ホワイトハウスダウン 楽しめる映画 キャスティングも演出も良い

楽しめる映画

 おもしろい!

「ホワイトハウスダウン」は、あれこれ考えずに、とにかく、ただただ楽しめる良作です。

 涙したり、考えたり、ハラハラドキドキしたり、といった映画ばかりだと、疲れてしまいますからね。

 ただただ楽しめる、という映画もいいですよね。

 そういう映画が、ポップコーンとビールに一番よく合うものです。

ホワイトハウスダウンを陥落させる映画は他にもあれど

 ホワイトハウスを陥落させる話の映画は他にもあります(シリーズ物になっています)が、しかし、「ホワイトハウスダウン」のほうが断然、良いつくりです。

 他のものは、二度、見ようとは思いません。

 でも、この「ホワイトハウスダウン」は、何度も見られます。

 何度も、楽しめます。

 何も考えずに、といっても、杜撰(ずさん)なつくりでは、ただただ楽しむなんてことは、できません。

 その点、「ホワイトハウスダウン」は、つくりが丁寧です。

 細かな演出もいきとどいています。

(スピード超過の写真撮影なんてのもありますよ。【見てもらえたら、わかります。】)

 おもしろいです!

 映画は、演出に、センスがでるものです。

 この映画、センスいいんです。

 ややもすると、安っぽくなってしまいそうなお話を、しっかりと仕上げています。

 そんなふうに仕上げたのは、ローランド・エメリッヒで、「インデペンデンスデイ」や「GODZILLA」、「デイ・アフター・トゥモロー」、「2012」等等の監督です。

「ホワイトハウスダウン」は、彼の作品の中で、一番のおすすめです。

 

主演は、チャニング・テイタム

 主演は、チャニング・テイタムです。

「フォックス・キャッチャー」でも、存在感のある、いい演技をしていましたが、この「ホワイトハウスダウン」は、また違うタイプの役どころで、別人の演技です。

 いい俳優なんですね。

 アクション映画で、リーアム・ニーソンやスティーブン・セガールが演じる役は、無敵の強さで、まあ、それも悪くはないんですが、「ホワイトハウスダウン」でチャニング・テイタムが演じるところの、ジョン・ケイルにはそれほどの際立った強さというものはなく、そこが映画全体の自然な仕上がり具合ともなっています。

 チャニング・テイタムのジョン・ケイルは、じつに自然です。

 変にかっこつけるような役どころではありません。

 チャニング・テイタムの表情もいいです。

ジェイミー・フォックスの、ソーヤー大統領

 この「ホワイトハウスダウン」の成功は、何といっても、大統領役のジェイミー・フォックスです。

 キャスティング、良いです!

 緊迫したシーンの中、ジェイミー・フォックスの、ソーヤー大統領は笑わせてくれるんですよ。

 もちろん、ふざけて笑いをとろうとするんじゃありません。

 ジェイミー・フォックスは、あくまで、アメリカ大統領をシリアスに演じています。

 だいたい、ふざけたアメリカ大統領じゃ、アクションコメディの映画になってしまいますからね。

「ホワイトハウスダウン」は、シリアスなアクション映画です。

 そんなシリアスなアクションの中で、笑わせるんです、ソーヤー大統領は。

「ホワイトハウスダウン」は、本当に、ただただ楽しめる映画なんです。

 ただし、ただのアクション映画じゃあ、ないんです。

 おもしろいんです。

 笑えます。

 その重要な役どころがソーヤー大統領となっています。

ジェイミー・フォックスのうまさ

 ジェイミー・フォックスについて、もう少し触れます。

 なにしろ、彼は、どんな役をやらせても、本当に、うまい!  

 トム・クルーズ主演の「コラテラル」で、タクシー運転手のマックス役を見て、この俳優は凄い! と思ったのを、今でも覚えています。

 ジェイミー・フォックスは、その「コラテラル」のマックス役と、同年の映画「レイ」のレイ役で、アカデミー賞助演男優賞と主演男優賞にダブルノミネートされます。

 そうして、見事に、レイ役で、主演男優賞を受賞します。

 デンゼル・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞を受賞したときも感動しましたが、ジェイミー・フォックスが受賞したときも感動しました。

 

「ドリーム・ガールズ」、「ジャンゴ」、「アメイジングスパイダーマン」等等、ジェイミー・フォックスは、それぞれで、まったく違う顔を見せてくれています。

 幅広い、その演技力は、本当にすごいと感じます。

マギー・ギレンホール

 それから、この「ホワイトハウスダウン」、マギー・ギレンホールが、特別警護官のキャロル役で出ています。

 僕が、マギー・ギレンホールを見るのは、「ダークナイト」以来でした。

 「ダークナイト」で、マギー・ギレンホールは、ケィティ・ホームズからレィチェル・ドーズの役を引き継いで、彼女とあれこれ比べられたうえに、脚本上、すぐに出番もなくなってしまって、気の毒だったんですが、この「ホワイトハウスダウン」では、魅力的な役どころを演じています。

「ダークナイト」は、バットマンの映画です。

 レイチェル・ドーズは、バットマンこと、ブルースが思いを寄せる幼馴染みで、ヒロインです。

 え? 

 ケイティ・ホームズは、トム・クルーズの元奥さんです。

 ちなみに、マギー・ギレンホールは、ジェイク・ギレンホールのお姉さんです。

 ジェイク・ギレンホールは、「ミッション:8ミニッツ」とか、「ナイトクローラー」とか、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」とかに出ています。

 ちなみに、「ミッション:8ミニッツ」が、かなり良いです。