咳をしても一人 意味 自由律俳句 尾崎放哉を読む

尾崎放哉 小豆島西光寺南郷庵 

「咳をしても一人」

 尾崎放哉(おざきほうさい)の句です。

 放哉は、小豆島の西光寺の南郷庵(みなんごあん)でおよそ八ヵ月暮らし、そして亡くなります。

「咳をしても一人」は、その南郷庵時代の作です。 

 尾崎放哉の名前は知らずとも、この句は知っている、という人も多いようです。

自由律の俳句 無季

「咳をしても一人」は、「自由律」で、「無季」です。 

「自由律」とは、定型を破った短歌や俳句をいいます。 

 短歌の定型は五七五七七の三十一文字(みそひともじ)、俳句の定型は五七五の十七文字ですね。

「咳をしても一人」は、「せきをしてもひとり」と九文字です。

「無季」とは、季語を含まない俳句のことです。

基本はこちら 

俳句とは 季語と歳時記と折折の花

芭蕉の作品と「俳句」と「発句」と「俳諧の連歌」の基礎知識   

咳をしても一人  意味・解釈  

咳をしても一人

 激しい咳をして苦しいが、自分には看病してくれる人もいなければ、身を心配してくれる人もいない。

 ただ一人。

 孤独である。

「咳をしても一人」

「咳を」「する」ことと、「一人」が対置されています。

つまり、「病気」と「一人」の対置。

これにより、「孤独」が端的に表れることになります。

放哉は、結核でした。

咳に、ひどく苦しみます。

そして、何より、一人だったのです。

注意してください。

「咳をしても一人」には、「音」がありますね。

「咳」です。

 南郷庵の中での「音」は、この「咳」だけです。

 これにより、庵(=家)の中の「静けさ」がより鮮明に浮かび上がります。

 この「静けさ」こそが、「孤独」なのです。

墓地からもどって来ても一人  意味・解釈

 放哉には、「咳をしても一人」の句の他に、「墓地からもどって来ても一人」という句もあります。

 この句も、小豆島南郷庵時代の作です。

墓地からもどって来ても一人

「墓地」は、「場所」ですから、この句には、「場所」の比較が生じます。

「墓地からもどって来て」というのは、「南郷庵(=家)」です。

「墓地からもどって来ても一人」、つまり、放哉の思いの中では、本来、「墓地からもどって来」たら、「一人」ではないのです。

 これは、放哉の願望ともいえます。

「家」には、誰かがいてほしい、家族が待っていてほしいのです。

 しかし、実際は、

「墓地」でも「一人」 = 南郷庵(=家)に「もどって来ても一人」

 さらに「場所」をチェックすれば、「墓地」とは「死の地」です。

 対して、「家」は「生きる地」です。

 つまり、

 死の地(=「墓地」)でも「一人」 = 生きる地(=「家」)でも「一人」

 極めて、「一人」なのです。

 孤独です。

 寂しさがあります。

 放哉は、自分の死を、「一人」で考えているのです。

 くりかえしますが、小豆島、西光寺の南郷庵という「家」で放哉が過ごすのは人生の最後の八ヵ月間です。

 また、この「墓地からもどって来ても一人」の句には、「咳をしても一人」のような「音」がありません。

「無音」です。

「墓地」でも「無音」、「そこからもどってきても」「無音」。

「音」のない世界が、続いているのです。

それは、人の「声」のない世界です。

「墓地」でも、人の「声」がない。

「家」でも、人の「声」がない。

自分の「声」すらない。

あるのは、ただ自分の身ひとつだけ。

「一人」なのです。

放哉は、今、「一人」で生きています。

そして、これから、「一人」で死んでいきます。

孤独感

 寂しさとは、「一人」であることをひしひしと感じることです。

 孤独感です。

 それは、広大な世界の中での、「一人」の存在を実感することです。

 それは、身体で感じるものです。

 人の手のぬくもりがやすらぎになるのは、道理です。

墓のうらに廻る  意味・解釈

墓のうらに廻る

墓地に行った際、ある家の墓の石塔の前に立ち、その石塔の裏に廻(まわ)る。

 この「墓のうらに廻る」の「墓」は、放哉の家の墓ではありません。

 この句もまた、小豆島南郷庵時代の作です。

 放哉は、鳥取県鳥取市で生まれ育ちました。

 最晩年、小豆島西光寺南郷庵で放哉が暮らしたのは、彼と交流のあった荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)の紹介からです。

墓のうらに廻る

行為のみをしるした句です。

しかしながら、「墓のうらに廻る」というこの行為には、意図があります。

何という人が、いつ亡くなって、ここに葬られているのか、それを見る、という意図が。

そうして、その意図の底には、さらなる思いがあります。

放哉の思いが。

「墓のうらに廻る」、この文字の中に、意図があり、さらなる思いがあります。

何となく「墓のうらに廻る」ようなことを、放哉はしません。

 墓のつくりというものは、地方によって、時代によって、多少の違いはありますけど、放哉の頃は、「××家之墓」などと刻まれた石塔の裏に、亡くなった人の戒名(かいみょう)や命日が刻まれました。

(昨今は、石塔の横や、その斜め前方に、「墓誌(戒名板)」という石板をたて、そこに戒名や命日が刻まれることが多い。) 

「墓のうら」には、供養追善(くようついぜん)のための卒塔婆(そとば)が刺さっている場合もあります。

 卒塔婆とは、その上部を塔の形にした細長い板で、梵字(ぼんじ)や経文(きょうもん)、戒名などが記されます。

「墓のうら」に刻まれた名は、かつて、たしかに生きていた人です。

そして、たしかに死んだ人です。

今生きている放哉も、たしかに、いつの日か、死に、墓の下となります。

「墓のうら」には、名前と日付が刻まれるはずです。 

しかし放哉は今、

「咳をしても一人」

「墓地からもどって来ても一人」です。

放哉の身 

やせたからだを窓に置き船の汽笛

すっかり病人になって柳の糸が吹かれる

肉がやせて来る太い骨である

これらも南郷庵時代の放哉の句ですが、広大な「生」の世界の中で、我が身を詠んでいます。

死が肉体のそれであることがわかります。  

渥美清さん 「海も暮れきる」(吉村昭) 

 僕が渥美清さんを敬愛しているのは、以前、ちらと記しました。(渥美さんは、俳句が好きでした。) →  俳句とは 季語と歳時記と折折の花

 その渥美さんが「ぜひ演じてみたい」と口にしたのが、吉村昭さんの著した「海も暮れきる」の尾崎放哉でした。

 若い時分、渥美さんは、結核を患い、肺の一つを失くしています。

「放哉の『咳』を、自分はうまくすることができる」と渥美さんは言ったようです。

 しかし、渥美さんが放哉を演じることはありませんでした。

「海も暮れきる」は、渥美さんが声をあげる直前に、NHKでドラマ化されてしまったんです。

 残念です。

 渥美さんの放哉、見たかったなぁと思います。

放哉という人と作品

 尾崎放哉は、偏屈で、破天荒で、酒癖の悪いところもあったようです。

 しかし、その人柄と、作品は、別ものです。

(伊藤左千夫にしたって、「野菊の墓」の作者とは思えないような人物ですからね。)

 放哉の俳句は、時代を越え、多くの人の心をとらえます。

 すばらしい自由律俳句です。

自ら、孤独をつくりあげた放哉ではありますが、小豆島の南郷庵時代、ご近所の方には、大変、お世話になったようです。  

心やさしい人は、いつだって、いるのですよね。 

こちらもどうぞ

分け入っても分け入っても青い山 意味 種田山頭火を読み解く

正岡子規 辞世の句 三句を読む 糸瓜(へちま)の水

古池や蛙飛びこむ水の音 解説 その意味と魅力  

夏草や兵どもが夢の跡 松尾芭蕉 「奥の細道」平泉 俳句 前書からの読解   

閑さや岩にしみ入る蝉の声 場所と解説 「奥の細道 立石寺」現代語訳  

2021年4月1日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏