客観的、論理的な思考力を身につけ、磨いていくには、目に見える確かな「形」で、文章の意味・内容を把握できるようにすることです。 「形」とは、誰の目にも見える、文字、書き方です。 論理には、客観的な目が必須となります。 文章の意味・内容を客観的、論理的に把握することで、客観的、論理的な思考の力を磨いていきます。

「文章の読み方(ついざき式 読解)」#山頭火 #自由律俳句

「分け入っても分け入っても青い山」の前書き 種田山頭火 前書き 大正十五年四月、解くすべも ...

「文章の読み方(ついざき式 読解)」#論理 #展開 #話の流れ #読解力 #文章の書き方

文章の書き方 論理の展開 論理展開とは、論理の流れであり、つまり「考え(ポイント)」をどの ...

「文章の読み方(ついざき式 読解)」#読解 #文法 #客観 #読み方

次の文章は、拙著「ついざき式 本当の読解力を身につける50の方法」からのものです。 このサ ...

「文章の読み方(ついざき式 読解)」#夏目漱石 #三四郎 #美禰子 #挨拶

三四郎 夏目漱石 解説 その1 その2に続いての、その3です その1、その2から続けて読ん ...

「文章の読み方(ついざき式 読解)」#三四郎 #美禰子 #ストレイシープ

意味の連続性  意味の連続性を意識しましょう。 それにより内容が鮮明になります。 三四郎  ...

「文章の読み方(ついざき式 読解)」#三四郎 #美禰子 #意味

夏目漱石の「三四郎」を、読み解く  小説にどっぷり浸かる、話の中に入りこむ、とは、目の前の ...