二字熟語の構成 三字熟語・四字熟語の構成 熟語の成り立ちの基本

熟語の成り立ち

熟語とは、二つ以上の単語、二字以上の漢字から、一つの意味が成り立っている語です。

二つ以上の単語から成る熟語の例

日帰り、夕涼み、夜明け、等等

二字以上の漢字から成る熟語の例

動力、文化祭、一日千秋、等等

熟語の基本の構成は、二字熟語

三字以上の漢字から成る熟語も、その組み立ては漢字二字の熟語が基本となっています。

二字熟語の組み立てを理解すれば、三字以上の熟語の組み立ても容易に確認できるようになります。その意味も深く理解できるようになります。

まずは、二字熟語の構成を確認していきましょう。

二字熟語の構成

熟語は、意味の上から組み立てられています。

熟語の構成は、その文字による、意味の構成です。

そもそも、言葉の意味の組み立ては、意味の流れです。

その基本は、前から後へ、というものです。

しかしながら、その構造を観察すれば、後から前へ、というものも存在します。

同じ意味、反対の意味で、その場に一旦、止(とど)まるようなものもあります。

これから、実際に、二字熟語の構成を確認していきましょう。

 二字熟語の構成は、意味の構成から、まず、2種類ずつ理解していくとよいでしょう。

 二字熟語の基本の構成は、9種類です。

※スマホを横向きにしてご覧ください。

〇 → 〇

①主語 → 述語

 国立

(国 → 立てる)

②修飾 → 被修飾

 青空

(青い → 空)

〇 ← 〇

③後から「ニ」で前に返る

 着席

 (着く ← 席

④後から「ヲ」で前に返る

 作文

(作る ← 文) 

⑤同じような意味 

〇=〇

 道路

(ミチ = ミチ)

⑥反対の意味 

〇↔〇

 男女

(ダン ↔ ジョ)

 

⑦的・性・然・化 

 動

 急

 公

 美

 「的」、「性」、「然」は、状態、性質等の意、「化」は、変化の意

⑧不・無・未・非

 

 

 

 

 「不」、「無」、「非」、「未」は、後の意味を打ち消す

※ 〇 ← 〇 厳密にいえば、後から前に返って打ち消す形です。

 不 ← 〇 

 無 ← 〇 

 非 ← 〇 

 未 ⇄ 〇

(未だ~ず【「未」は再読文字】)

⑨略語

 国際連合 → 国連

 長い熟語を二字に略したもの

二字熟語の例はこちら → 二字熟語 例(あいうえお順) 構成(組み立て)から分類 一覧

四字熟語の例はこちら → 四字熟語 一覧 意味 あいうえお順  

熟語の構成の解き方 漢字の組み立ては、簡単に捉えられる 見分け方

熟語の構成の考え方 「修飾・被修飾」と「下から上に返る」組み立て

対等の意味の構成から成る熟語 三字熟語の例

 熟語の中には、文字が対等の構成、となっているものもあります。

 文字が対等ということは、一つひとつの意味が独立している、ということです。

 もちろん、マクロ、ミクロに、観察すれば、一つの言葉、一つの世界をつくっています。

〇・〇・〇

松竹梅

松・竹・梅  

 「松竹梅」は、三つとも、それぞれ、寒さに耐えるので、中国では絵画の題材とされ、日本ではめでたいものとされているんですね。

序破急

 序・破・急

 「序破急」は、音楽や舞踊等の形式です。序と破と急は、それぞれ、初部、中間部、最終部です。

三字熟語、四字熟語は、二字熟語の基本の構成から成る

三字以上の熟語も、上記の九つの二字熟語の組み立てを基本として成り立っています。

一例をあげます。

※スマホを横向きにしてご覧ください。

修飾 → 被修飾

後継機 

後を → 継ぐ → 機 

後から前に返り、それが修飾語となる

為政者(いせいしゃ)

 ← 政(まつりごと)  

  → 者

「為政者」とは、「政を為(な)す者」、「政治を行う者」です。

温故知新(おんこちしん)

      温ね ← 故き

        ↓ 

知る ← 新しき 

「温故知新」とは、「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」ことです。

古い物事を研究し、そこから新しいものを得ることです。

四字熟語の例はこちら → 四字熟語 一覧 意味 あいうえお順 

漢文は身近なもの

熟語の組み立ては、漢文の流れです。

漢字を使用する私たちにとって、漢文はごく身近なものなんですよね。 

四字熟語 かっこいい韓信 自分を信じて今を乗り越える (韓信の「韓信匍匐」「国士無双」についてです。)

2021年5月27日「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」

Posted by 対崎正宏