源氏物語「雀の子を犬君が逃がしつる」若紫との出会い 現代語訳 品詞分解 垣間見 その2

若紫との出会い 垣間見 その2 原文

「何事ぞや。わらはべと腹立ち給へるか」とて、尼君の見上げたるに、少し覚えたる所あれば、子なめりと見給ふ。

「雀の子を犬君(いぬき)が逃がしつる。伏籠(ふせご)の中に籠めたりつるものを」とて、いと口惜しと思へり。

この居たる大人、「例の、心なしの、かかるわざをしてさいなまるるこそ、いと心づきなけれ。いづ方へか罷りぬる。いとをかしうやうやうなりつるものを。烏(からす)などもこそ見つくれ」とて立ちて行く。

髪ゆるるかにいと長く、めやすき人なめり。

少納言の乳母(めのと)とぞ人いふめるは、この子の後見(うしろみ)なるべし。

尼君、「いで、あな幼や。いふかひなうものし給ふかな。おのがかく今日明日に覚ゆる命をば、何とも思したらで、雀慕ひ給ふ程よ。『罪得ることぞ』と常に聞ゆるを、心憂く」とて、「こちや」といへば、ついゐたり。

若紫との出会い 垣間見 その2 現代語訳

「何事ぞや。わらはべと腹立ち給へるか」とて、尼君の見上げたるに、少し覚えたる所あれば、子なめりと見給ふ。

(尼君が)「どうしました。子どもたちといさかいをされたのですか」と言って、尼君が見上げている顔に、(女の子が)少し似ているところがあるから、尼君の子のようだと(源氏の君は)御覧になる。

「雀の子を犬君(いぬき)が逃がしつる。伏籠(ふせご)の中に籠めたりつるものを」とて、いと口惜しと思へり。

(女の子は)「雀の子を犬君が逃がしちゃったの。伏籠の中に入れておいたのに」と言って、大変残念と思っている。

この居たる大人、「例の、心なしの、かかるわざをしてさいなまるるこそ、いと心づきなけれ。いづ方へか罷りぬる。いとをかしうやうやうなりつるものを。烏(からす)などもこそ見つくれ」とて立ちて行く。

この座っていた女房が、「例によって、うかつ者が、こんな不始末をして叱られるなんて、本当にいやになる。(雀の子は)どこへ行ってしまったのでしょうか。本当にかわいくだんだんなっていたのに。烏などが見つけたら大変なのに」と言って立って行く。

髪ゆるるかにいと長く、めやすき人なめり。

髪は大そう長く、見苦しくない人のようである。

少納言の乳母(めのと)とぞ人いふめるは、この子の後見(うしろみ)なるべし。

少納言の乳母と、他の人が呼んでいるらしい(この女房は)、この子の世話役なのであろう。

尼君、「いで、あな幼や。いふかひなうものし給ふかな。おのがかく今日明日に覚ゆる命をば、何とも思したらで、雀慕ひ給ふ程よ。『罪得ることぞ』と常に聞ゆるを、心憂く」とて、「こちや」といへば、ついゐたり。

尼君は、「なんとまあ、幼い。しようのなくいらっしゃることよ。私がこのように、今日か明日かにせまっている命を、何とも思っていらっしゃらないで、雀の後をお追いになる様よ。『(生き物を捕らえるのは)仏罪になることですよ』といつも申し上げているのに、情けないこと」と言って、(尼君は)「こちらへいらっしゃい」と(女の子を)呼ぶと、(女の子は尼君のところへ行き、膝をつき)ちょこんと座った。

若紫との出会い 垣間見 2 品詞分解

「何事ぞや。わらはべと腹立ち給へるか」とて、尼君の見上げたるに、少し覚えたる所あれば、子なめりと見給ふ。

何事 → 名詞

ぞ → 係助詞

や → 間投助詞

わらはべ → 名詞

と → 格助詞

腹立ち → 動詞・タ行四段活用・連用形

給へ → 補助動詞・ハ行四段活用・已然形

る → 助動詞・完了・連体形

か → 係助詞(疑問)

とて → 接続助詞

尼君 → 名詞

の → 格助詞

見上げ → 動詞・ガ行下二段活用・連用形

たる → 助動詞・完了・連体形

に → 格助詞

少し → 副詞

覚え → 動詞・ヤ行下二段活用・連用形

たる → 助動詞・完了・連体形

所 → 名詞

あれ → 動詞・ラ行変格活用・已然形

ば → 接続助詞

子 → 名詞

な → 助動詞・断定・連体形(な【ん】)

めり → 助動詞・推量・終止形

と → 格助詞

見 → 動詞・マ行上一段活用・連用形

給ふ → 補助動詞・ハ行四段活用・終止形

「雀の子を犬君(いぬき)が逃がしつる。伏籠(ふせご)の中に籠めたりつるものを」とて、いと口惜しと思へり。

雀 → 名詞

の → 格助詞

子 → 名詞

を → 格助詞

犬君 → 名詞

が → 格助詞

逃がし → 動詞・サ行四段活用・連用形

つる → 助動詞・完了・連体形

伏籠 → 名詞

の → 格助詞

中 → 名詞

に → 格助詞

籠め → 動詞・マ行下二段活用・連用形

たり → 助動詞・完了・連用形

つる → 助動詞・完了・連体形

ものを → 間投助詞

とて → 格助詞

いと → 副詞

口惜し → 形容詞・終止形

と → 格助詞

思へ → 動詞・ハ行四段活用・已然形

り → 助動詞・完了・終止形

この居たる大人、「例の、心なしの、かかるわざをしてさいなまるるこそ、いと心づきなけれ。いづ方へか罷りぬる。いとをかしうやうやうなりつるものを。烏(からす)などもこそ見つくれ」とて立ちて行く。

こ → 代名詞

の → 格助詞

居 → 動詞・ワ行上一段活用・連用形

たる → 助動詞・完了・連体形

大人 → 名詞

例の → 副詞

心なし → 名詞

の → 格助詞

かかる → 動詞・ラ行変格活用・連体形

わざ → 名詞

を → 格助詞

し → 動詞・サ行変格活用・連用形

て → 接続助詞

さいなま → 補助動詞・マ行四段活用・未然形

るる → 助動詞・受身・連体形

こそ → 係助詞

いと → 副詞

心づきなけれ → 形容詞・已然形

いづ方 → 代名詞

へ → 格助詞

か → 係助詞

罷り → 動詞・ラ行四段活用・連用形

ぬる → 助動詞・完了・連体形

いと → 副詞

をかしう → 形容詞・連用形(ウ音便)

やうやう → 副詞

なり → 動詞・ラ行四段活用・連用形

つる → 助動詞・完了・連体形

ものを → 間投助詞

烏 → 名詞

など → 副助詞

も → 係助詞

こそ → 係助詞

見つくれ → 動詞・カ行下二段活用・已然形

とて → 係助詞

立ち → 動詞・タ行四段活用・連用形

て → 接続助詞

行く → 動詞・カ行四段活用・終止形

髪ゆるるかにいと長く、めやすき人なめり。

髪 → 名詞

ゆるるかに → 形容動詞・連用形

いと → 副詞

長く → 形容詞・連用形

めやすき → 形容詞・連体形

人 → 名詞

な → 助動詞・断定・連体形(な【ん】)

めり → 助動詞・推量・終止形

少納言の乳母(めのと)とぞ人いふめるは、この子の後見(うしろみ)なるべし。

少納言 → 名詞

の → 格助詞

乳母 → 名詞

と → 格助詞

ぞ → 係助詞

人 → 名詞

いふ → 動詞・ハ行四段活用・終止形

める → 助動詞・推量・連体形

は → 係助詞

こ → 代名詞

の → 格助詞

子 → 名詞

の → 格助詞

後見 →名詞

なる → 助動詞・断定・連体形

べし → 助動詞・推量・終止形

尼君、「いで、あな幼や。いふかひなうものし給ふかな。おのがかく今日明日に覚ゆる命をば、何とも思したらで、雀慕ひ給ふ程よ。『罪得ることぞ』と常に聞ゆるを、心憂く」とて、「こちや」といへば、ついゐたり。

尼君 → 名詞

いで → 感動詞

あな → 感動詞

幼 → 形容詞・語幹

や → 間投助詞

いふかひなう → 形容詞・連用形(ウ音便)

ものし → 動詞・サ行変格活用・連用形

給ふ → 補助動詞・ハ行四段活用・連体形

かな → 終助詞

おの → 代名詞

が → 格助詞

かく → 副詞

今日明日 → 名詞

に → 助動詞・断定・連用形

覚ゆる → 動詞・ヤ行下二段活用・連体形

命 → 名詞

をば → 格助詞

何 → 代名詞

と → 格助詞

も → 格助詞

思し → 動詞・サ行四段活用・連用形

たら → 助動詞・完了・未然形

で → 接続助詞

雀 → 名詞

慕ひ → 動詞・ハ行四段活用・連用形

給ふ → 補助動詞・ハ行四段活用・連体形

程 → 名詞

よ → 終助詞

罪 → 名詞

得る → 動詞・ア行下二段活用・連体形

こと → 名詞

ぞ → 係助詞

と → 格助詞

常に → 副詞

聞ゆる → 動詞・ヤ行下二段活用・連体形

を → 接続助詞

心憂く → 形容詞・連用形

とて → 接続助詞

こち → 代名詞

や → 間投助詞

と → 格助詞

いへ → 動詞・ハ行四段活用・已然形

ば → 接続助詞

ついゐ → 動詞・ワ行上一段活用・連用形

たり → 助動詞・完了・終止形

続きはこちら → ねびゆかむさまゆかしき人かな 源氏物語 垣間見3 訳と語句の意味・用法

2021年6月26日「日本語 文法を基礎から読解、記述へ」

Posted by 対崎正宏