ビジネス敬語 変換 今すぐ使える 実例付き

あそこ・あれ・あの

あそこ・あれ・あの → あちら・あちらの

例文

あそこの車 → あちらのお車

あそこにいる人 → あちらの方(かた)

向こうも納得だ。 → あちらも、ご納得です。 → あちら様も、ご納得です。

請う・求める

請う・求める → 仰(あお)ぐ

例文

上司の教えや命令・援助などを請(こ)う・求める 許可を願う

部長の考えを聞く。 → 部長のご判断を仰(あお)ぐ。

部長の指示を求める。 → 部長のご指示を仰ぐ。 

どう? 

どう → いかが

例文

火曜日は、どう? → 火曜日(で)は、いかがでしょう。

どれくらい・いくら

どれくらい・いくら → いかばかり・いかほど

例文

悲しみは、どれくらいでしょう。 → お悲しみは、いかばかりでしょう。

これは、いくら? → こちらは、いかほどでしょう。

~てもらう

~てもらう → ~ていただく

例文

先生にレポートを読んでもらう。 → 先生にレポートを読んでいただく。

いる・いく・来る

いる・行く・来る → いらっしゃる・おいでになる

例文

今、先生は部屋にいる。 → 今、先生は部屋にいらっしゃる。/今、先生は部屋においでになる。

来週、先生は北海道へ行く。 → 来週、先生は北海道へいらっしゃる。/来週、先生は北海道へおいでになる。

来月、先生が北海道から来る。 → 来月、先生が北海道からいらっしゃる。/来月、先生が北海道からおいでになる。

美しい・若い・やさしい等、形容詞「~い」

「~い」 → ~くていらっしゃる

例文

鈴木は、美しい。 → 鈴木様は、いつも美していらっしゃる。

佐藤は、若い。 → 佐藤様は、若くていらっしゃる。

田中は、やさしい。 → 田中様は、やさしくていらっしゃる。

聡明(そうめい)だ・元気だ・活発だなど、「『名詞』だ」

名詞 → ~でいらっしゃる

例文

田中は、頭がいい。 → 田中様は、聡明でいらっしゃる。

佐藤は、いつも元気だ。 → 佐藤様は、いつも元気でいらっしゃる。

そっちの子は、暴れん坊だな。 → そちらのお子様は、活発でいらっしゃる。

聞く・訊く・尋ねる・訪ねる

聞く・訊く・尋ねる・訪ねる → うかがう

例文

先生から、話を聞く。 → 先生から、お話をうかがう。

先生に、中東の情勢を訊く。→ 先生に、中東情勢をうかがう。

先生に、中東情勢について尋ねる。 → 先生に、中東情勢についてうかがう。

明日、先生の家を訪ねてもいい? → 明日、先生のお宅にうかがってもよろしいでしょうか。

聞く・引き受ける

聞く・引き受ける → 承(うけたまわ)る

例文

佐藤さん、出世だってね。聞いたよ。俺もうれしいぜ。 → 佐藤様のご栄転の由承りました。衷心よりお慶び申し上げます。

北海道への発送引き受けたわ。 → 北海道への発送承りました。

いてもらう・行ってもらう・来てもらう

いてもらう・行ってもらう・来てもらう → おいでいただく

例文

今から二時までの間、ここにいてもらうぜ。 → 今から二時までの間、こちらにおいでいただきます。

明日、成田から、ベトナムの支社に行ってもらう。 → 明日、成田から、ベトナム支社においでいただきます。

明日の九時、東京駅から、うちの会社に来てもらうよ。 → 明日の九時、東京駅から、弊社においでいただきます。

風邪をひく

風邪をひく → お風邪を召(め)す

例文

先生が風邪をひく。 → 先生がお風邪を召す。

気に入る

気に入る → お気に召す

例文

Aさんは、Bをとても気に入ったようだ。 → 様は、Bをたいそうお気に召したようです。

指導してもらう

指導してもらう → ご指導いただく

例文

部長には、私が入社以来ずっと、あれこれと教えてもらった。 → 部長には、私が入社以来ずっと、(あれこれと)ご指導いただきました。

~してください

~してください → ご「名詞」ください

例文

「こちらに記入してください」は、誤り! → 「こちらに、ご記入ください」が正しい!

~ている

~ている・でいる → お・ご~ていらっしゃる・お・ご~でいらっしゃる

例文

整理券を持っているか。 → 整理券をお持ちでいらっしゃいますか。

Aは、出かけている。 → A様は、お出かけでいらっしゃいます。

B! 今帰り? → B様、今お帰りでいらっしゃいますか。

~できません

~できません → お・ご~になれません

例文

「ご入場できません」は、誤り! → 「ご入場にはなれません」が、正しい!

「ご乗車できません」は、誤り! → 「ご乗車にはなれません」が、正しい!

「ご通行できません」は、誤り! → 「ご通行にはなれません」が、正しい!

~てもらう 恩恵を与えてもらう

~てもらう → お・ご~にあずかる

例文

ただ今、紹介してもらった → ただ今、ご紹介にあずかりました

いつも、引き立ててもらって、ありがとう。 → いつも、お引き立てにあずかりまして、ありがとうございます。

~する 

~する → お・ご~になる

例文

Aが将棋を始める。 → A様が将棋をお始めになる。

先生も、出席する。 → 先生も、ご出席になる。

~できる 

~できる → お・ご~になれる

Aが、会えるようだ。 → A様がお会いになれるようです。

先生も、出席できるそうだ。→ 先生も、ご出席になれるそうです。

「させていただきます」と「いたします」の使い分け 今すぐわかる  

ビジネス敬語 謙譲語 例文 すぐに使える 

ビジネス敬語 尊敬語 例文 すぐに使える 「ご~」「なさる」「になる」  

お包みいたします お包みさせていただきます 「千円から」ビジネス敬語 

2021年4月1日「雑記帳」

Posted by 対崎正宏