スポットライト 映画  目の前のものを理解する そして、そこから考える   

ジャーナリストたち

「スポットライト 世紀のスクープ」、主演は、アベンジャーズの「ハルク」、「マーク・ラファロ」、骨太の映画です。

ジャーナリストの使命

「する」、「される」、という関係性からの、一方的な受身は、浅はかな権力者をつくってしまいます。

無謀な力を野放しにはしない、それがジャーナリストの使命です。

わかったつもりは、ただの自己満足で、自身の成長を自ら止める行為

真のジャーナリストは、現場に足を運び、自分の目で確かめ、そして考える。

真のジャーナリストは、客観的、論理的思考の持ち主です。

わかったつもりにはしない。

わかったつもりは、ただの自己満足で、本当の目を曇らせます。

自身の成長を自ら止める行為でもあります。

目の前のものを理解する そして、そこから考える

どんな仕事をするにしても、成長を続けていくには、目の前のものを理解しようという姿勢が必要で、理解をしたら、またそこから、さらに自身で考えていく必要があるんですね。

それって、客観的、論理的思考です。

人が生きていく上で、必要な力です。

そもそも、客観も、論理も、無味乾燥なものではありません。生身に人間の持つものですから。

リーヴ・シュレイバーにも注目

この映画「スポットライト 世紀のスクープ」のジャーナリスト役、みな、すばらしく、特に、リーヴ・シュレイバーのすばらしさを再確認しました。

ジャケット写真の上段では、右端の眼鏡をかけている髭面の人が、リーヴ・シュレイバーです。

リーヴ・シュレイバーは、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」での、「ウルヴァリン」の兄「ビクター」のような役もすばらしいんですが、そもそも演技力が相当あるんですね。

もちろん、マイケル・キートンも、レイチェル・マクアダムスも、いい味だしてますよ。

「スポットライト 世紀のスクープ」、深みのある映画です。

無駄のない、しっかりした映画です。

骨太作品が好きな方は、ぜひ。