〇本サイトには、広告が表示されます。

 

 

#吉田兼好,#用法,#語句

Thumbnail of post image 078
原文

平宣時朝臣(たいらののぶときあそん)、老(おい)の後(のち)、昔語(むかしがた)りに、最明寺の入道、或(ある)宵(よひ)の間(ま)に呼ばるる事ありしに、「やがて」と申しながら、直垂(ひたたれ)の無くて、とかくせしほどに、また使来( ...

#原文,#用法,#紫支部,#語句

Thumbnail of post image 134

更衣の逝去 桐壺その9です。

原文、現代語訳、そして語句の意味・用法、と記していきます。

原文

御胸のみつと塞(ふた)がりて、つゆまどろまれず、明かしかねさせ給ふ。御使(おつかい)の行き交ふ程もなきに、なほいぶせ ...

#原文,#用法,#紫式部,#語句

Thumbnail of post image 106

源氏物語 かいまみ 若紫 その4です。

原文、現代語訳、語句の意味・用法と記していきます。

原文

 「生い立たむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむそらなき」
また居(ゐ)たる大人、「げに」とうち泣きて ...

#原文,#用法,#紫式部,#語句

Thumbnail of post image 033

原文、現代語訳、語句の意味・用法と記していきます。

原文

輦車(てぐるま)の宣旨(せんじ)など宣(のたま)はせても、また入らせ給(たま)ひて、さらにえゆるさせ給はず。

「限りあらむ道にも、後(おく)れ先立たじと契 ...

#原文,#用法,#紫式部,#語句

Thumbnail of post image 003

源氏物語 桐壺 その7です。

原文、現代語訳、語句の意味・用法と記していきます。

原文

その年の夏、御息所(みやすどころ)、はかなき心地(ここち)にわづらひて、罷(まか)でなんとし給(たま)ふを、暇(いとま)さら ...

#原文,#吉田兼好,#用法,#語句

Thumbnail of post image 127

吉田兼好の徒然草 第十一段 原文と現代語訳、語句の意味・用法を記しています。

原文

 神無月(かみなづき)の頃、来栖野(くるすの)といふ所を過ぎて、ある山里に尋(たづ)ね入る事侍りしに、遥かなる苔の細道をふみわけて、心細く住 ...

#古文,#芭蕉

Thumbnail of post image 142
松尾芭蕉 十八楼の記 笈日記

松尾芭蕉は、「笈の小文(おいのこぶみ)」の旅で、岐阜の賀島氏に招かれ、その別邸を「十八楼(じゅうはちろう)」と名付けます。

その謂れを記したものが「十八楼の記」です。

「十八楼の記」 ...

#大人の読む力,#書き方,#読み方

Thumbnail of post image 086

続き記事です。

この記事は、その5です。

こちらからどうぞ。

→ その1 書き方がわかれば、読める

→ その2 読解時の視点、書く際の視点

→ その3 客観的な読み方、考え方 ...

#修飾語,#書き方,#読み方

Thumbnail of post image 100

続き記事です。本記事は、「その4」になります。

こちらからどうぞ 

その3 客観的な読み方、考え方 

その2 読解時の視点、書く際の視点 

その1 書き方がわかれば、読める

修飾で ...

#主語,#修飾語,#読み方,#述語

Thumbnail of post image 023

読解問題の解答・解説です。

続き記事になります。

どうぞ、前回、前々回から続けて、ご覧ください。

書き方がわかれば、読める

読解時の視点、書く際の視点

一文の最重要の意味は主語と述 ...