一般的な手紙には、「貴社」を記すべきでしょう。

いわゆる「形式的」とはいえ、それが手紙の書き方です。

その「形式的」に、「心」をこめるかどうかは、自分自身です。

ちなみに、礼を示す手紙は「縦書き」です。(→ 手紙の書き方 前略 拝啓 謹啓 頭語と結語はこれだけで大丈夫 

挨拶の言葉 「ご清栄」「ご隆盛」「お喜び」「お慶び」

「時候を表す言葉」に続く「挨拶」にも定型があります。

「貴社」には、「ご清栄」「ご隆盛」を使います。

「お喜び」「お慶び」を使います。

※現在、手紙の定型文の「喜」と「慶」は同じ意味として使われています。

そもそも、「慶び申し」とは「奏慶(そうけい)」「拝賀」の意で、官位に叙せられた者が参内して御礼を申し上げることをいいます。

しかしながら、現在の手紙文で使う「慶び」に、その意はありません。

「お慶び」でも、「お喜び」でも、OK牧場です。

貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます

「ご健勝」に注意!

注意! 

「ご健勝」とは、「健康」の意味です。つまり、「貴社」に「ご健勝」という言葉は使えません。 

「ご健勝」を使うのは、次のような、「人」を対象にした書き方です。

余寒の候、いよいよご健勝のことととお喜び申し上げます。(2月)

(よかんのこう)

早春の候、皆様にはいよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。(3月)

(そうしゅんのこう)

時候を表す言葉の例

1月

新春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

厳寒の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

大寒の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

※「大寒の候」は、「大寒」中に使用できます。「大寒」は、1月20日から2月3日頃までです。(2052年までは、大寒は1月20日からです。)大寒の最後の日が「節分」で、その翌日が「立春」です。

新春の候(しんしゅんのこう)

厳寒の候(げんかんのこう)

大寒の候(だいかんのこう)

2月

春寒の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

余寒の候、、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

春寒の候(しゅんかんのこう)

余寒の候(よかんのこう)

3月

早春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

浅春の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。

早春の候(そうしゅんのこう)

浅春の候(せんしゅんのこう)

4月

春暖の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

陽春の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

春暖の候(しゅんだんのこう)

陽春の候(ようしゅんのこう)

5月

新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

薫風の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

新緑の候(しんりょくのこう)

薫風の候(くんぷうのこう)

6月

初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

梅雨の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

※「梅雨の候」は、梅雨入りから梅雨明けまでの時期に使用可能です。

初夏の候(しょかのこう)

梅雨の候(つゆ・ばいうのこう)

7月

盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

酷暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

炎暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

猛暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

盛夏の候(せいかのこう)

酷暑の候(こくしょのこう)

炎暑の候(えんしょのこう)

猛暑の候(もうしょのこう)

8月

残暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

晩夏の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

立秋の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

※「立秋の候」は、「立秋」から使用可能です。

残暑の候(ざんしょのこう)

晩夏の候(ばんかのこう)

立秋の候(りっしゅうのこう)

9月

初秋の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

新秋の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

新涼の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

初秋の候(しょしゅうのこう)

新秋の候(しんしゅうのこう)

新涼の候(しんりょうのこう)

10月

秋冷の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

清秋の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

秋冷の候(しゅうれいのこう)

清秋の候(せいしゅうのこう)

11月

晩秋の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

向寒の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

暮秋の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

向寒の候(こうかんのこう)

暮秋の候(ぼしゅうのこう)

12月

師走の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

寒冷の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

師走の候(しわすのこう)

寒冷の候(かんれいのこう)

こちらもどうぞ 

手紙の書き方 前略 拝啓 謹啓 頭語と結語はこれだけで大丈夫 

「恐れ入ります」の書き方とその意味 ビジネスメール 

手紙の書き出しと結び 使い分け 一覧 

2021年7月12日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏