熟語の構成の解き方 漢字の組み立ては、簡単に捉えられる 見分け方

熟語は意味から組み立てられている

漢字は、意味を表す文字です。

表意文字といいます。

そして、それぞれの漢字には、字義というものがあります。

根本の意味ですね。

しっかりとした意味です。

熟語は、そんなしっかりとした意味を持った漢字から構成されています。

構成されているということは、形が見える、ということです。

見えれば、読み解き、見分けるのは、容易なことです。

ここでは、熟語の構成の見分け方、読み解き方を記します。

二字熟語の基本の構成は9種類

基本の二字熟語の構成は、9種類です。

二字熟語の基本の確認(9種類)は、こちらをどうぞ → 二字熟語の構成 三字熟語・四字熟語の構成 熟語の成り立ち     

二字熟語の構成を、見分けられるようにしましょう。

一目瞭然(いちもくりょうぜん)の構成 2種類

的・性・然・化

・「的」、「性」、「然」、「化」が、後(下)にあれば、「状態や性質等を表す構成」です。

 〇的

 〇性

 〇然 

 〇化

(※ 「変化」は、「前後(上下)が、同じような意味の構成」です。変 = 化) 

不・無・非・未

・「不」、「無」、「未」、「非」が、前(上)にあれば、「打ち消しを表す構成」です。

 不〇

 無〇

 未〇

 非〇

「的」・「性」・「然」・「化」

「不」・「無」・「非」・「未」

これらは、簡単に、見分けられます。

読み解くまでもありませんね。

訓読み、音読みにとらわれない

・残る7つの熟語の構成は、漢字一字一字の意味を確認します

根本の意味、字義の確認です。

・漢字一字一字は、意味のわかる読み方をしましょう。

 訓読みだけが、意味のわかる読み方とはかぎりません。

 

 肉=ニク

 「ニク」は、音読みです

 「しし」という訓読みは、「にく」の意味で、特に、食用の獣肉のことをいいます。

 音読み、訓読みにこだわらずに、意味を捉えていきましょう。

 字義の確認です。

 そして、漢字と漢字の関係が、残りの7つのうちのどれにあたるかを考えましょう。

 組み立て、構成とは、関係性から成ります。

前から後(上から下)の構成 2種類

前から後(上から下)の構成は、2種類です。

・主語・述語 → 主語は名詞、述語は主に動詞です

・修飾・被修飾 → 被修飾の語は、名詞・形容詞・動詞、等等

国立

→ 国・立 

→ 国 → 「コク」と読んでは、意味がわかりません → 「くに」と読みます

    → 「くに」は、名詞です。

    → 「くに」が、「くに」は、というように主語になります。

→ 立 → 「リツ」と読んでは、意味がわかりません → 「たつ」、「たてる」 

    → 「たつ」、「たてる」は、動作です

→ 国立てる

→ 「国立」は、「主語・述語」の構成

「主語」は、名詞+「が」、名詞+「は」です。

この組み立ての「述語」は、主に動詞です。

急流

→ 急・流

→ 一字一字、意味を捉(とら)えましょう。

  熟語の組み立てを確認する場合、二字全体で意味を捉えては、いけません。

  二字で捉えると、「急流」の意味は「流れが急であること」とする人もでてくるでしょう。

 「流れ」だから、「主語と述語の構成」と間違える可能性があります。

  前後(上下)、漢字の位置をずらしてはいけません。よく見ましょう。「流」は、後(下)に位置しています。

(「急流」の意味は、「流れが急であること」で間違いはないのですが、その意味からの組み立てでは「後から前(下から上)に返る」組み立てになりますね。しかし、後から前(下から上)に返る組み立ては、「ニ」か「ヲ」のいずれかで返る組み立てだけです。「ガ」で、前(上)に返る組み立てはないのです。

→ 急な・流れ  

→ 「急流」は、「修飾・被修飾」の構成

(「美人」=「美しい」「人」→「人」は名詞

 「最高」=「最も」「高い」→「高い」は形容詞

 「再会」=「再び」「会う」→「会う」は動詞)

 修飾・被修飾で、被修飾の語となるのは、名詞、形容詞、動詞、等です。

後から前(下から上)の構成 2種類

後から前(下から上)の構成は、2種類です。

後(下)の漢字は主に名詞で、前(上)の漢字は主に動詞です。

・後(下)の漢字に、「に」を付けて、前(上)に返る

・後(下)の漢字に、「を」を付けて、前(上)に返る

着席

→ 前(上)の漢字は、名詞ではありません。主語にはなりません。(「が」、「は」を付けられない) 

 「着」る、「着」く

 「着」=「チャク」とは、「つく」意です。

(付着【ふちゃく】=つく・つく/「つく」から、「着る」意ともなるんです。)

 「着」くは、動詞です。

→ 後(下)の漢字は、「席」が、「席」は、というように主語の形をつくれます。

  「席」は、名詞です。

→ 後(下)から、前(上)に返ります。

→ 「席」「着く」のか。「席」「着く」のか。

→ 「席」「着」く

→ 「着席」は、後から前(下から上)に、「に」で返る構成

作文

→ 前(上)の漢字は、「作」る = 動詞

→ 後(下)の漢字は、「文」ガ、「文」ハ、というように主語になります = 名詞

→ 「文」「作」るか、「文」「作」るか

→ 「文」「作」るです

→ 「作文」は、後から前(下から上)に、「を」で返る構成

 

前後(上下)が、同じような意味か、反対の意味か(あわせて2種類)

・同じような意味の構成、反対の意味の構成、これらの熟語は、一字一字の根本の意味を考えましょう

「読み」だけに頼らずに、意味を考えるんです。

・同じような意味の構成、反対の意味の構成は、前後(上下)の意味の品詞が、多くの場合、同じになります。

(「品詞」については、カテゴリー「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」どうぞ →  「サイトマップ」

悲哀

→ 悲・哀

→ 悲しい・哀しい → どちらも形容詞

→ 悲しみ・哀しみ → 名詞

→ 悲しいも、哀しいも、「かなしい」意です

→ 悲しみも、哀しみも、「あわれみ」の意です

→ 「悲哀」は、同じような意味の構成

(「裕福」、「富裕」、「幸福」、みな、同じような意味の構成です。「裕」、「福」、「富」、「幸」、それぞれが、同じような意味の漢字であるから、組み換えが可能なのです。

【もちろん、自分勝手に漢字を組み換えて、熟語はつくれません。】)

〈おまけ〉

裕=福=富=幸  (漢字一字は、名詞として捉えます)

永久 → 永 = 久 → 永い = 久しい → どちらも形容詞

道路 → 道 = 路 

温暖 → 温 = 暖 → 温かい = 暖かい → どちらも形容詞    

得失

→ 得・失

→ 「得」る ↔ 「失」う = 動詞

→ 「得」る、「失」うは、反対の意味

→ 「得失」は、反対の意味の構成

〈おまけ〉

前後 →  前 ↔ 後 【漢字一字は、名詞として捉えます】

高低 → 高 ↔ 低 → 「高」い ↔ 「低」い → どちらも形容詞 

長い熟語を略したもの 略語 (1種類)

長い熟語を略したものは、上記の8種類の組み立てとはならない。

つまり、意味の上からの二字熟語の構成ではない、ということです。

なにしろ、略語ですからね。

略し方に法則があるわけでもありません。

科学捜査研究所 → 科捜研

文部科学省 → 文科省

入学試験 → 入試

航空母艦 → 空母

原子力潜水艦 → 原潜

原子力発電所 → 原発

国民体育大会 → 国体

国民健康保険 → 国保

社会保険 → 社保

重要文化財 → 重文 

一字一字の意味を、形からも捉える

熟語の組み立ては、前後(上下)の漢字の関係性です。

関係性は、意味から成ります。

意味は、形からも捉え、読み解くものです。

熟語の構成を、より深く理解できます。

多くの熟語を読み解くには、漢字一字一字の字義を知る必要があります。

辞書の使用は必須です。

一字一字を、どうぞ大切に。