ディナーラッシュ イタリアンを食べたくなる 極上のサスペンス映画 

いくつもの小さな流れは、大きな流れの中にある

よくお話の練られた映画です。

主役、脇役、敵役、みな、それぞれのキャラが立っています。

いくつかの流れが、しっかりと大きな流れの中で、きちんとまとまっています。

しっかりした脚本ということですね。

とても、粋な映画です。

みなが、それぞれ、かっこいいです。

ジャケット写真を見るだけではわからないかもしれませんが、極上のサスペンス映画なんです。

イタリアンレストランに、マフィアが絡んできます。

いくつもの小さなお話の流れは、大きな流れの中で、生き生きと進んでいきます。

滞るところがまったくありません。

実に、綺麗な流れで、お話はぐんぐん進んでいきます。

その中で、一人ひとりがきちんとクローズアップされているから、キャラも立っているんです。

カメラワークも、すごくいいですよ。

イタリアンを食べたくなる

レストランを舞台にしていますので、至高のイタリアンも楽しめます。

美味しそうな料理に、ワイン、たくさん、出てきます。

見ていると、間違いなく、イタリアン、食べたくなりますよ。

イタリアン、美味しいですよね。

もちろん、フレンチも、美味しいですけどね。

カルパッチョに、ブルスケッタで、ビールをゴクゴク!

僕は、ビール、大好きなんです。

ワインは、フルボディの濃い~のが好きです。

で、麵類が好きで、蕎麦もラーメンも好きなように、パスタもまた大好きです。

美味しいものっていいですよね。

「ディナーラッシュ」、サスペンスで、殺しの場面もありますから、何か美味しいものを食べながら見るのであれば、レストランのお客さんたちが食事しているタイミングで、ご一緒にどうぞ。

大好きな映画を見ながらの、美味しい食事、最高ですからね。

「ディナーラッシュ」、お洒落で、粋な、すばらしい映画で、美味しい映画です。