締め切りとさせていただきます お送りさせていただきます 誤用に注意 

誤用の多い「させていただく」 

「させていただく」 「させていただきます」  誤用の多い言葉です。 

とりあえず、この「させていただく」を使っておけば丁寧そうでいいだろう、くらいに考えている人もいるようです。   

現代において、「させていただく」という敬語表現は、「許可」、「依頼」と「恩恵」がキーワードです。 

「何かしらのことをする」のに、相手に「許可」をもらっている。

あるいは、何かしらの「依頼」が相手からある。

それを「する」結果として、自分は「恩恵」を受ける、良いことがある。

そんな場合に使用するのが、「させていただく」です。

例①  

「ある動作をする」ことは、自分にとってメリットがある → その動作をすることの「許可」を相手に求める → 相手からその「許可」を得る → 「××させていただきます

A「受付は午後3時で締め切りたいと思います。よろしいでしょうか」  

B「はい」

A「では、3時で締め切りとさせていただきます」  

例②  

相手から、「ある動作をする」ことの「依頼」がある → その動作をすることは、自分にとってもメリットがある → 「××させていただきます」  

A「パンフレットを送ってください」  

B「承知いたしました。パンフレットを、お送りさせていただきます」  

相手に、尋ねることもせず、 お願いすることもせず、「させていただく」を使うのは、誤りです。    

この誤用が、最も多いようです。  

そもそも、尋ねることも、お願いすることもしなかったら、「許可」なんて意味、生まれてきませんよね。 

「許可」のない「させていただく」が、どれほど変なことなのか、次に例を示してみましょう。

 

医師「生命維持装置のスイッチをオフにさせていただきます」   

あるいは、医師は、さっさとベッドを空けたいのかもしれません。   

しかし、こちらが「許可」も、「お願い」もしていないのに、生命維持装置のスイッチをオフにされてはたまりません。  

患者の家族は、「聞いてないよ!」となるでしょう。  

あるいは、「いい加減な敬語、使いやがって! 殺す気か!」と。  

受付の「締め切りとさせていただきます」は誤用   

注意しましょう! 

「させていただく」の誤用は、自分の欲求があからさまに出る形になります。  

印象を悪くします。

例「受付は午後3時で締め切りとさせていただきます」  

上の例、けっこう、あちこちで見たり、聞いたりする言葉ですよね。  

客や患者は、「午後3時で締め切り」にすることを認めた覚えはありません。

A社やB病院が「午後3時で締め切り」にしたいだけです。  

上の例は誤用です。  

言葉数を増やして、なんとなく丁寧な雰囲気をだしたい、あるいは、なんとなく相手に配慮している雰囲気をだしたい、という思いが透けて見えてしまう物言いになっています。  

しかも、それが、誤った言い方であるわけですから、丁寧も配慮も吹き飛び、印象は悪くなります。  

もっとも、受け手側の中にも、「させていただきます」の誤用に気づかない人が多くいるのも事実なんですよね。  

上の例を正しい言い方にするなら、次のようになります。  

「受付は午後3時で締め切ります」 

「受付は午後3時で締め切りです」 

「受付は午後3時で締め切りといたします」   

締め切り時間を設定するのは、A社やB病院なのですから、その「意思」を明確に示すのが、正しいわけです。 

「締め切ります」、「いたします」の「ます」は、丁寧語で、敬語です。 

「締め切りです」の「です」は、丁寧語で、敬語です。 

「いたします」の「いたす」は、「する」の謙譲語で、これもまた敬語です。  

それぞれ、十分に、礼を表した言い方です。 

敬語をつかわなければ、次のようになりますからね。 

「受付は午後3時で締め切る」 

「受付は午後3時で締め切り」 

「受付は午後3時で締め切りとする」 

「受付は午後3時で締め切りだ」 

「受付は午後3時で締め切りよ」 

「送ってください」とあれば、「お送りさせていただきます」でもOK   

「させていただきます」が、最も適した使い方となるのは、相手側から、依頼、お願いがあった場合です。 

「A商品に興味があるので、資料を送ってください」というメールが来たら、その応えには、「お送りさせていただきます」が使えます。  

依頼を受けることで、こちらにもメリットがあるわけですからね。 

もちろん、「お送りいたします」を使ってもOKです。

「いたします」は、「する」ですから、意思が明確な書き方になります。 

こちらもどうぞ

敬語という言葉は、ビジネスでも、日常生活でも力になる   

ビジネス 敬語 例文 すぐに使える謙譲語

ビジネス敬語 例文 すぐに使える尊敬語 「ご~」「なさる」「になる」

2021年1月6日「雑記帳」#ビジネス敬語 #使い分け

Posted by 対崎正宏