バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)マイケル・キートン 

これぞ映画! 

映画に浸りたいときに、最適です。 

すばらしい作品です!

音楽も、すごくいいです。

これぞ映画! 映画の中の映画! と思わずいいたくなるような、そんな映画作品です。

現実か、夢か

現実なのか、夢なのか。

いえ、夢も現実です。

現実も夢です。

すべては、自分自身の一生です。

一生とは、自分にとって、一度きりのマクロの世界

自分自身の一生は、個の世界です。

その世界は、自分にとって、マクロの世界です。

一生とは、一度きりの自分自身のマクロの世界です。

 映画や小説では、その一生を、そのマクロの世界を、いろいろな角度から描くことができます。

 一級品の作品は、その描き方に成功しています。

 この「バードマン」も、その一つです。

 アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、文句なしの受賞です。

 監督のアレハンドロ・G・イニャリトゥの才能を、強く感じます。

 ちなみに、この映画の字幕の色は、黄色です。

 こだわりですね。

 ものをつくる人間には、それがあります。

 そもそも、こだわりがなかぅたら、ものづくりなんてできません。

マイケル・キートン、復活!

「バードマン」は、かつて、バットマンを演じたマイケル・キートンそのものを思わせるところもあります。

 一世を風靡し、落ち目となってしまった役者です。

 でも、マイケル・キートン自身、この「バードマン」からまた、次次に、いい映画に出ています。

 見事な復活です。

この「バードマン」、悲哀もあります。

笑えるところも、何箇所もあります。

まさに、これぞ映画! といった作品です。

映画というものに浸れる、といった作品の中でも随一の作品です。

この映画、大好きです。

2021年1月16日「映画 おすすめ」#映画 #現実 #夢

Posted by 対崎正宏