大人の「読む力」(日本実業出版社)

論理的思考力が飛躍的に高まる 大人の「読む力」

一般的にイメージする国語読解の本とは違います。

読解力のある人ほど、「見えるもの」がある本です。

楽しめるはずです。

読解力に自信のない人は、本書を切っ掛けに、読み方を磨くことができます。

基本の、やさしいところから入っていけるように記しています。

本気で臨めば、それに応える本です。

澄んだ心は、澄んだ思考であり、澄んだ脳です。

論理的思考と論旨的読解の根本は、そこにあります。

こちらもどうぞ

大人の「読む力」の理解 

客観と論理を支えるものは澄んだ心で、それは脳内思考

大人の「読む力」の内容説明

第一章

論理的に読み、考えるということは、どういうことなのか。

読む力は、考える力そのものである。

日本人が最も深く思考できるのは、日本語である等等。

論理的な読み方、考え方のスタンスを記しています。

第二章

日本人が知っているようで実は知らない日本語の読み方を、基本から深いところまで記しています。

やさしいところから入って、やさしく記していますから、読解力に自信のない方も大丈夫です。

評論家の加藤周一、小林秀雄、思想家の柳宗悦(やなぎむねよし)、英文学者の由良君美(ゆらきみよし)、小説家の川端康成の文章も取り上げています。

第三章

読解の実践の章です。

日本経済新聞のコラム「春秋」を取り上げています。

「新聞のコラムなんて、自分は当たり前に読めていると思っていたけど、本当は読めていなかった」

そんなふうに思ってもらえるはずです。

「見えていなかったもの」に気づくこと、その「気づき」が、新たな読解力、思考力につながっていきます。

「気づき」、「発見」は、新しい思考の力を得るための第一歩です。

第四章

深い「言葉の扱い方」を知れば、難解といわれるような文章も、深く味わえるようになります。

小林秀雄の「批評」という文章

村上春樹さんの小説、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

四章では、この二つの文章の読み方と解説をしています。

主観を破る読み方が、自身の世界観を広げ、思考の力をアップさせる

「小林秀雄の文章なんて、難しいんじゃないか」

「小説なんて、解説は無用だろう」

そんなふうに思う人が、ひょっとしたら、いるかもしれません。

でも、小林秀雄と村上春樹さんの文章の解説からも、やっぱり多くの発見があるはずですよ。

内容の深い文章を、深く味わう、ということは、深く考える、ということです。

それは、脳内で、言葉を深く扱う、ということです。

「大人の読む力」には、その「言葉の扱い方」が記されています。

第五章

「大人の読む力」という本の意義、効果について

読むこととコミュニケーション力について

読むということを、どのように捉え、そこから、またどのように考えていけばいいのか等等、記しています。

新聞のコラムにしても、小林秀雄や村上春樹さんの文章にしても、ただ読んでそれで終わりでは、もったいないですよね。

コラム「春秋」も、小林秀雄の文章も、村上春樹さんの「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」も、この第五章でまた触れています。

「大人の読む力」は、一般に想像される国語読解の本ではありません。

目の前のものを、客観的、論理的に理解して、そこから自分の頭で考えていく力をつけるための本です。

ぜひ、読んでみてください。

SUMISEI BEST BOOK で「大人の読む力」紹介 インタビュー → SUMISEI BEST BOOK スミセイ ベスト ブック で紹介されました 

「SUMISEI BEST BOOK」の図書選定・編集委員は、阿刀田高さん、津村記久子さん、

土井善晴さん、村松友視さん、群ようこさん、唯川恵さんです。

ありがとうございます。

日刊ゲンダイ DIGITAL BOOKS で紹介されました 

「大人の読む力」の展開  → ジュンク堂書店 明石店様に、心より感謝 

学校図書館向け図書 → 大人の読む力が、学校図書館向け図書に選定されました 

 写真の「パネル」は、ジュンク堂書店明石店様がつくってくださったものです。

 ありがとうございます。

 大人の「読む力」は、ビジネス書(一般向け)ですが、すべての人に読んでいただける内容となっております。

 大人の「読む力」が、「国語教育」2021年1月号の小特集「プロフェッショナル推薦! 国語教師のための必読書ガイド」で紹介されました。

「国語教育」(明治図書)で紹介されました 

楽天ブックス


大人の「読む力」 [ 対崎正宏 ]

2021年6月15日「著作」

Posted by 対崎正宏